PR

ahamo光とNURO光を比較して違いをまとめた

ahamoユーザー専用の光回線「ahamo光(アハモ光)」が登場しましたが、スマホでahamoを使っている人の中には高速通信で知られる「NURO光(ニューロ光)」が気になっている人もいるのではないでしょうか。

もし自宅がNURO光の対応エリアになっていて、料金の安さより回線速度を重視するならNURO光を選ぶのも良いかと思います。

今回はahamo光とNURO光を比較するので2つの違い理解したうえで最適な方を選びましょう。

運営元と使用回線の違い

ahamo光はNTTドコモが提供する光回線です。

スマホの回線と家の回線で同じ会社と契約するため支払先を一本化できます。

ahamo光は、NTTからフレッツ光の回線を借りてプロバイダーとセットにして提供する「光コラボレーション」と呼ばれるサービスです。

光コラボのサービスは他にもたくさんあり、ドコモ光やSoftBank光、楽天ひかり、ビッグローブ光なども光コラボです。
どの光コラボもフレッツ光の回線を使用するため、利用中の光コラボから他社の光コラボに乗り換える際は回線工事が不要というメリットがあります。

 

NURO 光を運営しているのは、ソニーグループの企業であるソニーネットワークコミュニケーションズ(株)です。

NURO光はNTTの「ダークファイバ―」を使用する光回線サービスです。

ダークファイバーとは敷設された光ファイバー回線のうち使用されずに余っていた回線ことです。

使用するのはNTTの光ファイバーですがフレッツ光とは別の独自回線になっており、NURO光のユーザーのみが独占的に利用できます。

NURO光(2ギガプラン)の回線速度は下り最大2Gbpsで、ahamo光を含めた一般的な光回線の下り最大速度1Gbpsと比べて2倍の速度となっているのが大きな特長です。

このためNURO光は通信速度を重視する人向けの光回線なのです。

NURO光には最大速度が10Gbpsのプランもありますが、10ギガプランは提供エリアが少なく料金が高いです。
この記事ではahamo光に合わせてNURO光は下り最大2Gbpsのプランを比較対象とします。

サービス名 ahamo光 NURO光(2ギガ)
運営元 NTTドコモ ソニーネットワークコミュニケーションズ
使用回線 フレッツ光の回線 ダークファイバー回線
回線の最大通信速度 下り 1Gbps
上り 1Gbps
下り 2Gbps
上り 1Gbps
特長 乗り換えがしやすい 速度が速い

 

提供エリアの違い

ahamo光はNTT東日本・西日本のフレッツ光提供エリアで利用できます。

レッツ光は全ての都道府県に対応しており全国エリアカバー率は96.9%なので、ほとんどの人は利用できるはずです。

一方、NURO光の提供エリアは限られており、現時点でのNURO光(2ギガプラン)が提供されている都道府県は下記のようになっています。

北海道
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
中国(広島・岡山)
九州(福岡・佐賀)

都道府県では対応エリアになっていても、住んでいる市区町村によっては提供エリア外の場合もあります。
公式サイトでは郵便番号を入力して提供エリアかどうか調べられるため、自分の家がエリア内かどうかわからない場合は確認してみてください。
下記の公式サイトで申し込みボタンを押すと提供エリア検索のページに移動できます。

NURO 光

 

集合住宅向けには通常のNURO光とは別にNURO光の回線設備が導入されているマンションのみで利用できるNURO光 for マンション」というサービスもあり、こちらの方が料金は安く設定されています。

NURO光 for マンションに対応している物件は公式サイトで検索できます⇒NURO光forマンション

NURO光 for マンションに対応していないマンションやアパートでNURO光を使いたい場合は、通常の「NURO光」を契約することになるため、通常のNURO 光のページでエリア確認をしてください。

契約期間と解約時の費用の違い

ahamo光は、2年契約のプランと契約期間なしのプランがあり、料金は2年契約のプランの方が安いです。

2年契約プランは2年ごとに契約が自動更新され、契約期間中に解約した場合の解約金は、戸建てタイプが4,950円、マンションタイプが3,630円です。

契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間に解約すれば解約金はかかりませんが、無料で解約できるのは2年ごとにある3か月間なので、2年縛りであることは理解しておきましょう。

 

NURO光は2年契約と3年契約があり、3年契約の方が料金は安いです。

契約期間中に解約した場合の解約金(契約解除料)は2年契約で3,740円、3年契約で3,850円です。
こちらも契約満了月と翌月、翌々月の3か月間に解約すると契約解除料はかかりません。

NURO 光 for マンションの契約期間は下記のように3プランあり、プランごとに中途解約した時の契約解除料が異なります。

契約期間 3年 2年 契約期間なし
契約解除料 528円 363円 0円

契約解除料は3年契約で528円、2年契約で363円となっており、この程度の金額なので利用するなら月額料金が安い3年契約が良いでしょう。

こちらも契約満了月から3か月間月の無料解約期間に解約すると契約解除料はかかりません。

なお、NURO光とNURO光 for マンションのどちらも3年契約プランは最初の契約更新後は契約期間は2年になります。

料金が安いプランの条件を比較すると下記のようになります。

ahamo光 NURO光
契約期間 2年 3年
解約金 戸建て 4,950円
集合住宅 3,630円
NURO光
3,850円
NURO光 for マンション
528円

 

NURO光の方は、解約した時に回線設備(引き込み光ケーブル、光キャビネット、光コンセント)の撤去を希望する場合は撤去費用として11,000円がかかります。

持ち家なら回線設備を残しておけば撤去費用はかかりませんが、賃貸住宅で管理会社や大家さんに許可を取って新規で回線を引く場合は、退去時の原状回復義務により回線撤去を求められることがあります。
退去時に撤去が必要か、残しておいても良いかは予め管理会社か大家さんに確認しておきましょう。

回線工事費はどちらも無料にできる

上でも書きましたが、ahamo光はフレッツ光と同じ回線を使うサービスのため、NTTのフレッツ光や他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要です。

光回線を初めて引く場合やフレッツ光以外の光回線(auひかり、NUROひかり、電力系光回線)から乗り換える場合は回線工事が必要です。

NURO光は独自回線のため利用するには回線工事が必要です。

回線基本工事費の比較

NURO光の基本工事費は3年契約では36か月間、2年契約では24か月間の分割払いですが、ここでは料金が安い3年契約の場合で比較します。

各サービスの基本工事費は下記のようになっています。

ahamo光 NURO光
NURO光 for マンション
(3年契約)
戸建て
集合住宅
工事員の派遣あり
22,000円
44,000円
1回目 1,230円
2~36回目 1,222円
工事員の派遣なし
3,300円

ahamo光は工事員の派遣が必要な場合と不要な場合で料金が異なりますが、いずれの場合でも基本工事費はキャンペーン特典により無料になるため工事費のことは気にする必要が有りません。

NURO光は戸建て、集合住宅ともに基本工事費は44,000円です。

しかし、36か月間は工事費の分割払いの金額を月額料金に上乗せしたうえで同額が特典により割引されるため基本工事費は実質無料になります。

ただし、36か月未満で解約すると工事費の残債を負担することになる点には注意しましょう。

NURO光の工事費残債額 = 1,222円 ×(36回-利用月数)

例えば、2年利用して解約した場合、残り12回分の支払いが残っているので工事費残債額は14,664円になります。

このようにNURO光は工事費の自己負担を無料にするには3年利用する必要があり、最初だけ3年縛りなのです。

なお、どちらも基本工事費は無料にできますが、土日祝日に派遣工事をすると3,300円の追加料金が発生するため、できれば平日に工事をした方がお得です。

開通までの期間目安

申し込んでから回線工事が完了して使えるようになるまでの期間の目安は、公式サイトによると次のようになっています。

ahamo光 NURO光 NURO光 for マンション
開通時期目安 工事日確定から概ね2週間 戸建て 1~2ヶ月程度
集合住宅 2~3ヶ月程度
最短1~2週間

NURO光が目立って開通までの期間が長いですが、こちらは宅内工事と屋外工事の2回に分けて行われるためです。

また、福岡県、佐賀県、岐阜県、北海道エリア、中国エリアでは工事状況によっては、さらに1~2か月程度かかることがあるらしいです。

NURO光には開通遅延補償特典が用意されており、申し込みから4か月目以降に開通した場合は下記のように補償として1か月あたり5,200円が支払われます。

4カ月目の開通の場合:5,200円
5カ月目の開通の場合:10,400円
6カ月目以降の開通の場合:15,600円

NURO光では開通までの間に利用できるホームルーターのレンタルサービスが用意されており、初期費用が2,200円で2か月目までが月額料金が無料、3か月目から月額料金が5,148円です。これを利用すれば開通までの間のネット環境は確保できます。

NURO光 for マンションは建物に回線設備が導入済みで屋外工事が済んでおり、申し込み後の回線工事は建物の共用設備から部屋までの屋内配線する工事のみとなるため、開通までの期間は短いです。
ただし、1~2週間というのは最短のケースであり、設備状況によっては工事完了までの期間がこれより長くなるケースもあります。

ahamo光は工事日が確定してから開通するまでおおむね2週間が目安ですが、指定する工事日によってはもっと長くなるケースもあります。

ahamo光とNURO光の料金比較

ここからは初期費用と月額料金を比較します。

初期費用

ahamo光とNURO光の初期費用は契約事務手数料とルーターの費用です。

サービス名 ahamo光
NURO光
NURO光 for マンション
契約時手数料 3,300円
ルーター費用 有料レンタル又は自分で用意 無料レンタル

契約事務手数料はいずれも3,300円です。

PCやスマホ、タブレットなどを光回線に接続するために使うWi-Fiルーターは、NURO光の方は無料でレンタルできますが、ahamo光は有料レンタルサービスを利用するか自分で用意することになります。

ahamo光で使うルーターは「OCNバーチャルコネクト」に対応している必要があるため、既にルーターを持っている場合やこれから購入する場合は、OCNバーチャルコネクトに対応している機種か確認しておきましょう。

OCNバーチャルコネクトは、次世代通信技術IPv6(IPoE方式)での通信をできるようにするサービスです。
IPoE方式はフレッツ光の回線の混雑しやすいポイントを避けて通信するため、利用者が増える時間帯でも速度低下が起きにくいメリットがあります。

有料レンタルサービスの料金は、オプションのドコモ光電話(月額550円)を利用するかどうかや無線LAN(Wi-Fi)機能の有無で下記のように違っています。

ドコモ光電話の利用なし ドコモ光電話の利用あり
ルーターレンタル
月額料金
330円 無線LAN機能なし:無料

無線LAN機能あり:
NTT東日本エリア 330円
NTT西日本エリア 110円

自宅の固定電話の番号が必要ならドコモ光電話を利用することになり、有線LAN機能のみのルーターは無料ですが、無線LAN機能付きのルーターはNTT東日本エリアで330円、西日本エリアで110円となっています。

光電話を利用しない場合で月額330円の有料レンタルサービスを2年間利用したとすると、2年分のレンタル料合計額は7,920円となり、この金額より安い価格でOCNバーチャルコネクト対応ルーターは市販されているため、2年以上利用する予定なら自分で購入した方が安上がりです。

月額料金と支払い方法

次に月額料金と支払い方法を比較します。

ここでは各サービスで料金が最も安く設定されている契約期間の場合とします。

サービス名
(契約期間)
ahamo光
(2年契約)
NURO光
(3年契約)
NURO光 for マンション
(3年契約)
戸建て 4,950円 5,200円
集合住宅 3,630円 2,090円~2,750円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
NTT請求
ソフトバンクまとめて支払い
auかんたん決済
クレジットカード

通常のNURO光は戸建てと集合住宅で料金に違いはありません。

戸建てタイプではNURO光よりahamo光の方が料金は250円安いです。

NURO光 for マンションは同じマンションの利用者に応じて料金が変わるシステムになっており、最も高い料金でも他の2サービスと比べてかなり安いです。

公式サイトを見てみる⇒NURO光forマンション

NURO光 for マンションに未対応のアパートやマンションだと通常のNURO光を利用することになり、集合住宅の場合はNURO光よりahamo光の方が月間1,570円安く、2年間では37,680円の違いになります。

 

支払い方法については、NURO光 for マンションはクレジットカードしか対応してないので持ってない人は利用できません。

NURO光はクレジットカードのほかに口座振替やキャリア請求でも支払えるため、クレカを持ってない人でも利用できます。

ahamo光はスマホのahamoとの一括請求となり、クレジットカードと口座振替に対応しています。

電気やガスとのセットでNURO光の料金を安くできる

NURO光やNURO光 for マンションは、NUROでんき(新電力)、NUROガス(都市ガス)というオプションサービスがあり、これを同時に申し込むと下記のようにNURO光の月額料金が割引されます。

NUROでんきとのセットで501円割引
NUROガスとのセットで200円割引

両方とも契約すれば合計701円割引でNURO光の月額料金が4,499円となります。

NUROでんきの割引だけでも4,699円となりahamo光の戸建てタイプより安くなります。

少しでも安くNURO光を利用したいなら、この機会に電気とガスをNUROにまとめることを検討してみるのも良いかもしれません。

ただし、NUROガスが利用できるのは東京ガスの提供エリアです。

NUROでんきの提供エリアは公式サイトでチェックしてください⇒NURO 光

キャンペーン特典の比較

ここでは各サービスのキャンペーン特典を解説します。

ahamo光のキャンペーン特典

ahamo光(2年契約プラン)を申し込むと、dポイント(期間・用途限定)10,000ポイントがプレゼントされます。

ドコモ光からのプラン変更やahamo光(契約期間なしプラン)は特典の対象外です。

申込み月含む7か月以内にahamo光を利用開始し、利用開始月の2か月後の月末時点でも契約中で、dポイントクラブ会員であることが特典を受ける条件です。

なお、dポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月を含む6か月となっているので使い忘れに注意しましょう。

 

NURO光のキャンペーン特典

申し込み特典

公式サイトからの申し込みで45,000円のキャッシュバックが貰えます。

特典は利用開始後11か月目に受け取り手続きの案内メールが届き、マイページ上で受け取り口座を指定します。

受け取り前に解約したり、メールが届いてから手続きをしないまま45日間を過ぎると特典は無効になるので注意してください。

乗り換え特典

他のインターネット回線を解約してNURO光に乗り換える場合で今の回線の解約費用が発生する人には解約費用を最大6万円まで還元してくれます。

解約費用は、解約違約金(契約解除料)、回線工事費残債、ルーターの端末代残債といった料金が対象です。

これにより他社回線の解約金が発生する人でも乗り換えしやすくなっています。

オプションサービスのキャッシュバック特典

オプションサービスを同時に申し込んだ場合、下記のように追加でキャッシュバックがもらえます。

ひかりTV for NURO ⇒ 12,000円キャッシュバック
NUROでんき ⇒ 11,000円キャッシュバック
NUROガス ⇒ 2,000円キャッシュバック

NURO光の月額料金が割引されるNUROでんきやNUROガスの両方を申し込めば13,000円のキャッシュバックとなるためさらにお得です。

 

NURO光 for マンションのキャンペーン特典

NURO光 for マンションの公式サイトから申し込むとキャンペーン特典で25,000円のキャッシュバックがもらえます。

この特典は3年契約プランと2年契約プランが対象で、契約期間なしプランは対象外です。

開通月の翌月の8か月後の15日からNUROマイページで特典の受け取り手続きができます。

キャッシュバックの受け取り前に解約すると特典の対象外になるため、キャッシュバックをもらうには開通月を含めて9か月間は利用する必要があります。

また、受け取り手続き期間の45日を過ぎると特典はもらえなくなるため、手続きするのを忘れないようにしましょう。

料金シュミレーション

集合住宅の場合、自宅がNURO光 for マンションに対応しているならシュミレーションするまでもなくこちらが安くておすすめです。

ここでは戸建て向けのNURO光とahamo光の戸建てタイプ、マンションタイプを4年間利用した場合の総費用を比較します。

4年としたのはahamo光は解約金なしで解約できるのが2年ごとで、NURO光の回線工事費が実質無料になるのは3年経過後だからです。

ahamo光は自分で購入したルーター代が5千円だった場合とします。

ahamo光
NURO光
契約時手数料 3,300円
ルーター代 5,000円 0円
月額料金 戸建て 4,950円
集合住宅 3,630円
5,200円
4年分の月額料金合計 戸建て 237,600円
集合住宅 174,240円
249,600円
キャンペーン特典 dポイント(期間・用途限定)
10,000ポイント
キャッシュバック45,000円
実質4年総費用 戸建て 235,900円
集合住宅 172,540円
207,900円

戸建ての場合、月額料金はahamo光の方が250円安いですが、NURO光は高額キャッシュバックがあるため特典も含めた4年総費用はNURO光の方が少ないという結果になりました。

集合住宅の場合、月額料金の金額差が大きいためNURO光に高額キャッシュバックがあってもこの差は埋まらず、ahamo光の方が4年総費用も少ないです。

戸建てタイプ、マンションタイプともに月額料金はahamo光の方が安いため、長く利用するほどahamo光の方が低費用になります。

とはいえ、回線の下り最大速度がahamo光は1ギガなのに対しNURO光は2ギガなので、この点を踏まえるとNURO光の料金は妥当な水準といえます。

また、NURO光はNUROでんきやNUROガスとセットで契約すると料金が割引されるため、仮に電気とガスもセットで利用する場合、NURO光の月額料金は4,499円となりオプションサービスのキャッシュバック13,000円が追加されるため、4年総費用は161,252円となりahamo光のマンションタイプより少なくなります。

まとめ

最後に各サービスの違いをまとめます。

ahamo光は2年契約、NURO光は3年契約プランの条件を記載します。

ahamo光 NURO光 NURO光
for マンション
使用回線 フレッツ光の回線 ダークファイバー回線
回線最大速度 下り 1Gbps
上り 1Gbps
下り 2Gbps
上り 1Gbps
Wi-Fiルーター 有料レンタル
又は
自分で用意
無料レンタル
契約期間
解約金
2年
戸建て 4,950円
マンション 3,630円
3年
3,850円
3年
528円
回線工事費 特典で無料 3年利用することで実質無料
月額料金 戸建て 4,950円
マンション 3,630円
5,200円 2,090円~2,750円
キャンペーン特典 dポイント
(期間・用途限定)
10,000ポイント
45,000円
キャッシュバック
25,000円
キャッシュバック
その他の留意点 ahamoを解約するとahamo光も解約となる 他社の解約金を最大6万円まで還元 支払い方法はクレカのみ

以上から各サービスがおすすめな人は次のようになります。

ahamo光がおすすめの人

  • スマホと家の回線の契約先をドコモにまとめたい
  • 月額料金が安い方が良い
  • 契約期間は2年縛りでも構わない
  • ルーター費用が発生しても構わない
  • ahamoを解約したときに家の回線も同時に乗り換えても良い

公式サイトはこちら↓

 

NURO光がおすすめの人

  • 料金よりも通信速度を重視している
  • 開通までの期間が長くなっても構わない
  • 少なくとも3年間は利用できる
  • 今利用中の他社回線で高額な解約金が発生する

 公式サイトはこちら↓

 

NURO光 for マンションがおすすめの人

  • NURO光 for マンション対応の建物に住んでいる
  • クレジットカードを持っている
  • 少なくとも3年間は利用できる
  • 料金が安くて速い回線を使いたい

公式サイトはこちら↓

コメント