PR

楽天ひかりとソネット光プラスの比較【乗り換え・新規】

光回線の楽天ひかりとソネット光プラスのどちらかを利用しようと考えている人のために、この2サービスを比較しました。

使用回線と運営元について

どちらもNTTのフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供する「光コラボレーション」というサービスです。

フレッツ光は全国の都道府県で提供されているため、光コラボも全国で利用できます。

回線が同じなので、フレッツ光や他社の光コラボを利用中の人が楽天ひかりやソネット光プラスへ乗り換える場合の回線工事は不要です。

光コラボの契約は以下の3種類があるので覚えておきましょう。
フレッツ光からの乗り換えは「転用
他の光コラボからの乗り換えは「事業者変更
その他は「新規契約

回線速度はどちらも最大1Gbpsなので違いはありません。

楽天ひかりは、第4の携帯キャリアとして携帯電話事業に参入した楽天モバイルが提供する光回線です。
楽天グループのサービスのため、楽天ひかりはSPU対象となり楽天市場での買い物ポイントが+2倍になります。

ソネット光プラス(So-net光プラス)は、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線です。
So-netはプロバイダーとして25年周年を迎えており、この分野での実績は豊富です。

 

契約期間はどちらも2年

契約期間と中途解約時の解約金(契約解除料)は次のようになっています。

楽天ひかり ソネット光プラス
契約期間 2年 2年
解約金
(契約解除料)
戸建て 5,280円
集合住宅 4,180円
戸建て 4,580円
集合住宅 3,480円

どちらも2年契約で、解約しなければ2年ごとに契約は自動更新されます。

契約期間中に解約すると上記の解約金(契約解除料)が発生します。

2年ごとの契約満了月から翌々月にかけての3か月間に解約すれば解約金(契約解除料)は無料です。

回線工事費はソネット光プラスでは実質無料

光回線を新規で引く場合やフレッツ光の回線以外を使用する光回線(auひかり、NURO光、電力系光回線)からの乗り換える場合は回線工事が必要となり工事費がかかります。

光回線の工事費は次の3タイプによって金額が違っています。

・工事員の派遣と屋内配線の新設がある場合
・工事員派遣はあり屋内配線の新設はない場合
・自宅へ工事員の派遣が必要ない場合

以下に2サービスの基本工事費をまとめました。

カッコ内は分割払いの回数と金額です。

工事内容 楽天ひかり ソネット光プラス
工事員派遣あり
屋内配線新設あり
22,000円
1回目から23回目 916円
24回目 932円
26,400円
1回目 2200円
2から22回目 1,100円
工事員派遣あり
屋内配線新設なし
11,660円
1回目から23回目 485円
24回目 505円
工事員派遣なし 3,300円
1回目から23回目 137円
24回目 149円
3,300円
一括払い

楽天ひかりは23回の割払いのほか一括払いも選べます。

派遣工事でも既にある屋内配線を利用できる場合は工事費が安くなり、建物にフレッツ光の回線設備が既に導入済みだと無派遣工事で済むことがあり、この場合の工事費は3,300円になります。

ソネット光プラスは派遣工事は23回の分割払いですが、特典で23か月間は工事料の分割払い額が割引されるため、2年利用すれば工事費は実質無料にできます。

ただし、23か月未満で解約すると工事費の残債を支払うことになり自己負担額が発生します。

例えば、1年(12か月)利用して解約した場合、残り11回分の支払いが残っているため、1,100円円×11回=12,100円が工事費残債になります。

2年未満で解約すると解約金に加えて工事費残債も負担することになるので注意してください。

無派遣工事は一括払いで、特典で1か月目に3,300円が割引されて工事費は実質無料になりjます。

楽天ひかりは工事費が無料にならないため、新規契約の人は特典で工事費が無料になるソネット光プラスがお得です。

楽天ひかりとソネット光プラスの料金比較

ここでは初期費用と月額料金を比較します。

初期費用

最初にかかる費用は契約時の手数料とWi-Fiルーターの購入代です。

楽天ひかり ソネット光プラス
契約時手数料 初期登録費
新規契約 880円
転用・事業者変更 1,980円
事務手数料
3,500円
Wi-Fiルーター 自分で用意
安いもので4千円台から
無料レンタル

契約時の手数料は、楽天ひかりの方は新規契約と転用・事業者変更の場合で料金が違っており、どちらもソネット光プラスより安いです。

WiFiルーターについては、楽天ひかりにはレンタルサービスが無いため、「IPv6(クロスパス)」に対応したルーターを自分で用意する必要があります。

クロスパスとは、IPv6(IPoE方式)やIPv4 over IPv6での通信ができるようにするサービスのことです。これを利用することでフレッツ光の回線で利用者が増える時間帯でも混雑を避けて快適に通信することができるのです。

楽天ひかりの公式サイトにクロスパス対応ルーターの機種一覧が載っているので、ルーターを持ってない人はチェックしておきましょう。
価格は楽天市場で安い機種なら4千円台で売られています。

ソネット光プラスではv6プラスに対応したルーターを使用します。

v6プラスは楽天ひかりのクロスパスと同様に、IPv6(IPoE方式)やIPv4 over IPv6での通信ができるようにするサービスのことです。

こちらは申し込み特典でv6プラス対応ルーターが無料でレンタルできます。

ルーター購入費がかからず機種選びで迷うこともありません。

月額料金

ここでは月額料金を比較します。

楽天ひかり ソネット光プラス
戸建て 5,280円 6,138円
集合住宅 4,180円 4,928円

戸建てと集合住宅のどちらも楽天ひかりの方が安いです。

ソネット光プラスは月額料金を高く設定していますが、高額なキャッシュバック特典で料金の高さをカバーする形になっています。

支払い方法

対応している支払い法は次のようになっています。

楽天ひかり ソネット光プラス
支払い方法 クレジットカード
楽天銀行デビットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

楽天ひかりの口座振替は楽天銀行を使えば手数料が無料で、その他の金融機関は1回110円です。

ソネット光プラスの口座振替手数料は1回220円です。

楽天ひかりとソネット光プラスのキャンペーン特典

ここではキャンペーン特典について解説します。

楽天ひかりのキャンペーン特典

①楽天ポイントが+2倍

楽天ひかりはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象なので、楽天ひかりの契約者は楽天市場での買い物のときにもらえるポイントが+2倍になります。

SPUで+2倍の月間獲得上限は1,000ポイントで、ポイントの有効期限は進呈日の翌月末です。

例えば、月間で5万円の買い物をするとSPUの+2倍で通常より多くもらえるポイント数は1,000ポイントとなり獲得上限に達します。

このため毎月5万円くらいの買い物をする人が最もお得です。

月間25,000円の買い物をするならSPUで+2倍の分は500ポイントになり、楽天ひかりの月額料金が実質500円安くなったのと同じことになります。

②楽天ポイント1,000ptプレゼント

楽天ひかりを初めて申し込む人には1,000円相当の楽天ポイントがプレゼントされます。

進呈時期は、開通月から数えて4か月目の月末です。

有効期限は進呈日を含めて6か月間です。

③楽天モバイルのユーザー限定で6か月間は月額料金が0円

楽天モバイルのユーザーが楽天ひかりを契約すると月額料金が6か月間は0円になります。

現在楽天モバイルを利用中の人だけでなく、これから申し込む人も対象で、楽天ひかりの申し込んだ月の翌月15日までに楽天モバイルを利用開始していることが条件です。

なお、このキャンペーンは楽天ひかりを初めて利用する人が対象です。

6か月間の割引額合計は、戸建ては31,680円、集合住宅では25,080円になります。

この特典があるため楽天ひかりは楽天モバイルのユーザーにお得な光回線です。

 

ソネット光プラスのキャンペーン特典

ソネット光プラスの申し込み特典は50,000円のキャッシュバックです。



下記のように1年後と2年後の2回に分けて受け取ります。

受け取り時期 受け取り額
1回目 利用開始から12カ月後の15日から45日間 30,000円
2回目 利用開始から24カ月後の15日から45日間 20,000円

受け取り方法は、45日間の受取期間中にマイページかSo-net会員アプリ上で口座情報を登録します。

上記の受け取り期間前に解約するとキャッシュバックはもらえません。
キャッシュバック5万円全額を受け取るには2年間は利用する必要があるので注意してください。

 

スマホとのセット割

楽天ひかりは、楽天モバイルとのセット割がないため、楽天モバイルのユーザーが楽天ひかりを利用してもスマホの料金は安くなりません。

ソネット光プラスは、auやUQモバイルのスマホとのセット割に対応しているため、ソネット光を申し込んだ後にauスマートバリューやUQmobile自宅セット割を申し込むと、スマホの月額料金が契約プランに応じて550円~1,100円割引されます。

セット割の適用を受けるにはオプションサービスのSo-net光電話(基本料月額550円)の契約も必要ですが、家の固定電話を使いたい人や1,100円割引対象のスマホプランを利用している人ならメリットがあるでしょう。

auやUQモバイルのスマホユーザーはソネット光プラスの方がお得です。

総費用の比較

楽天ひかりは新規契約の回線工事費が無料にならないため、新規契約よりも転用や事業者変更で乗り換える人の方が低コストで済み、楽天モバイルユーザーはセット契約特典でお得になります。

ソネット光プラスは、高額キャッシュバックがありますが月額料金は高いため長期利用では高コストな光回線です。

そこでここでは、転用や事業者変更で2年と3年利用した場合の特典を含めた実質的な総費用を比較します。

楽天ひかりは自分で用意するルーターの購入代は5千円で、楽天モバイルとのセット契約特典を適用させた場合とします。

楽天ひかり ソネット光プラス
契約時手数料 1,980円 3,500円
ルーター代 5,000円 0円
月額料金 戸建て 5,280円
集合住宅 4,180円
戸建て 6,138円
集合住宅 4,928円
月額料金合計 戸建て 2年 95,040円
3年 158,400円
2年 147,312円
3年 220,968円
集合住宅 2年 75,240円
3年 125,400円
2年 118,272円
3年 177,408円
中途解約の解約金 2年で解約:0円
3年で解約:
5,280円(戸建て)
4,180円(集合住宅)
2年で解約:0円
3年で解約:
4,580円(戸建て)
3,480円(集合住宅)
キャンペーン特典 6か月間は月額料金が0円
1,000円相当の楽天ポイント
50,000円のキャッシュバック
実質総費用  戸建て
2年 101,020円
3年 169,660円
2年 100,812円
3年 179,048円
 集合住宅
2年 81,220円
3年 135,560円
2年 71,772円
3年 134,388円

2年総費用は、戸建てと集合住宅のどちらもソネット光プラスの方が少ないです。
ただし戸建ての場合は差は小さいです。

3年総費用は、戸建ては楽天ひかりの方が少なく、集合住宅はソネット光の方が少ないです。

楽天ひかりは、既にクロスパス対応のルーターを持っているなら総費用は上記の金額からマイナス5千円になります。

月額料金は楽天ひかりの方が安いため、3年より長く利用し続ける場合は集合住宅でもこちらの方が低コストです。

また、楽天市場で高額な買い物をすることが多い人ならSPUでポイントが+2倍になる分も考慮すると楽天ひかりの方がお得になるケースもあります。

まとめ

楽天ひかりは、回線工事費が無料にならずルーターの無料レンタルもないため、新規契約の人に高コストです。

楽天モバイルのユーザーなら月額料金が6か月間は0円になるためお得に利用できます。

また、SPUで楽天市場での買い物が+2倍になり、毎月25,000円~50,000円の買い物をする人なら実質的に月額料金が500円~1,000円安くなるのと同じなので、長期利用でも低コストな光回線になります。

公式サイトはこちら ⇒ 楽天ひかり 

※公式サイトでキャンペーン・プレゼントのページからSPUキャンペーンのページに移動し、そこから申し込むことで1,000ポイントがもらえます。

 

ソネット光プラスは、月額料金は高いため長期利用では高コストですが、5万円の高額キャッシュバックにより2~3年の利用なら実質総費用は少なくできます。
特に2年間だけ低コストで利用したい人に適しています。

2年利用すれば回線工事費の自己負担がなくなり、Wi-Fiルーターの無料レンタルもあるため、新規契約の人にも向いています。

ただ、5万円キャッシュバックは1年後に3万円、2年後に2万円の2回に分けて受け取るようになっており、2年未満で解約すると全額を受け取れず実質総費用が高くなってしまうため、引っ越しなどで2年以内に解約するかもしれない人には向いていません。

auやUQモバイルのスマホとのセット割に対応しているため、auやUQモバイルユーザーはソネット光プラスの方がお得です。

公式サイトはこちら ⇒ 【So-net 光 コラボ】

コメント