レンタルSIMは格安SIMの大容量プランよりコスパが良い

 

携帯キャリアのスマートフォンや格安SIMの大容量プランは料金が高いのが不満だという人やWiMAXなどのポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)は端末を持ち運ぶのが嫌という人におすすめなのが「レンタルSIM」というサービスです。

これなら低料金で大容量使うことができ、スマホなどに入れて使うので荷物が増えません。

レンタルSIMとは

レンタルSIMは、SIMカードのみをレンタルしてインターネットが利用できるサービスです。
モバイルWi-Fiルーターを貸し出すサービスを運営している業者がプランの一つとしてレンタルSIMを提供するケースが多いです。
借りたSIMカードをSIMフリーかSIMロック解除をしたスマートフォンやタブレット、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターに入れて利用します。

1か月単位で利用できるため長期の契約期間に縛られることもなく、最初の1か月使用後は止めたくなったらいつでも解約金無しで解約ができます。

レンタルSIMのメリット

格安SIMやモバイルWiFiルーターと比べた場合のメリットを紹介します。

①100GB~300GBの超大容量プランがある

MVNOの格安SIMは月間の容量が1GB〜数十GBまでのプランがほとんどですが、レンタルSIMは100GBや200GB、300GBといった大容量のプランが用意されています。

しかも、月額料金は3,000〜4,000円台という安さです。

これなら携帯キャリアや格安SIMの大容量プランを利用するよりも圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。

②SoftBankのメイン回線を使っている

格安SIMによってはランチタイムや夕方から夜にかけての回線が混み合う時間帯だと速度が大きく落ち込むことがあります。

MVNOは携帯キャリアの回線帯域の一部を借り受けてサブ回線で通信サービスを提供しているからです。

これに対してレンタルSIMではSoftBankのメイン回線のSIMを使うため、格安SIMに比べて混雑時でも速度の大幅な低下は起きにくいというメリットがあります。

③他に端末を持つ必要が無いことによるメリット

WiMAXなどのポケットWiFiも比較的低料金で大容量の通信ができますが、端末を外に持ち出す場合は荷物が一つ増えるというデメリットがあります。

小型の端末とはいえ少しでも荷物を少なくしたい人は気になるかもしれません。

その点、レンタルSIMなら普段持ち歩いているスマートフォンやタブレットにに入れて使うため荷物が増えません。

最近はデュアルSIM対応のスマホも増えているため、レンタルSIMとMVNOの安い通話SIMを組み合わせることで低コストで通話と大容量のデータ通信ができるスマートフォンが持てます。

また、モバイルWiFiルーターは硬い地面や床に落としたときに液晶画面が割れたり内部が故障するリスクがありますが、レンタルSIMならSIMカードが壊れる可能性はゼロではありませんがルーターに比べればリスクは低いです。

さらに、モバイルWiFiルーターの場合は補償オプションを付けてないと故障の場合は高額な機器損害金がかかり、紛失・盗難の場合は機器損害金に加えて中に入っているSIMカードの再発行手数料も支払うことになりますが、レンタルSIMなら仮にSIMを入れたスマホやタブレットごと無くしたとしても負担するのはSIMの再発行手数料の数千円で済みます。

このようにレンタルSIMはモバイルWiFiルーターのレンタルに比べて、荷物が増えない、故障・破損リスクが低い、損害金が少なくて済むといった3つのメリットがあるのです。

レンタルSIMのデメリット

ここからはレンタルSIMのデメリットも紹介します。

①テザリングができない機種もある

スマートフォンやタブレットをルータ代わりにして他の機器をインターネットに接続する「テザリング」は端末によって利用できるものとできないものがあります。

Androidスマートフォン・タブレットはテザリングが利用できますが、OSのバージョンによってや一部の機種では利用できないものがあります。

iPhone・iPadではテザリング(インターネット共有)は利用できません。

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを持っていれば、それにSIMを入れて利用することができます。

テザリングが使えないと大容量の強みがあまり活かせません。
AppleユーザーでノートPCなどでも使いたい場合は、別途SIMフリーのモバイルWiFiルーターを用意する方法がありますが追加費用がかかるため、この際レンタルSIMは諦めてSIMとルーターがセットになったレンタルWiFiの方が良いかもしれません。
例えばこういうサービスがあります⇒縛りなしWiFi

②Wi-Fiテザリングはバッテリー消費量が多い

スマートフォンやタブレットでWi-Fiテザリング機能を使うとバッテリーの消費量が増えるため電池持ちは悪くなります。

特にバッテリーが内蔵型のスマートフォンでWi-Fiテザリングを頻繁に使う場合、充電する回数も増えるため端末の寿命にも影響してきます。

スマホはある程度の期間使ったら機種変更するつもりの人なら良いですが、できるだけ長く使いたいという人は注意が必要です。

ただ、Bluetoothテザリングを使えばバッテリー消費量を抑えることができます。
WiFiテザリングに比べて速度は遅くなり概ね1Mbpsくらいですが、快適とは言い難いですがWEBサイトを見たりSNSを利用するといった軽い用途ならなんとか使えます。

テザリングで親機のバッテリーを消耗させたくないなら、レンタルSIMではなくモバイルWi-Fiルーターを利用するのが良いです。
外出時に荷物が増えるのとバッテリーの消耗のどちらを避けたいかによるでしょう。

③利用するには身分証が必要

私が把握しているかぎりではレンタルSIMの業者はどこも申込み時に本人確認書類の画像のアップロードが必要になっています。

中には健康保険証は対象外で運転免許証やパスポートなどの顔写真付きのものでないとだめなところもあります。

ただし「w/WiFi(ウィズWiFi)」というサービスでは身分証の提示の代わりに5,000円のデポジットを預ける方法でも利用できるようになっており、解約後にデポジットは返金されます。

FUJI SIMというサービスではクレジットカードによる月々支払いなら本人確認書類なしでも申し込めますが、 この場合は簡易審査手数料3,000円がかかります。

おすすめのレンタルSIM

以上のメリット・デメリットを理解した上でレンタルSIMを利用したい!という人におすすめのサービスを3つ紹介します。

① 料金の安さならFUJI SIM(FUJI Wifi)

FUJI Wifi(フジWiFi)というレンタルWiFiサービスを提供している会社が新たに始めたプランが「FUJI SIM」です。


こちらでは月ごとに料金を支払う「通常コース」のほか、最初に5,000円のデポジットを支払うことで月額料金が500円割引される「デポコミコース」があります。

12か月後にはデポジットは返金され、それ以後も割引された料金のまま利用できるため、1年以上使う予定ならデポコミコースの方がお得です。

その代わり、デポコミコースにして1年未満で解約すると支払ったデポジットは戻ってこないため、デポコミコースは実質的に解約金が5,000円で1年契約のサービスを利用するのと同じことです。

FUJI SIMの費用

FUJI SIMの初期費用や月額料金、その他の費用は次のようになっています。

容量プランはSoftBank回線のSIMが10GB、20GB、50GB、100GBがあり、ドコモ回線とau回線のSIMは共に30GBと12GBがあり料金は同じです。

FUJI SIM
支払い方法 クレジットカード
atone(コンビニ払い)
初期費用 契約事務手数料:3,000円
SIM送料:無料
SoftBank回線 月額料金
10GB 通常コース:1,480円
デポコミコース:980円
20GB 通常コース:2,100円
デポコミコース:1,600円
50GB 通常コース:2,900円
デポコミコース:2,400円
100GB 通常コース:3,900円
デポコミコース:3,400円
ドコモ・au回線 月額料金
30GB 通常コース:2,600円
デポコミコース:2,100円
12GB 通常コース:1,780円
デポコミコース:1,280円
SIM再発行手数料 4,000円
補償サービス加入の場合は2,000円
SIM補償サービス(月額) 300円

使用量が契約プランの容量を超えた場合は月末まで速度が128kbpsになります。

以前はSoftBank回線のSIMのみでしたが、7月からドコモやauのSIMも扱うようになっており、山の方などでSoftBankが圏外の場所で使いたい人にも便利です。

支払い方法はクレジットカードのほかコンビニ支払いができるatone(アトネ)にも対応しているため、カードを持ってない人でも利用できます。

公式サイトを見てみる⇒【FUJI SIM】

② 300GBのプランがあるNomad SIM(ノマドSIM)

Nomad SIMは最初からSIMカードのレンタルサービスとして始まりました。

こちらの魅力は300GBという超大容量のプランが用意されていることです。

また、SIMをレンタルすると無料でモバイルWi-Fiルーター「JT101」を借りることができるのも特徴です。

Nomad SIMの費用

プランは容量100GBのBASICと300GBのPROの2つが用意されています。

ノマドSIM
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
初期費用 契約事務手数料:3,000円
SIM送料:無料
月額料金 BASIC(100GB):3,600円
PRO(300GB):4,200円
故障・紛失の場合の損害金 ルーター:8,000円
SIM:3,000円
専用ケース:300円
USBケーブル:300円
補償サービス(月額)

使用量が契約プランの容量を超えた場合は月末まで速度が128kbpsになります。

上で紹介したFUJI WiFiより料金は高めですが、300GBのプランあるため200GBでもまだ足りない人は注目です。

ルーターやSIMの補償サービスはないため、特にルーターをレンタルした場合は大切に扱いましょう。

ルーター付きで申し込んだ場合は解約後にセット一式の返却が必要ですが、SIMのみの場合は返却が不要です。

支払い方法はデビットカードも選べるためクレジットカードを持ってない人でもデビットカードがあれば利用できます。

公式サイトはこちら⇒Nomad SIM

③ 身分証なしのレンタルSIMならw/WiFi(ウィズWiFi)

レンタルSIMを提供する業者は格安SIMのMVNOと比べると知名度が低い会社が多いため、知らない会社に身分証の画像を提出するのは抵抗感があるという人もいるのではないでしょうか。

その点、ウィズWiFiは身分証画像のアップロード以外に5,000円のデポジット(預り金)を支払う方法も選択できます。

デポジットは契約から1年後に支払ったカードに返金され、1年未満の解約の場合も同様に返金されるため、金銭的に損はしません。

ウィズWiFi SIMプランの費用

SIMのみプランは48GB、100GB、Unlimitedの3プランがあります。

ウィズWiFi SIMプラン
支払い方法 クレジットカード
初期費用 契約事務手数料:3,777円
SIM送料:無料
月額料金 48GB:2,980円
100GB:3,480円
Unlimited:5,555円
SIM再発行手数料 4,000円
SIM補償サービス(月額)

使用量が契約プランの容量を超えた場合は月末まで速度が128kbpsになります。

Unlimitedプランは容量無制限となってはいますが、実際には一定期間に大量の通信を行うと通信制御されることがあり、目安として200GB程度までなら快適な速度で利用できるそうなので、実質200GBのつもりで利用した方が後悔しないでしょう。

SIMの故障や紛失・盗難は補償対象外となっているためSIMプランの補償サービスはありません。

公式サイトを見てみる⇒w/WiFi(ウィズワイファイ)

まとめ

スマホやタブレット、PCで大容量使えるSIMが欲しいけど携帯キャリアや格安SIMの大容量プランは高すぎるという人におすすめなのが「レンタルSIM」です。

ポケットWiFiを持ち歩くのは荷物が増えるから嫌という人にも便利です。

料金の安さならFUJI SIMがイチオシ。
お得なキャンペーン実施中なので申し込むなら今がチャンスです。

容量200GBでも足りず300GBは必要な人はNomado SIMに注目です。

申し込み時に身分証画像を提出するのに抵抗感がある人は、料金はやや高くなりますがw/WiFi(ウィズWiFi)ならデポジットを預ける方法も選べます。