海外旅行中にインターネットを利用する方法

海外旅行中は、観光や交通、宿泊、食事などに関しての情報を調べたり、SNSへ写真を投稿したり、家族と連絡を取るためにネット環境が必要という人も多いでしょう。

今回は外国で旅行するときにインターネットを使う方法を4つ紹介します。

海外旅行出発イメージ画像

現地のプリペイドSIMを買う

日本で訪日外国人向けのプリペイド型のSIMカードが販売されているように、海外でも外国人観光客が利用できるプリペイドSIMが販売されています。

国によって違いはありますが、空港にある販売所や街中にあるキャリアの店舗、家電販売店などで購入できます。

現地SIMは販売員と会話する自信がない人にはハードルが高く感じるかもしれませんが、ある程度の語学力があれば、事前にネットで買い方を調べておけば何とかなるでしょう。店員に頼めばネットが使えるようになるまでの設定もやってくれるはずです。
空港の販売所だと値段は高めですが販売員が英語に対応していることも多いです。

短期旅行なら現地SIMを買わなくても済ませられますが、1か月くらい滞在する場合は持っていると何かと役立ちます。

現地のフリーWiFiを使う

これも日本と同様に多くの国で飲食店やホテル、駅、バスターミナル、空港などで無料で使えるWiFiスポットが整備されています。

費用をかけずにネットが使えるのは良いのですが、フリーWiFiスポットが充実しているかどうかは国や地域によって違いがあり、場所によっては使いたいときにかぎってWiFiスポットが見つからず困る場合もあります。

ホテルではフリーWiFiが用意されているところが多いですが、外出先でネットを使いたいときにWiFiスポット探しをするのはけっこう大変です。

それにフリーWiFiがあってもSSIDやパスワードが壁などに掲示されていない場合には、いちいち店員やスタッフに尋ねなければならないといった難点もあり、パスワードを口頭で言われても聞き取れないと何度も聞き返すことになったりします。

またフリーWiFiはセキュリティ面がしっかりしておらず暗号化通信に未対応の場合もあるため、パスワードやクレジットカード情報を入力する用途で使うのは避けた方が無難でしょう。

 

海外レンタルWiFiを借りて行く

語学力に自信が無かったり安全性を重視するなら海外レンタルWiFiサービスを利用するのが確実です。

日本を出発する前に外国で使えるモバイルWiFiルーターを借りていき、現地ではこの端末を通してスマホやノートPCをインターネットに接続できます。

これがあればフリーWiFiスポットを探す必要がなくなり移動中でもネットが使えます。

料金が安い3G回線と速度が速い4G LTE回線のプランがあり、データ容量も少量から無制限までいくつかプランがあり、複数国を旅行する場合には周遊プランも用意されているため、自分の旅行スタイルに合わせて選べます。

ただ、海外レンタルWiFiは出発日から帰国日までレンタル料がかかり長期旅行だと割高になるため、短期旅行向けのサービスといえます。

3キャリアのパケット定額サービスを利用する

ドコモ、au 、ソフトバンクのスマートフォンを使っているなら、キャリアが用意している海外パケット定額サービスを利用する方法もあります。

海外パケット定額は以前は割高だったのですが、最近ではこちらの方が海外レンタルWiFiよりお得なケースもあるので、自分が行く予定の国で使えるか予め確認してみましょう。

ドコモのパケット定額オプション

事前に申し込んでおき、現地で使い始めるときにWEB上で利用開始の操作をします。

基本プランは204の国・地域で24時間定額の980円で利用できます。

使った日だけ料金が発生するので、使わない日があれば費用を節約できます。

62の国・地域限定で、1時間(200円)・3日(2,480円)・5日(3,980円)・7日(5,280円)のプランもあります。
3日や5日、7日のように使う日が決まっているなら24時間プランを繰り返すよりも各日ごとのプランを利用した方がお得です。

使えるデータ容量は日本国内で契約しているプランのデータ量で、容量超過後の速度は128kbpsになります。

auの世界データ定額

150以上の国・地域で24時間定額の980円で利用できます。(現在は早割キャンペーンで1日490円です。)

使えるデータ容量は国内で契約しているプランの容量で、超過後の速度は128kbpsになります。

無料で登録できるau STAR会員になっていると毎月1回は24時間分の世界データ定額が無料にできるため、利用するなら忘れずに登録しておきましょう。

ソフトバンクの海外パケットし放題とアメリカ放題

海外パケットし放題は170以上の国・地域で利用でき、データ通信量25MBまでだと24時間1,980円、25MB以上使うと24時間2,480円になります。

データ容量は無制限なので2,480円払えば1日使い放題ですが、旅行中に1日に何GBも使うことは少ないでしょうから、ドコモやauに比べ割高といえます。

 

アメリカ放題は、アメリカ本土やハワイ、プエルトリコ、アメリカ領バージン諸島で利用でき、料金は無料でデータ容量も無制限です。
さらに、アメリカ国内や日本へ電話の発信するときの通話料も無料になるため、ソフトバンクユーザーがアメリカ旅行へ行く場合はかなりお得なサービスです。

ただ、対応機種はソフトバンクのiPhoneとiPadのみで、事前に世界対応ケータイへの申し込みが必要な点には注意しましょう。

まとめ

海外旅行中にインターネットを使う方法を4つ紹介しました。

長期旅行なら現地のプリペイドSIMを持っていると何かと便利です。

フリーWiFiはセキュリティ面に注意して利用しましょう。

短期旅行で安全性重視なら海外レンタルWiFiが良いでしょう。

3キャリアのユーザーなら海外パケット定額サービスが利用できます。