ドコモ回線で大容量ギガを使えるエキサイトモバイルWiFi

エキサイトモバイルWiFiは、ドコモの回線でデータ通信ができるWiFiサービスです。

2020年10月1日から提供開始されました。

公式サイトには「使い放題」と記載されてますが、3日10GB以上使うと速度は最大700kbpsに制限されるため、高速通信で利用できるのは月間100GBくらいです。

3日で10GBを超えた後は速度が最大700kpbsに制限されるものの容量は無制限で、3日間の通信量が10GB未満になったらまた高速通信に戻るという条件です。

とはいえ、モバイルWiFiでは珍しいドコモ回線で大容量使えるので注目度は高いです。

エキサイトモバイルWiFiの運営元

運営元のエキサイト株式会社は、ポータルサイトの「excite」を以前から運営しているので知っている人は多いかもしれません。

このほか、光回線のエキサイト光やMVNOとして格安SIMのエキサイトモバイルといったサービスも提供しています。

ブロードバンドサービス「BB.excite」を開始したのが2002年なので接続サービスでは18年の歴史があります。

エキサイトモバイルWiFiのサービス条件

エキサイトモバイルWiFiのサービス条件を表にまとめました。

料金はすべて税抜です。

使用回線 NTTドコモ(MVNO)
最大通信速度 下り612Mbps
上り50Mbps
(ただし端末の最大速度は下り300Mbps
月間容量 無制限
速度制限条件 3日間で10GB以上使うと700kbpsに制限
初期費用 契約事務手数料 3,000円
SIMカード準備金 400円
⇒無料キャンペーン実施中
月額費用 3,580円
⇒新規契約特典で12か月間は500円引きで3,080円
初月料金は日割り無し
端末レンタル料
(12か月目まで)
月額500円
⇒13か月目以降に端末は無料でプレゼント
契約期間 1年(最低利用期間)
中途解約時の解約金 解約事務手数料 9,500円
端末機種 HUAWEI
Mobile WiFi E5785
端末損害金(交換代) 15,000円(最低利用期間内に交換する場合)
10,000円(初期契約解除で返却しない場合)
SIM再発行手数料
SIMカード損害金(未返却の場合)
3,000円
端末補償サービス料 月額料金に込み
端末交換修理費用 1,000円+代引き手数料300円
(故障端末が未返却の場合は違約金10,000円)

以下に各条件を詳しく見ていきます。

使用回線と通信速度

エキサイトモバイルWiFiではドコモ回線を使用します。

MVNOとしてドコモの回線を借りて受けて提供するサービスで、対応エリアはドコモの4G LTE・3Gサービスエリアに準拠します。

LTE回線の電波はWiMAX回線に比べて障害物に強いため、ビルが密集している場所やビル・マンションの高層階、地下鉄・地下街、建物の奥の方といった場所でもつながりやすいです。

携帯3キャリアの回線はいずれも全国のほとんどのエリアで利用できますが、山の方ではSoftBankは圏外でドコモはかろうじて電波が入るという場所もまだあります。

このことから、都市部でも田舎でも使えるエリアの広さを重視するならドコモ回線は魅力があります。

回線の最大通信速度は下り612Mbps・上り50Mbpsとなっていますが、端末の最大速度が下り300Mbps・上り50Mbpsなので、実際には端末の最大速度が上限になります。

 

月間容量は無制限でも速度制限がある

エキサイトモバイルWiFiの月間容量に上限はありませんが、通信量が3日間で10GBを超えると最大700kbpsに制限されるため、3日で10GB超えないようギリギリまで使った場合、月間(30日)の通信量は100GB弱になります。

制限後も最大700kbpsの速度で利用できるため、長時間使い続ければ月間100GB以上の通信量にすることは可能です。

700kbpsの速度ならYouTubeで標準画質(360p)の動画が見れる水準ですが、あくまで最大速度なので実際に出る速度がもっと遅ければ厳しいかもしれません。

速度が500kbpsくらいならWEBサイトを見る用途では利用できますが、PC向けサイトで画像の多いページだと表示は遅いので快適さは期待できません。

3日の通信量10GBまでは高速で利用でき、それ以降はWEB閲覧やメールなどの用途で何とか使えれば良いという人向けのサービスといえます。

3日10GB制限以外にいくつか注意点があります。

通信の最適化

表示速度の向上のために通信の最適化が行われます。

中でも画像は見た目を損なわない範囲で圧縮されて復元はできないので、たとえ見た目が変わらなくても圧縮されるのは困るという人は注意した方が良いでしょう。

また、P2Pアプリケーションは利用できないので、ファイル変換アプリを使いたい人には不向きです。

大量データ通信は一時的に制限される場合がある

以下のようなデータサイズの大きい通信を行った場合は一時的に速度や通信量を制限する場合があります。

  • 動画ファイルの添付・ダウンロード
  • ストリーミング、 動画再生等の連続したデータを送受信
  • OSのアップデート
  • アプリストアでのスマートフォン向けアプリのアップデート

こうした制限条件を設けるのは、大量の動画をダウンロードしたり高画質の動画を長時間再生し続けるなどして回線に負担をかけるのを防ぐためでしょう。

OSやアプリのアップデートは利用者側では避けようがないので、この場合にも制限があるのはマイナスポイントですが、あくまで「制限する場合がある」だけで、制限されても一時的なものです。

初期費用と月額料金

初期費用は、通常は契約時の事務手数料3,000円とSIMカード準備金400円の合計3,400円かかりますが、今ならキャンペーンで無料になります。(2021年1月4日12時まで)

月額料金は3,580円です。

新規契約特典で12か月間は500円引きになるため1年目は3,080円です。

しかし、端末は1年目はレンタル扱いで、1年使うとプレゼントされるという条件のため、1年間はレンタル料として月額500円かかり、結局は毎月の支払額が3,580円になります。

2年目からは端末レンタル料500円の支払いと新規契約特典の500円割引が無くなることで、月額3,580円が継続します。

ただ、この月額3,580円というのは端末補償サービス料が込みの料金なので、結構お得です。

他のモバイルWiFiサービスだと月額500円くらいの端末補償サービスをオプションとして用意しているため、仮にエキサイトモバイルWiFiの端末補償サービスの分が月額500円とすると、月額料金だけの金額は3,080円となり月間100GB程度使えるモバイルWiFiサービスとしては安いです。

端末補償は必要ないという人には割高感があるかもしれませんが、端末補償を付けて利用したい人にとっては好条件のサービスです。

契約期間と解約金

契約期間は1年間で、1年以内に解約した場合には解約事務手数料9,500円がかかります。

契約は自動更新されないので、2年目以降はいつでも無料で解約できます。

つまり最低利用期間が1年なんです。

他のモバイルWiFiサービスだと契約期間が2年の自動更新型で、2年ごとにある契約更新月にのみ無料で解約できる条件のところも多いため、それに比べたらエキサイトモバイルWiFiの契約期間の縛りは緩いです。

端末のスペック

エキサイトモバイルWiFiで使用するモバイルWi-Fiルーターのスペックは次のようになっています。

機種名 HUAWEI Mobile WiFi E5785
カラー ホワイト
ディスプレイ 1.45インチLCD
サイズ 108×62×17.3mm
重さ 約127g
最大速度 下り:300Mbps
上り:50Mbps
連続通信時間 約12時間
バッテリー容量 3,000mAh
最大同時接続数 16台
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
USBポート マイクロUSB

最大速度下り300MbpsというのはWiMAXの端末に比べると遅いですが、最近多いクラウドWi-Fiの端末(下り最大150Mbps)に比べると速いです。

同時接続台数も16台でモバイルルーターとしては多い方です。

WiFi規格はIEEE802.11ac(Wi-Fi5)まで対応し、5GHzでのWi-Fi接続もできます。
少しでも速度が速い方が良いという人や普段使う場所で2.4GHzだと混雑しているという人には魅力があるでしょう。

端末損害金と補償サービス

エキサイトモバイルWiFiの月額料金には端末補償サービス料が込みになっているので、利用中に端末を故障・破損させて修理が必要になった場合は、端末交換修理費用の1,000円と代引き手数料300円の合計1,300円を負担することで端末交換してもらえます。(この際に故障した端末を返却しなかった場合は違約金10,000円かかります。)

自損や水濡れによる故障も補償対象になっていますが、紛失や盗難で端末を無くした場合は補償対象外なので、端末損害金の15,000円を負担しての交換となり、中に入ってるSIMも無くしているとSIM再発行手数料の3,000円がかかります。

最低利用期間中に解約して端末を返却しなかった場合も端末損害金と同額を支払うことになり、初期契約解除をして端末を返却しなかった場合は10,000円です。

端末は1年使えばプレゼントされますが、SIMカードは最低利用期間が過ぎた後でも解約後は返却する必要があり送料はユーザーが負担します。
SIMを返却しなかった場合はSIMカード損害金として3,000円かかるので注意しましょう。

まとめ エキサイトモバイルWiFiのメリットとデメリット

最後にメリットとデメリットをまとめます。

メリットは次の4点です。

①ドコモの回線で大容量使える
②端末補償料込みの料金としてみると月額料金は安い
③契約期間の縛りが緩い(最低利用期間1年)
④1年使えば端末がもらえる

デメリットは次の3点です。

①3日で10GBの制限があり制限後の最大速度が700kbps
②通信の最適化が行われ、大サイズのデータ通信時に制限される場合がある
③端末補償は不要という人には月額料金は少し高い(もっと安いサービスがあるため)
④解約後にSIMカードの返却が必要(未返却の場合は損害金3,000円)
3日で10GBの制限後の速度がどの程度出るのかによっても満足度は違ってきそうです。
通信の最適化が行われ、動画のダウンロード・再生などでも一時的に速度や通信量の制限が行われる場合があるので、動画や画像データの送受信をすることが多いヘビーユーザーはこの点には注意してください。
1日3GBくらいのペースで月間100GB近く使えれば十分なら問題はなく、端末補償を付けておいて故障したときの心配をせずに利用したい人には補償サービス料込みで3,580円という月額料金は安いです。
何といってもドコモ回線が使えるので、外出時に地下やビルの高層階、建物の奥の方などで使うことが多い人には便利で、あちこちに移動しながらノートPCで作業をするモバイルワークやテレワークで役立ちそうです。
それに自動更新の2年契約ではなく最低利用期間が1年なので始めやすく、1年経てば端末がもらえることも魅力です。
ただ、サービスが開始されたばかりの現時点では、ネットの口コミによると速度がかなり遅いという声が目立つため、利用するかどうかはもうしばらく様子を見てから決めた方が良いでしょう。

公式サイトはこちら⇒エキサイトモバイルWiFi