WiMAX2+のプロバイダー比較【口座振替にも対応】

WiMAXは、回線を提供しているUQコミュニケーションズのUQ WiMAX以外にも様々なプロバイダーから販売されています。

例えば、So-net、BIGLOBE 、GMOとくとくBB、Borad WiMAXなどです。

どこのWiMAXでも回線自体はUQコミュニケーシンズが管理しているため、通信速度や安定性といった回線品質はどのプロバイダーのWiMAXでも同じです。
ちなみに現在使われているのはは最新規格のWiMAX2+回線となっています。

プロバイダーごとに違うのは、契約期間や端末代の有無、月額料金、特典内容です。

これらの条件を各プロバイダーで独自に設定して差別化をしながらWiMAXを販売しているのです。

WiMAXのプロバイダーはたくさんありますが、ここでは費用の安さや人気度、運営元など各種条件をチェックし、魅力あるプロバイダーのみを集めて紹介するので参考にしてください。

WiMAXプロバイダーの総費用を比較

各プロバイダーの契約条件と費用を比較表にまとめました。

料金は全てクレジットカード払いの場合の金額です。(口座振替で支払いたい人はこちら

3年契約のプロバイダーは37か月目が契約更新月のため、この月の料金も含めて37か月分の月額料金で総費用を計算しました。

1年契約や2年契約のプロバイダーも37か月目まで利用した場合の費用を記載しています。

GMOとくとくBB DTI Broad
WiMAX
So-net BIGLOBE UQ WiMAX
契約期間 3年 3年 3年 3年 1年 2年
契約手数料 3,300円
月額料金
利用開始月 3,609円
(日割り)
0円 2,999円
(日割り)
0円 0円 4,268円
(日割り)
1ヶ月目 3,609円 0円 2,999円 3,718円 4,378円 4,268円
2ヶ月目 3,609円 2,849円 2,999円 3,718円 4,378円 4,268円
3~12か月目 4,263円 4,136円 3,753円 3,718円 4,378円 4,268円
13~24ヶ月目 4,263円 4,136円 3,753円 4,817円 4,378円 4,268円
25~37か月目 4,263円 4,136円 4,413円 4,817円 4,378円 4,268円
端末代 0円 0円 0円 0円 21,120円 16,500円
契約解除料 1ヶ月目~12ヶ月目まで:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目まで:15,400円
25ヶ月目以降の契約更新月以外:10,450円
1,100円 1,100円
キャッシュバック 30,200円※1 6,000円
※2
17,000円
総費用            
1年
(13か月)
51,975円 73,045円 68,980円 68,133円 64,334円 80,652円
2年
(25か月)
103,281円 117,727円 109,726円 120,987円 116,870円 130,768円
3年
(37か月)
149,087円 144,909円 152,232円 168,341円 169,406円 182,984円

年ごとの総費用の計算方法は以下の通りです。

契約手数料+(月額料金×月数)+端末代+契約解除料(中途解約になる場合)-キャッシュバック金額

利用開始月の料金の計算方法は各社で違い、日割り、無料の2パターンありますが、ここでは月初から利用開始したことにして日割りのプロバイダーも満額を計上しています。
月途中から利用開始した場合は初月の料金はもっと少ない金額になります。

※1 GMOとくとくBBのホームルーターのキャッシュバック額はモバイル端末の場合の金額です。

※2 DTIのキャッシュバックはNTTグループカードに新規入会し、DTI WiMAXの支払い用に設定することで最大6,000円のキャッシュバックが受けられます。

一番安いWiMAXプロバイダーはどれ?

契約期間は、BIGLOBEが1年、UQ WiMAXが2年、他のプロバイダーは全て3年です。

契約期間中に解約した場合にかかる契約解除料は、BIGLOBEとUQは1,000円なのでほとんど契約期間の縛りはないようなものですが、その代わり端末代が有料で月額料金も高めになっています。

これに対して3年契約のプロバイダーは契約解除料が高額で3年縛りですが、端末代が無料で月額料金は安いため、1年や2年で解約した場合で契約解除料を負担してもBIGLOBEやUQより支払い総費用は少ないところがあります。

そして、3年契約のプロバイダーで3年間の総費用が最も安いのがDTI WiMAXでNTTグループカードに同時加入して支払用に設定した場合です。

 

ただ、WiMAXのために新規でクレジットカードを作りたくない場合は、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが最安になります。

ここは月額料金は高めですが高額なキャッシュバックがあるため、この分を差し引くことで実質的な総費用が安くなるのです。

もし1年や2年で解約した場合の費用でもGMOが最も安いです。

上の表のキャッシュバック額は端末がモバイルルーターの場合ですが、ホームルーターにするとキャッシュバック額はHOME 02で33,200円なので負担額はさらに安くなります。

GMOのキャッシュバック額はよく変更されるため最新の情報は公式サイトを確認してください。

1年未満の利用予定ならBIGLOBE

BIGLOBEとUQは、端末を購入せずSIMのみ購入できるプランもあり、過去にWiMAXを利用したことがありWiMAXの端末を持っている人ならSIMのみプランを選ぶことで浮いた端末代の分が総費用から差し引かれます。

BIGLOBEは17,000円のキャッシュバックがありますが、これは端末を購入した場合が対象なのでSIMのみプランにした場合、上の表で総費用から差し引かれるのは、端末代21,120円-キャッシュバック17,000円=4,120円しか安くなりません。

このためBIGLOBEでSIMのみプランにした場合でもGMOとくとくBBの方が安いです。

ただし、利用期間1年未満で解約した場合はビッグローブの方が安いです。

BIGLOBEはサービス開始の翌月にキャッシュバックが受け取れるに対して、GMOはキャッシュバックの受け取りが1年後なので、もし1年経たずに解約するとキャッシュバックはもらえず3万円も損をします。
それに加えて契約解除料もかかるため、BIGLOBEよりも大幅に費用負担が大きくなります。
BIGLOBEは1年未満で解約しても契約解除料はたったの1,100円です。

このため最初から1年未満で解約する予定の場合ならBIGLOBEの方が良いです。

詳しくは公式サイトを確認してください⇒BIGLOBE WiMAX

GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取りが1年後

GMOとくとくBBのキャッシュバックは契約してから1年後に振込先口座の登録手続きすることで受け取ることができます。

この手続きをするのを忘れて登録期限が過ぎるとキャッシュバックはもらえなくなるため、もし受け取れなかったらキャッシュバックによるマイナス分が消えるので総費用は高くなってしまいます。

実際、手続きするのを忘れてキャッシュバックをもらえなかったという人もけっこういるので十分注意すべきです。

利用開始月から数えて11か月目に口座情報の登録を求める連絡メールが届くので、このことを忘れないようにできる人だけキャッシュバックキャンペーンを利用してください。

 

1年も先のことなど忘れてしまうという人はGMOがキャッシュバックキャンペーンとは別に用意している「月額割引キャンペーン」から申し込むのがおすすめです。

こちらはキャッシュバックが無い代わりに月額料金を安く設定しており、総費用はキャッシュバックキャンペーンの場合と比べて少し高いだけです。

2つを比較するとこうなります。

キャッシュバック 月額割引
契約事務手数料 3,300円 3,300円
利用開始月(日割り) 3,969円 2,849円
1~2か月目 3,969円 2,849円
3~24か月目 4,688円 3,678円
25~37か月目 4,688円 4,688円
キャッシュバック額 WX06・W06:30,200円

HOME 02:33,200円

6,000円
3年総費用 WX06・W06:149,087円

HOME 02:146,087円

全機種:147,707

3年間の総費用を比べてみると、月額割引キャンペーンの方が安いです。

以前はキャッシュバックキャンペーンの方が安かったのですが、ここ数カ月は月額割引キャンペーンで6千円のキャッシュバックを付けるようになったため逆転しています。

万が一キャッシュバックを受け取りそびれた場合の損失額も月額割引キャンペーンの方が安く済むため、今はこちらから申し込んだ方が良いです。

やはりキャッシュバックキャンペーンの方が良いという人はこちらを読んでみてください⇒GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り失敗を避ける方法

口座振替ができるWiMAXプロバイダー

クレジットカードを持ってなくても銀行口座があれば、口座振替で支払えるプロバイダーでWiMAXが利用できます。

以下に口座振替に対応している3プロバイダーを比較します。

Broad WiMAX BIGLOBE UQ WiMAX
契約期間 3年 1年 2年
契約手数料 3,300円
+初期費用20,743円
3,300円 3,300円
月額料金
利用開始月 2,999円
(日割り)
0円 3,880円
(日割り)
1~2か月目 2,999円 4,378円 4,268円
3~24か月目 3,753円
25~37か月目 4,413円
口座振替手数料 220円/月 220円/月 無料
端末代 0円 21,120円+代引き手数料440円 16,500円
契約解除料 1ヶ月目~12ヶ月目まで:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目まで:15,400円
25ヶ月目以降の契約更新月以外:10,450円
1,100円 1,100円
キャッシュバック 17,000円
総費用
1年
(13か月)
92,803円 67,634円

SIMのみ
63,074円

80,652円

SIMのみ
64,052円

2年
(25か月)
136,189円 122,810円

SIMのみ
118,250円

130,768円

SIMのみ
114,268円

3年
(37か月)
181,335円 177,986円

SIMのみ
173,426円

182,984円

SIMのみ
166,484円

BIGLOBEとUQはSIMのみのプランも選べるため、総費用欄ではSIMのみプランの場合の費用も記載しています。

既にWiMAXの端末を持っていたり中古品を別途購入して端末を自分で用意すれば、SIMのみプランを選ぶことでプロバイダーで高額な端末を買わなくて済みます。

総費用を比べると、端末を購入する場合は1年~3年使用の全ての場合でBIGLOBEが安いです。

ただし、2年と3年使用の場合はSIMのみプランならUQの方が安いです。

BIGLOBEはSIMのみプランにするとキャッシュバックがもらえず、利用期間が長いほど毎月220円の口座振替手数料がかさむことが影響しています。

Broad WiMAXは月額料金が安くて端末代が無料ですが、支払い方法を口座振替にすると契約手数料とは別の初期費用20,743円も発生することで端末代無料が帳消しになり、加えて振替手数料220円が毎月加算されることで総費用は高くなってしまいます。

口座振替でWiMAXを利用する場合は、端末セットかSIMのみプランで1年だけ使うならBIGLOBE WiMAX 、SIMのみプランで2年や3年使うならUQ WiMAXが良いでしょう。

 

自宅がau の5Gエリアになっているなら、こちらもチェック↓

WiMAXの5G対応プランでおすすめのプロバイダー
WiMAX+5Gでオススメのプロバイダーを紹介します。WiMAX2+回線に加えてauの5Gや4G LTE回線も利用できる新サービスです。スタンダードモードは容量無制限で速度制限条件は3日で15GBです。