PR

IIJmioひかりとNURO光の比較【IIJmioユーザー】

格安SIMのIIJmioのユーザーで、これから家の光回線を引く場合や現在利用中の光回線から他に乗り換えたい場合、どれを選べば良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

光回線はたくさんありますが、何を重視するかで最適なところは違ってきます。

様々な光回線を調べた結果、IIJmioユーザーにおすすめのサービスは次の2つです。

料金の安さや乗り換えのしやすさなら ⇒ IIJmioひかり
通信速度を重視するなら ⇒ NURO光

以下で各サービスを詳しく解説し最後にを比較をするのでチェックしてみてください。

セット割で安くなるIIJmioひかり

まず最初に紹介するのはIIJmioひかりです。

スマホのSIMと契約先が同じなので、どんな会社がわかっているのは安心できる点でしょう。

スマホと家の回線で契約先を一本化できてわかりやすくなるのもメリットです。

IIJmioユーザーはセット割で安くなる

IIJmioひかりを利用する最大のメリットは、「mio割」というセット割です。

IIJmioのSIMサービス利用者ならmio割によりIIJmioひかりの月額料金が毎月660円割引されます。

これの何がすごいのかは、当サイトで安い光回線として紹介している「GMOとくとくBB光」の料金と比較してみるとわかります。

IIJmioひかり GMOとくとくBB光
戸建てタイプ 5,456円
⇒割引後4,796円
4,818円
マンションタイプ 4,356円
⇒割引後3,696円
3,773円

割引後の料金では、IIJmioひかりの方が少しですが安くなっています。

IIJmioひかりの通常料金は他と比べて安くはないですが、mio割が適用されるIIJmioのユーザーだけは他の安い光回線と同水準の料金でIIJmioひかりを利用できるのです。

もし現在、家の光回線はIIJmioひかり以外のところを利用しているなら、今利用中の回線の料金とmio割適用後のIIJmioひかりの料金を比べてみてください。

契約期間と解約金

IIJmioひかりの契約期間は、最低利用期間が2年となっています。

2年以内に解約すると「最低利用期間内解除調定金」として3,000円がかかります。

他の光回線にあるような2年ごとに自動更新されるタイプではなく、最低利用期間が2年なので3年目からはいつ解約しても解約金はかかりません。

最初の2年だけ縛られますが3年目からは縛り無しになるため、2年自動更新型に比べれば利用しやすいでしょう。

乗り換えしやすいメリット

IIJmioひかりは、NTTの光回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供する「光コラボレーション」モデルのサービスです。

NTTの光回線サービス「フレッツ光」では、光回線とプロバイダーサービスを別々に契約していましたが、光コラボレーションの光回線は光コラボの事業者と契約するだけで済むため契約管理がわかりやすいうえにフレッツ光より料金は安くなる場合が多いです。

光コラボの提供エリアはフレッツ光と同じで、1ギガタイプなら全国の都道府県に対応しています。

光コラボはIIJmioひかり以外にもたくさんあり、主なところだと以下のサービスがあります。

ドコモ光 SoftBank光 楽天ひかり ビッグローブ光 So-net光 エキサイトMEC光

NTTのフレッツ光と各光コラボは使用する回線が同じなので、フレッツ光から光コラボに乗り換える場合や光コラボから別の光コラボへ乗り換える場合は回線工事が不要です。

このため、IIJmioひかりを利用してから将来別の光コラボへ乗り換えしたくなった場合でも回線工事が不要なので乗り換えがしやすいがしやすいというメリットがあるのです。

光コラボの契約種類は以下の3つがあり初期費用やキャンペーン特典が違う場合があります。

・転用 フレッツ光からの乗り換え
・事業者変更 他社の光コラボからの乗り換え
・新規契約 上記の2つ以外の場合

開通までの目安期間

申し込んでから開通工事が行われるまでの期間目安は、最短の場合で以下のようになっています。

新規契約 2週間~1か月程度
転用 10日程度
事業者変更 1週間程度

IIJmioひかりのその他の費用

初期費用

契約事務手数料は次のようになっています。

新規契約 880円
転用(フレッツ光から乗り換え) 1,980円
事業者変更(他の光コラボから乗り換え) 3,300円

Wi-Fiルーターレンタル料

Wi-Fiルーターを持ってない人には有料のレンタルサービスをが用意されており月額330円です。

2年間のレンタル料合計は7920円になりますが、通販では5千円もあればルーターを買えるため、2年以上利用するつもりなら買った方が安上がりです。

IIJmioひかりでは「transix(トランジックス)」というサービスを利用しているため、Wi-Fiルーターを購入する際はtransixに対応した機種を選びましょう。

transixは、IPv6(IPoE方式)やIPv4 over IPv6(DS-Lite方式)でのインターネット接続を実現するサービスです。

ちなみにレンタルルーターはDS-Lite接続に対応してないため、利用者が増える時間帯でも快適に利用したいなら対応ルーターを自分で購入した方が良いです。

回線工事費

新規契約の場合は回線工事ありますが、キャンペーン特典で工事費は実質無料になります。

IIJmioひかりの派遣工事費は最大で22,000円ですが、特典により20か月間は毎月1,100円割引されるため、20か月利用することで工事費全額分の割引を受けたことになり工事費が実質無料となります。

ただし20か月未満で解約して工事費全額分の割引を受けないと工事費の自己負担が発生するため、派遣工事(屋内配線新設あり)を行った場合は工事費を無料にするには20か月は利用する必要があります。

工事員の派遣が必要ない場合の工事費は3,300円で、こちらも割引で実質無料になります。

IIJmioひかりのキャンペーン特典

特典は以下の2つがあります。

  1. 月額料金が12か月間割引
  2. 15,000円分の選べるe-GIFTプレゼント(転用・事業者変更のみ)

1の特典は新規契約、転用、事業者変更のいずれの場合も対象になり、戸建てとマンションともに月間割引額は1,386円で1年分では16,632円になります。

2の15,000円分の選べるe-GIFTプレゼントは、転用と事業者変更で乗り換える人が対象です。

 

IIJmioひかりのまとめ

mio割適用後の料金では他の安い光回線と同水準なので、格安SIMのIIJmioユーザーにはIIJmioひかりはおすすめできます。

最初の2年間は契約期間の縛りがありますが、3年目以降は縛り無しになります。

新規契約の場合の回線工事費は20か月の利用で実質無料にできます。

光コラボのため将来別の光コラボへ乗り換えるときには回線工事が不要です。

転用や事業者変更なら15,000円分の選べるe-GIFTがもらえます。

詳細は公式サイトで確認してください⇒IIJmioひかり

 

速度にこだわるならNURO光

NURO光(ニューロ光)は、ソニーグループの企業ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線です。



NURO光は、NTTから「ダークファイバ―」を借り受けてプロバイダー(So-net)とセットにして提供しているサービスです。

ダークファイバーとは、敷設された光ファイバー回線のうち使用されずに余っていた回線のことで、これに自前の通信設備を組み合わせて独自回線として提供しているのです。

光コラボ各社が使っているフレッツ光とは別の回線のため、使用するのはNURO光ユーザーに限られています。

NURO光(2ギガプラン)の回線速度は下り最大2Gbpsとなっており、IIJmioひかりを含めた他の一般的な光回線の下り最大速度は1Gbpsなので2倍の回線速度です。

このためNURO光は通信速度を重視する人向けの光回線なのです。

なお、NURO光には最大速度が10Gbsの10ギガプランもありますが、現在一般的なのは1ギガタイプの光回線で、IIJmioひかりも1ギガタイプなので、この記事ではNURO光の2ギガプランを比較対象とします。

NURO光(2ギガ)の対応エリア

NURO光のデメリットは利用できるエリアが限られていることです。

現時点で対応エリアは以下のようになっています。

北海道
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
中国(広島・岡山)
九州(福岡・佐賀)

上記の対応エリアでも市区町村によっては提供エリア外の場合もあるため、住んでいる地域が提供エリアかよくわからない場合は公式サイトで確認してください。

NURO光の契約期間と解約金

NURO光は2年契約と3年契約があり、契約期間中に解約した場合の解約手数料(契約解除料)は、2年契約で3,740円、3年契約で3,850円となっています。

なお、契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間に解約すると契約解除料は発生しません。

また、3年契約は最初の3年経過後は2年ごとの自動更新になります。

NURO光の回線工事費

NURO光は光コラボと違い独自回線のため、新規と乗り換えの区別なく回線工事は必要になります。

回線工事費は44,000円となっており、他の光回線と比べて高めです。

しかし、工事費は実質無料にできます。

NURO光の工事費は下記のように分割払いになっています。

3年契約 36か月の分割払い(1か月目が1,230円、2~36か月目が1,222円)
2年契約 24か月の分割払い(1か月目が1,841円、2~24か月目が1,833円)

36か月間又は24ヶ月間は月々の分割払い額と同額が割引されるため、3年又は2年経過すると1円も負担しないまま分割払いが終わる仕組みです。

ただし、3年又は2年未満で解約すると分割払いの残りの支払い額(工事費残債)を一括で支払うことになります。

工事費残債額
3年契約 1,222円 ×(36か月-利用経過月数)
2年契約 1,833円 ×(24か月-利用経過月数)

例えば、3年契約で2年利用して解約した場合、残り12回分の支払いが残っているので工事費残債額は14,664円になります。

工事費を実質無料にするには契約期間は利用する必要があり、それ未満で解約すると工事費の自己負担額が発生する点は理解しておきましょう。

NURO光の解約金は特典で無料ですが、最初だけは工事費によって実質3年又は2年縛りなのです。

回線撤去費用

NURO光は解約時に回線設備を撤去するかは任意ですが、撤去を希望する場合の撤去費用は11,000円です。

持ち家なら回線を撤去せずに残しておけば費用はかかりませんが、賃貸住宅でオーナーに許可を取って回線を引いた場合、退去時の原状回復義務により撤去を求められる可能性もあります。

撤去が必要か残しておいて良いかはオーナーか管理会社に確認しておきましょう。

開通までの期間が長い

NURO光は申し込んでから回線工事が完了して使えるようになるまでの期間の目安は次のようになっています。

戸建て 1~2か月程度
集合住宅 2~3か月程度

なお、一部地域では工事状況によってさらに1~2か月程度かかる場合もあるそうです。

ちなみに上で紹介したIIJmioひかりでは申し込みから工事日まで目安は2週間~1か月後なので、NUROひかりの工事完了までの期間は長いことがわかります。

NURO光では宅内工事と屋外工事の2回に分けて行われるため、工事完了までの期間が長くなってしまうのです。

NURO光の初期費用と月額料金

契約事務手数料は3,300円です。

Wi-Fiルーターは無料でレンタルできるため自分で用意する必要がありません。

月額料金は、3年契約で5,200円、2年契約で5,700円となっています。

戸建てと集合住宅で同額の料金です。

IIJmioひかりより高いですが、こちらは下り最大2ギガの回線なので妥当な水準といえます。

3年契約の方が料金は安いため利用するなら3年契約の方がお得です。

ただし、工事費分割払いが終わるまで3年かかることは覚えておきましょう。

NURO光のキャンペーン特典

NURO光は申し込み特典で60,000円キャッシュバックがもらえます。

この高額キャッシュバックを踏まえて3年間の総費用で考えると結構安くなります。

なお、60,000円のキャッシュバックがもらえるのは、公式サイトの通常の申し込みページではなく限定特典ページなので注意してください。

こちらのページです ⇒ NURO 光

NURO光のまとめ

下り最大速度が2Gbpsという高速通信が強みの光回線です。

提供エリアは限定されています。

回線工事費は実質無料にできますが、分割払い期間が終わる前に解約したときは自己負担額が発生します。

解約したときに回線を撤去を希望する場合の費用は11,000円です。

開通までの期間は光コラボより長いので覚悟しておきましょう。

月額料金は戸建てと集合住宅共通で金額は高めですが、下り最大2ギガタイプなので仕方ないです。
2年契約よりも3年契約の方が料金は安いです。

申し込み特典として60,000円のキャッシュバックがあります。

NURO光は料金の安さよりも通信速度を重視する人におすすめの光回線です。

公式サイト⇒NURO 光

 

IIJmioひかりとNURO光の比較

最後にIIJmioひかりとNURO光の違いを比較表にまとめます。

IIJmioひかり NUROひかり
使用回線 フレッツ光の回線 ダークファイバー回線
回線最大速度 下り 1Gbps
上り 1Gbps
下り 2Gbps
上り 1Gbps
提供エリア 全国の都道府県 北海道
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
中国(広島・岡山)
九州(福岡・佐賀)
回線工事費 戸建て 19,800円
集合住宅 16,500円
⇒20か月利用で実質無料
44,000円
⇒2年又は3年利用で実質無料
回線撤去費用 無料 希望する場合は11,000円
開通までの期間目安 新規契約 2週間~1か月程度
転用 10日程度
事業者変更 1週間程度
戸建て 1~2か月程度
集合住宅 2~3か月程度
契約期間
解約金
2年(最低利用期間)
3,000円
2年 3,740円
3年 3,850円
契約事務手数料 新規契約 880円
転用 1,980円
事業者変更 3,300円
3,300円
Wi-Fiルーターレンタル料 330円 0円
月額料金 戸建て 5,456円
集合住宅 4,356円
mio割適用後
戸建て 4,796円
集合住宅 3,696円
3年契約 5,200円
2年契約 5,700円
キャンペーン特典 ・月額料金が12か月間1,386円割引

・15,000円分の選べるe-GIFT(転用・事業者変更)

キャッシュバック60,000円
3年利用の実質総費用 戸建て

新規契約 161,904円
転用 148,004円
事業者変更 149,324円


集合住宅

新規契約 122,304円
転用 108,404円
事業者変更 109,724円

3年契約
130,500円

回線最大速度は、下りはNURO光の方が速いです。上りは同じです。

利用できるエリアは、IIJmioひかりは全国に対応してますが、NURO光は未対応の地域があります。

回線工事費は、どちらも特典割引により一定期間利用することで実質無料になります。

NURO光は回線設備の撤去を希望する場合は撤去費用11,000円かかる点は覚えておきましょう。

開通までの期間は、NURO光の方が長いです。

契約期間は、IIJmioひかりは最低利用期間が2年のため3年以降はいつ解約しても解約はかかりません。
NURO光は2年と3年の自動更新型のため、無料で解約できるのは2年又は3年ごとにある3か月間の更新期間中です。

契約事務手数料は、IIJmioは新規契約と転用の場合は安いです。

Wi-Fiルーターのレンタル料は、mioひかりは月額330円で、NURO光は無料です。
IIJmioはtransixに対応しているWi-Fiルーターを自分で用意して使えばレンタル料はかかりません。

月額料金は、集合住宅ではIIJmmio光の方が安く、戸建てではNURO光(3年契約)の方が安いですが、mio割を適用した場合は戸建てでもIIJmioひかりの方が安いです。

キャンペーン特典は、IIJmioひかりは月額料金から1,386円を12か月間割引され、割引額合計は16,632円になります。

この他にIIJmioのギガプラン音声SIM・音声eSIMの利用者なら、新規契約は20,000円分、転用や事業者変更は35,000円分の選べるe-GIFTがプレゼントされます。

NURO光は、60,000円のキャッシュバックがあります。

3年間利用した場合の総費用の計算式は以下の通りです。

3年実質総費用=(工事費+解約金+月額料金36か月分+契約事務手数料+Wi-Fiルーター費用)ーキャンペーン特典

なお、IIJmioひかりのルーター費用は、レンタル料は月額330円で3年利用する場合は買った方が安上がりのため、ここでは5,000円でルーターを購入した場合としました。

IIJmioひかりは自分のWi-Fiルーター(transix対応)を持っている場合は上記の総費用からマイナス5,000円となります。

計算の結果、3年実質総費用は、戸建てはNURO光、集合住宅はIIJmioひかりの方が少ないことがわかりました。

NURO光は6万円のキャッシュバックがあるため、最初の一定期間の実質総費用は少なくできます。

IIJmioひかりの方が月額料金が安いため、長く利用するほどこちらの方が低コストになります。

以上から、どちらが向いているかは次のようになります。

IIJmioひかりが向いている人

  • 通信速度よりも費用の安さを重視する
  • 少なくとも2年間は利用できる
  • 3年目以降は契約期間の縛りが無い方が良い
  • 開通時期が早い方が良い

公式サイトはこちら ⇒ IIJmioひかり

 

NURO光が向いている人

  • 費用の安さより通信速度を重視する
  • 自分のWi-Fiルーターを持ってない
  • 少なくとも3年間は利用できる
  • 開通するまでの期間が長くても構わない

公式サイトはこちら ⇒ NURO 光

コメント