WiFiが使える場所を探さずに済む方法

外出先でWiFiが使える場所は増えてきています。

カフェやファストフード店、コンビニ、ファミレス、カラオケ店など、様々なお店でフリーWiFiが用意されており、自分の回線を使わずに無料で高速・大容量インターネットが利用できるのが魅力ですね。

ただ、飲食や買い物、カラオケのついでにインターネットも使うのではなく、インターネットをするために店に行くのだとしたら、実質的には通信費のためにお金をかけていることになります。コーヒーを飲むためや休憩するためにカフェに行くのではなく、フリーWiFiを使うためにカフェに行くというパターンです。特にノマドワーカーに多いのではないでしょうか。

数百円の出費でも積み重ねていくとけっこうな金額になるため、単純にネットが使いたいだけの場合は一度見直してみると無駄な出費を抑えて節約ができるかもしれません。

どこでもWiFiが使えるモバイルWiFiルーター

外出先でWiFiスポットをよく使っている人は自分のモバイルWiFiルーターを持つことでフリーWiFiスポットを探す必要がなくなり、費用を節約したりセキュリティ上のリスクも減らせます。

モバイルWiFiルーターはWiMAXやソフトバンクの回線に対応しているものが多く、一部の山奥やトンネル内などを除いて全国のほとんどの場所で使うことができるため、これを持ち歩けば、いつでもどこでも自分の回線でインターネットができます。

公園でインターネットをするイメージ画像
路上でも公園でもWiFiが使えるので、場所代が不要なところでインターネットが使えます。

通勤などで電車やバスでの移動中にも高速・大容量でインターネットが利用できるのも便利で、大容量使えるのでデータサイズの大きい動画を見たりゲームをしたりしたい人にも最適です。

セキュリティリスクも減らせる

フリーWiFiの場合、WiFiスポットまでの通信が暗号化されてない場合に第三者に通信内容が覗き見られたり、本物のアクセスポイントに似せた名前の偽のアクセスポイントに接続してしまうリスクがあります。

その点、モバイルWiFiルーターは端末との間の通信が暗号化されていますし、自分で契約している回線なので間違えて危険なアクセスポイントに接続してしまうこともありません。
特に営業の仕事などをしていて外出先で機密性の高い通信をする必要がある場合はモバイルWiFiルーターを使う方が安全です。

通信費の節約もできる

自宅は光回線で、スマートフォンのSIMは3大キャリアか格安SIMを使っている場合、これにモバイルWiFiルーターも契約すると通信費負担が増えますが、スマートフォンのインターネットはモバイルWiFiルーターを使うようにしてスマホに入れいてるSIMはもっと小さい容量で安い月額料金のプランに切り替えることで費用負担が抑えられます。

さらに、自宅のインターネット利用を固定回線を止めてモバイルWiFiルーターに一本化すれば固定回線の費用を削減でき大幅な節約ができます。

モバイルWiFiルーターの回線の通信速度は光回線ほどではなく、使える容量に制限はありますが、たいていの用途では十分使える速度と容量です。
例えばWiMAXなら3日で10GB以上使うと通信制限がかかり、翌日の数時間は最大速度が1Mbpsに制限されますが、よほど大きなデータ通信を頻繁に行う人でなければ3日10GB以上になることは稀ですし、制限後の速度でもWEB閲覧やメールなどの利用は問題なくできます。
特に毎月のインターネット利用量がそれほど多くない人やWEBサイトを見たりたまにYoutube動画を見る程度の人ならモバイルWiFiルーターの利用はメリットが大きいです。

まとめ

モバイルWiFiルーターを持てば、もうフリーWiFiが使える場所を探す必要がなくなります。

いつでもどこでも快適・安全にインターネットを利用できます。

自宅の固定回線やスマホのSIMのデータ通信をモバイルWiFiルーターに置き換えることで通信費の節約も可能です。

モバイルWiFiルーターを試してみたい場合にオススメのサービスが「縛りなしWiFi」です。

これなら1か月単位契約なので1か月利用後はいつでも解約できます。
月額3,300円で大容量使えるのでメインのネット回線としても活用できます。

詳しく知りたい方はこちら⇒縛りなしWiFiのレビュー