PR

ドコモ光とIIJmioひかりの比較【セット割で安くなる光回線】

ドコモ光はドコモのスマホとのセット割でお得になる光回線で、IIJmioひかりは格安SIMのIIJmioユーザーは料金が割引されて安く利用できる光回線です。

このため、基本的にはスマホのSIMがドコモの人はドコモ光、IIJmioの人はIIJmioひかりを利用するのがおすすめです。

しかし、ドコモのセット割を適用できるのが自分一人だけでメリットがあまり無い場合などで格安SIMへの乗り換えを考えている人もいるかもしれません。

また、新しく始まったドコモのプラン「irumo(イルモ)」を使いたい人は、家のネット回線はセット割が適用できるドコモ光が候補になるでしょう。

今回はドコモ光とIIJmioひかりを比較し違いをまとめたので、どちらにするか迷っている人は参考にしてください。

スマートフォンと光回線のセット割イメージ

使用回線とサービス運営元について

使用回線

どちらもNTTのフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供する「光コラボレーション」と呼ばれるサービスです。

NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光は全国の都道府県に対応しているため、光コラボも全国で利用できます。

光コラボは他にもたくさんありますが回線は同じなので、利用中の光コラボから別の光コラボへ乗り換えるときは回線工事が不要というメリットがあります。

サービス運営元

ドコモ光は、大手携帯キャリアの(株)NTTドコモが提供する光回線サービスです。

ドコモ光はタイプAとタイプBがありタイプAの方が料金が安く設定されているため、タイプAを選んでおけばOKです。

ドコモ光は複数のプロバイダーから利用先を選べますが、料金や契約期間などの条件はどのプロバイダーでも同じです。
違っているのはWiFiルーターレンタルなどの付加サービスや各プロバイダーごとに設定しているキャンペーン特典です。

そして、この記事ではドコモが運営しているプロバイダーの「OCNインターネット」を取り上げます。
こちらはドコモが提供しているプロバイダーのため契約先を1本化できるほか、後で説明しますが特典内容が充実しているからです。

OCN インターネット

ドコモ光は最大通信速度が1ギガと10ギガのタイプがありますが、現在一般的に普及しているのは1ギガの光回線で、ほとんどの用途では1ギガで十分対応できます。
IIJmioひかりは1ギガタイプのみなので、これに合わせてドコモ光も1ギガタイプの条件を記載します。

 

IIJmioひかりは、(株)インターネットイニシアティブが提供する光回線サービスです。

IIJmioはIIJの個人向けインターネットサービスのことで、格安SIMのIIJmioを知っている人もいるのではないでしょうか。

IIJは1993年に国内初となるインターネット接続サービスを開始した老舗プロバイダーです。

IIJのサービスは官公庁や大手企業を中心に約13,000社の法人に導入されていることから品質と信頼性の高さが特長です。

契約期間と解約金

契約期間と中途解約した場合の解約金は下記のようになっています。

ドコモ光 IIJmioひかり
契約期間 2年(自動更新) 2年(最低利用期間)
解約金 戸建て:5,500円
集合住宅:4,180円
3,000円

ドコモ光の契約期間は2年間で、解約しなければ2年経過後に自動更新されます。

2年ごとにある契約満了月の当月、翌月、翌々月の3か月間に解約すれば解約金は無料ですが、それ以外の月に解約すると上記の解約金が発生します。

IIJmioひかりは、最低利用期間が2年となっているため2年以内の解約では「最低利用期間内解除調定金」として3,000円支払うことになりますが、2年経過後はいつでも無料で解約ができます。

契約期間
ドコモ光 ⇒ 2年縛り
IIJmioひかり ⇒ 2年使えば縛り無しになる

 

初期費用と回線工事費

次に各サービスの初期費用と回線工事費を比較していきます。

契約事務手数料

契約時の事務手数料は次のようになっています。

ドコモ光 IIJmioひかり
契約事務手数料 3,300円 新規契約 880円
転用 1,980円
事業者変更 3,300円

IIJmioひかりの方は、契約種類によって事務手数料の金額が違っています。

光コラボの契約種類は以下の3タイプがあります。

フレッツ光からの乗り換え ⇒ 転用
他社の光コラボからの乗り換え ⇒ 事業者変更
上記以外 ⇒ 新規契約

auひかりやNURO光、電力系光回線はフレッツ光とは別の回線を使っているため新規契約となります。

契約事務手数料
ドコモ光 ⇒ 3,300円
IIJmioひかり ⇒ 新規契約は880円、転用は1,980円、事業者変更は3,300円

Wi-Fiルーターのレンタルサービス

どちらもWiFiルーターのレンタルサービスがあります。

ドコモ光 IIJmioひかり
Wi-Fiルーターのレンタル料 無料 月額330円

ドコモ光はプロバイダーのOCNインターネットのサービスでWi-Fiルーターが無料でレンタルできます。

OCNインターネットのレンタルサービスの契約期間は1年となっており、1年以内にドコモ光を解約した場合は返却が必要ですが、1年後には所有権が譲渡されるため返却は不要になります。1年使えばプレゼントされるわけです。

 

IIJmioひかりは、Wi-Fiルーターを持ってない人向けに有料のレンタルサービスが用意されており月額330円で利用できます。

オプションサービスの光電話を使わない場合は無線LANルーター、光電話を使う場合は光電話機能が付いたホームゲートウェイをレンタルします。

月額330円の有料レンタルの場合、2年間のレンタル料合計は7920円になるため、2年以上は利用する予定なら自分で購入した方が安上がりです。

IIJmioひかりでは「transix(トランジックス)」というサービスを利用しているため、Wi-Fiルーターを購入する際はtransixに対応した機種を選ぶことになりますが、ネット通販では5千円もあれば購入できます。

簡単に説明すると、transixは新しい接続方法の「IPv6(IPoE方式)/IPv4 over IPv6(DS-Lite方式)」によってフレッツ光の回線における混雑しやすいポイントを避けて通信ができるサービスです。
これを利用することで利用者が増える時間帯でも速度が低下しにくい通信を実現できます。

なお、レンタルできるルーターはIPv4 over IPv6(DS-Lite方式)での接続に対応してないため、利用者が増える時間帯でも快適に利用したいなら対応ルーターを自分で購入した方が良いです。

Wi-Fiルーター
ドコモ光 ⇒ OCNインターネットなら無料レンタルでき1年後にはプレゼントされる
IIJmioひかり ⇒ 月額330円のレンタルか自分でtransix対応機種を購入

 

回線工事料は無料にできる

ドコモ光とIIJmioひかりは、NTTのフレッツ光か他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要ですが、それ以外のケースでは回線工事をすることになります。

ただし、どちらも特典で工事費は無料にできます。

ドコモ光の回線工料は特典により無料です。一定期間利用するといった縛りもありません。

IIJmioひかりでは、特典により20か月間は1,100円が割引されるため工事費は実質無料になります。

工事費は派遣工事(屋内配線新設あり)の場合で22,000円ですが、20か月利用すると工事費全額分の割引を受けたことで自己負担額は0円となる仕組みです。

ただし、20か月未満で解約した場合は割引を満額受けられず工事費の自己負担が発生するため、派遣工事になる人は注意してください。

無派遣工事の工事費は3,300円なので3か月利用すれば実質無料となります。

ドコモ光とIIJmioひかりのどちらも土日祝日や夜間に工事した場合の追加工事料、その他の追加工事が必要だった場合の工事料、オプションサービスの工事料は特典対象になりません。
特典で無料になるのは基本工事料ですが、平日昼間に工事をして追加工事は必要なく光電話や光テレビを利用しないケースなら工事費は無料にできます。

月額料金とスマホとのセット割

続いて、各サービスの月額料金とスマホとのセット割について解説します。

月額料金と支払い方法

月額料金は次のようになっています。

ドコモ光 IIJmioひかり
戸建て 5,720円 5,456円
集合住宅 4,400円 4,356円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード

月額料金はIIJmioひかりの方が少し安いです。

戸建てタイプで264円、マンションタイプでは44円の違いです。

支払い方法は、ドコモ光はクレジットカードのほか口座振替にも対応してますが、IIJmioひかりはクレジットカードのみです。

 

ドコモ光のセット割

ドコモのスマホユーザーがドコモ光をセットで契約すると「ドコモ光セット割」によりスマホの月額料金がプランに応じて550円~1,100円割引されます。

ドコモ光セット割は、ドコモ光の契約者本人だけでなく、同居している家族や三親等以内の家族なら離れて暮らす家族も含めて最大20回線まで割引することができるため、ドコモユーザーの家族が多いほどお得になります。

割引対象になるのはギガプランのほか、新しく始まったirumo(0.5GB以外)やeximoも対象になっています。

このセット割によりスマホと家の回線を合わせた通信費を安くすることができます。

IIJmioひかりのセット割

IIJmioのSIMサービスの利用者がIIJmioひかりを契約すると、「mio割」によりIIJmioひかりの月額料金が660円割引されます。

手続きは不要で、同一の「mioID」でIIJmioひかりとSIMサービスを契約すると両サービスの利用開始後から自動的にmio割が適用されます。

IIJmioウェルカムパックや音声通話パック、選べるSIMも対象になります。

セット割適用後の料金比較

それでは、セット割を適用した場合のスマホと光回線の料金の合計額を比較してみましょう。

ここでは安い料金プランとして、ドコモはirumoの3GBプラン、IIJmioは音声SIMの2ギガプランを比較対象とします。

ドコモ光 IIJmioひかり
光回線
月額料金
戸建て 5,720円
集合住宅 4,400円
戸建て 5,456円
集合住宅 4,356円
スマホSIM
月額料金
irumo(3GB)
2,167円
音声SIM(2GB)
850円
セット割額 1,100円 660円
スマホ+光回線
月額料金合計
戸建て 6,787円
集合住宅 5,467円
戸建て 5,646円
集合住宅 4,546円

セット割適用後のスマホの月額料金と光回線の月額料金の合計額は、IIJmioひかりの方が安いという結果になりました。

ドコモの方がSIMプランの料金が高いことが影響しています。
irumoは3GBでIIJmioは2GBですが、IIJmioは5ギガプランにした場合でも月額料金は140円増えるだけなので結果は同じです。

やはり月額料金の安さという点では格安SIMのIIJmioが有利です。

月額料金はIIJmioひかりの方が少し安い。
ドコモはセット割でスマホの料金が安くなっても格安SIMのIIJmioの料金の方がさらに安いため、スマホと光回線の月額料金合計額もIIJmioの方が安い。

通信速度の違い

料金はIIJmioの方が安いですが、通信速度では携帯キャリアであるドコモのSIMの方が優れています。

速度レベルの違いは、みんなのネット回線速度というサイトが参考になります。

それによるとドコモとIIJmioの速度は次のようになっていました。

時間帯 ドコモ IIJmio
下り 112.31Mbps
上り 13.94Mbps
下り 67.72Mbps
上り 13.35Mbps
下り 105.97Mbps
上り 12.25Mbps
下り 16.22Mbps
上り 10.37Mbps
夕方 下り 140.04Mbps
上り 16.62Mbps
下り 45.94Mbps
上り 9.69Mbps
下り 79.77Mbps
上り 10.72Mbps
下り 51.46Mbps
上り 11.96Mbps

(引用元:みんなのネット回線速度 時間帯別の平均速度 直近3カ月)

全体的に見て、下り速度はドコモ方が大幅に速いですが、IIJmioの速度はスマホでの利用なら十分な水準です。

格安SIMは利用者が増える昼休みの時間帯に速度が低下する傾向があり、IIJmioでも下り速度が落ち込んでいることがわかります。

10Mbps以上出ていればWEBサイトを見たりSNSを利用したり標準画質の動画を見るといった用途なら問題なく使えますが、昼休みの時間帯も高速で利用したいならドコモのSIMを使うのが無難です。

現在IIJmioか他の格安SIMを使っていて速度で不満を持ってないなら、この点は問題ないでしょう。

キャンペーン特典の比較

ここからは各サービスの申し込み特典を比較します。

ドコモ光 IIJmioひかり
①OCNインターネット特典
キャッシュバック
新規契約・事業者変更:37,000円
転用:32,000円
①月額料金を12か月間割引

②15,000円分の「選べるe-GIFT」プレゼント(転用・事業者変更のみ)

②ドコモ光公式特典
dポイント(期間・用途限定)
2,000ptプレゼント
③OCNオンラインショップ特典
3,001円以上の買い物と同時にドコモ光の申し込みで3,000円還元

ドコモ光の特典

ドコモ光はOCNインターネットの特典でキャッシュバックがあり、新規契約・事業者変更は37,000円、転用は32,000円です。

これに加えてドコモ光公式特典として、dポイント(期間・用途限定)が2,000ポイントプレゼントされます。
dポイント(期間・用途限定)は通常のdポイントと異なり有効期限は進呈月を含む6か月で、一部の用途では利用できませんがdマーケットやd払いには使用できます。

特典の詳細と受け取り条件は公式サイトをチェックしてください ⇒ OCN インターネット

さらに、PCや家電製品などを販売しているOCNオンラインショップで3,001以上の買い物をしてからドコモ光とOCNインターネットに申し込むと現金3,000円を還元してくれる特典もあるため、何か買いたいものがあれば、OCNオンラインショップで買い物をしてから申し込むのがお得です。

IIJmioひかりの特典

IIJmioひかりのキャンペーン特典は、全員が対象になるのが1年間の月額料金割引です。
割引額は戸建てとマンションともに1,386円で12か月分だと16,632円になります。

転用と事業者変更の人には15,000円分の「選べるe-GIFT」プレゼントもあります。
選べるe-GIFTはアマゾンギフト券やWebMoneyなどの電子マネーに交換できます。

特典の詳細と受け取り条件は公式サイトをチェックしてください⇒ IIJmioひかり

 

まとめ

最後にドコモ光とIIJmioひかりの違いをまとめます。

ドコモ光 IIJmioひかり
契約期間
解約金
2年(自動更新)
戸建て:5,500円
マンション:4,180円
2年(最低利用期間)
3,000円
契約事務手数料 3,300円 新規契約 880円
転用 1,980円
事業者変更 3,300円
Wi-Fiルーター 無料レンタル
(1年後にプレゼント)
月額330円レンタル
又は
自分で購入
月額料金 戸建て 5,720円
集合住宅 4,400円
戸建て 5,456円
集合住宅 4,356円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
回線工事費 特典で無料 一定期間利用で実質無料
スマホとのセット割 550円~1,100円割引
660円割引
特典 ①キャッシュバック
新規契約・事業者変更:37,000円
転用:32,000円
②dポイント(期間・用途限定)
2,000ptプレゼント
③OCNオンラインショップでの3,001円以上の買い物で3,000円還元
①月額料金1年割引(年間16,632円)
②15,000円分の「選べるe-GIFT」(転用・事業者変更のみ)

通常の月額料金だけでなくセット割を適用した場合のスマホと光回線の月額料金合計でもIIJmioの方が安いです。

このことから長期視点で通信費を抑えたいならIIJmioの方が良いでしょう。

ただし格安SIMのIIJmioは速度では携帯キャリアのドコモに及ばないため、その点は妥協する必要があります。

ドコモ光はルーターは無料レンタルでき1年後にはプレゼントされるのもポイントです。

申し込み特典でお得になる金額はドコモ光の方が多いです。

以上より、どちらがおすすめかは次のようになります。

ドコモ光がおすすめの人

  • ドコモのスマホユーザー
  • スマホの通信速度は速い方が良い
  • 家族もドコモのスマホを使っていて乗り換える予定はない
  • 契約期間は2年縛りでも構わない
  • 口座振替で支払いたい

ドコモ光(OCNインターネット)の公式サイトはこちら↓

3,001円以上の買い物をしてから申し込む人はこちら ⇒ OCN オンラインショップ

IIJmioひかりがおすすめの人

  • IIJmioのSIMを利用している
  • これから格安SIMのIIJmioに乗り換えたい
  • スマホの通信速度より料金の安さを優先したい
  • 2年利用した後は他の光コラボに乗り換えるかもしれない
  • クレジットカードを持っている

公式サイトはこちら↓

コメント