PR

auひかり5ギガとNURO光2ギガの比較【高速な光回線】

auひかりホームは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリアでは5ギガ・10ギガのタイプが利用できます。

5ギガ・10ギガタイプの月額料金は、1ギガタイプの料金に高速サービス利用料として5ギガは550円、10ギガは1,408円を追加した金額になっています。

しかし、どちらも「超高速スタートプログラム」により料金プランが「ずっとギガ得プラン」なら36か月間は550円割引されるため、5ギガなら3年間は1ギガと同じ料金で利用できるのです。

さらに、auやUQモバイルのスマホとのセット割の「auスマートバリュー」や「UQモバイル自宅セット割」が適用される人なら37カ月目以降も550円割引続くため、ずっと1ギガの料金で5ギガを利用できるというメリットがあります。

このため、auひかりの5ギガ・10ギガ対応エリアに住んでいるau、UQモバイルユーザーはauひかりホーム5ギガを利用するのがお得です。

一方、高速通信の光回線として知られるNURO光には2ギガと10ギガのタイプがあり、東京、神奈川、埼玉、千葉はNURO光の提供エリアになっているため、自宅がauひかりホーム5ギガとNURO光の両方が提供エリアの場合、どっちを利用しようか迷うこともあるでしょう。

この記事では、auひかりホーム5ギガ(ずっとギガ得プラン)とNURO光2ギガ(3年契約)を比較するので参考にしてください。

使用回線の違い

まず、使用する回線について解説します。

auひかりホーム5ギガはKDDIの独自回線で提供される光回線サービスです。

回線速度は1ギガ、5ギガ、10ギガの3タイプがあります。

auひかりの説明

回線をインターネットに接続するプロバイダーは8社から選択でき、料金や契約期間などのサービス条件に違いはないため、各プロバイダーで独自に設定している割引やキャッシュバックといった特典を比較して選ぶことになります。

 

NURO光は、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線サービスです。

NURO光の説明

NURO光は、NTTから借り受けたダークファイバーを使用する独自回線で通信をします。

ダークファイバーとは敷設された光ファイバーのうち使用されずに余っていた回線のことです。
使用するのがNTTの光ファイバーといってもフレッツ光とは別の回線です。

auひかりを含めて他の光回線の標準的なプランの回線速度は下りは最大1Gbpsですが、NURO光では下り最大2Gbpsの光回線となっています。

NURO光はプロバイダー(So-net)がセットになったサービスなので、プロバイダーを選ぶ必要はありません。

フレッツ光の回線を使用する光コラボレーションの光回線はたくさんあるためフレッツ光の回線で通信するユーザーは多いですが、auひかりやNURO光の独自回線を使用するのは各サービスのユーザーに限られるため、比較的混雑しにくく速度水準が高いという特長があります。

このため、auひかりとNURO光は通信速度を重視する人に適した光回線なのです。

回線工事費と開通時期

回線工事費

回線工事費は次のようになっています。

auひかりホーム5ギガ
ずっとギガ得プラン
NURO光2ギガ
3年契約
回線工事費 41,250円 44,000円
分割払い額・割引額 初月 1194.6円
2~35か月目 1178.1円
1か月目 1,230円
2~36か月目 1,222円

回線工事費はauひかりは35か月、NURO光は36か月の分割払いになっており、それぞれ分割払い期間中は毎月分割払い額が割引されるため、どちらも3年利用すれば工事費は実質無料にできます。

その代わり、3年未満で解約すると工事費の残りの分割払い額(工事費残債)を一括で支払うことになります。

工事費の自己負担を無料にするために3年間は利用する必要があることは覚えておきましょう。

開通までの期間目安

申し込んでから回線工事が行われて開通するまでの期間の目安は以下のようになっています。

auひかりホーム NURO光
開通時期目安 1~2か月程度 戸建て 1~2か月程度
集合住宅 2~3か月程度

auひかりはエリアの設備・施工状況などによってはさらに期間が長くなる場合があります。

NURO光では宅内工事と屋外工事の2回に分けて行われるため、他の光回線と比べて開通するまでの期間が長くなります。
特に集合住宅の部屋に直接NURO光を導入するケースでは、開通までに早くても2か月かかります。

auひかり5ギガとNURO光2ギガの料金比較

契約期間と解約金

auひかりホーム5ギガの料金が550円割引されるのは3年契約の「ずっとギガ得プラン」にした場合です。

NURO光は2年契約もありますが月額料金は3年契約の方が安いため、この記事では3年契約を比較対象とします。

auひかりホーム5ギガ
ずっとギガ得プラン
NURO光2ギガ
契約期間 3年 3年
中途解約時の解約金 4,730円 3,850円

どちらも3年縛りで、契約満了月から翌々月の3か月間に解約すれば解約金は無料です。

解約金額はauひかりの方が高めです。

初期費用

初期費用としてどちらも契約事務手数料の3,300円がかかります。

どちらもONU(回線終端装置)とルーターが一体になったホームゲートウェイがレンタルでき、レンタル料は無料です。

ただ、auひかりのホームゲートウェイは無線LAN機能の利用料が550円かかるため、Wi-Fiを使うなら月額550円の費用がかかります。

しかし、auスマートバリューやUQmobile自宅セット割の適用を受けると無線LAN機能の利用料が無料になるため、auやUQモバイルのユーザーならこの点は気にする必要がないです。

 

月額料金

月額料金は以下のようになっています。

auひかりホーム5ギガ
ずっとギガ得プラン
NURO光2ギガ
3年契約
月額料金 1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
5,200円

auひかり5ギガは「超高速スタートプログラム」で割引後の料金です。

回線速度の違いが料金に反映されておりauひかり5ギガの方が少し高い月額料金となっています。

ただ、auやUQモバイルのユーザーは、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割によりスマホの月額料金が毎月550円~1,100円割引されるため、スマホと家のネット回線を合わせた毎月の通信費はauひかり5ギガを選んだ方が安くできます。

NURO光は、SoftBankのスマホとのセット割「おうち割光セット」に対応しており、こちらもスマホの料金プランに応じて550円~1,100円の割引を受けられるため、ソフトバンクのスマホユーザーはNURO光を選んだ方が低コストになります。

au・UQモバイル、ソフトバンクのスマホセット割は家族も含めて最大10回線まで割引できるため、割引対象者が多ければさらにお得です。

 

通信速度に強いこだわりがあり将来的には10ギガタイプの利用も考えているなら、10ギガの料金も知っておいた方が良いです。

auひかりホーム10ギガ
ずっとギガ得プラン
NURO光10ギガ
月額料金 1年目 6,468円
2年目 6,358円
3年目以降 6,248円
5,700円

auひかり10ギガは「超高速スタートプログラム」で割引後の料金です。

どちらも回線速度は最大10Gbpsですが、料金はNURO光の方が安いです。

auひかり以外の光回線の10ギガタイプと比べてもNURO光10ギガの料金は安いです。

このため、10ギガの光回線を低コストで利用したいと考えているならNURO光10ギガが良いでしょう。

NURO光では2ギガプランを1年以上利用した後は、2ギガプランの工事費残債、契約解除料、10ギガの契約事務手数料といった移行費用無しで10ギガプランに変更できるようになっています。

 

光電話の月額基本料

auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割、ソフトバンクのおうち割光セットを適用させるには光電話の契約も必要なので、回線の月額料金とは別にかかる光電話の月額基本料も考慮しましょう。

auひかり電話 NURO光でんわ
光電話基本料 550円 北海道・東北・関東 550円
東海・関西・中国・九州 330円

NURO光でんわは東海地方より西のエリアの料金が少し安くなっていますが、auひかり5ギガ対応エリアの関東は月額550円でauひかり電話と同額です。

auひかり電話は、料金プランがずっとギガ得プランなら特典により35カ月間は基本料が割引されます。(初月は日割り料金です。)
これにより19,250円も費用が浮くことになります。

また、NURO光では最初に光電話の開通工事費として3,300円もかかります。

このため光電話についてはauひかりの方が低コストです。

回線撤去費用

auひかりホームとNURO光ともに解約したときに回線設備(引き込み線、光コンセント等)を撤去するかどうかは任意です。

回線設備を残しておけば費用はかかりませんが、撤去を希望する場合は以下の撤去工事費がかかります。

auひかりホーム NURO光
回線撤去工事費 31,630円 11,000円

撤去工事費はauひかりホームの方が2万円以上高いです。

ただ、光回線の中には乗り換え時の他社の回線撤去費用を還元してくれる特典を用意しているところもあるため、乗り換えるときに回線撤去費用を負担したくない場合はこうした光回線を選ぶ方法もあります。

なお、NUROひかりでも乗り換えの人向けに他社の解約金を還元する特典が用意されていますが、回線撤去費用は対象外です。
例えば、auひかり5ギガを利用して将来NURO光10ギガへ乗り換える場合では、解約時にauひかりの回線を撤去すると31,630円の自己負担が発生します。

キャンペーン特典の比較

申し込み特典

auひかりの回線撤去費用は高いですが、それをカバーするほどの高額キャッシュバック特典が用意されています。

プロバイダーごとに申し込み特典は違っていますが、ここではGMOとくとくBBの特典を記載します。

auひかり
(GMOとくとくBB)
NURO光
申し込み特典 キャッシュバック
光電話あり 82,000円
光電話なし 72,000円
キャッシュバック
45,000円

auひかりは光電話を使うならNURO光より37,000円も多くもらえます。

たくさんある光回線の中でもauひかりのキャッシュバック特典は特に高額なのです。

この点を踏まえれば、解約時に回線撤去費用が発生することになっても納得ができるのではないでしょうか。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り時期は2回に分かれています。
回線開通月を含む11ヶ月目と23カ月目にGMOとくとくBBの基本メールアドレス(プロバイダーメールアドレス)宛に特典の案内メールが届くので、これに従って受け取り手続きをした日の翌月末日(営業日)です。

キャッシュバックを満額受け取るには2年間は利用する必要がありますが、ずっとギガ得プランは3年契約なので3年は利用するつもりなら問題ないでしょう。

NURO光のキャッシュバックは、利用開始後の11か月目に受け取り手続きの案内メールが届き、マイページ上で受け取り口座を指定します。

この他に、auひかりを申し込んでからauスマートバリューかUQmobile自宅セット割を申し込む人には、au PAY残高を最大10,000円還元特典もあります。
これは
auひかり電話も契約してずっとギガ得プランにすることが条件です。
特典の申請受付の1か月後から10か月間はau PAY残高1,000円がチャージされるため最大10,000円の還元となります。

他社の解約金還元特典

auひかりとNURO光のどちらも、乗り換え時に発生する他社回線の解約金を還元してくれる特典を用意しています。

auひかり NURO光
還元額 最大3万円 最大6万円
対象解約金 解約違約金・工事費残債・端末代残債・NTT加入電話工事費・番号ポータビリティ手数料 解約違約金・工事費残債・テレビアンテナ設置費用・モバイルルーター機器残債

乗り換えの場合で他社の解約金が3万円より多いならNURO光の方が自己負担を少なくできます。

auひかりの還元特典を受けるには、auひかり電話も契約し料金プランはずっとギガ得プランにすることが条件です。

また、auひかりは還元特典の対象になる他社回線が下記のように指定されているので注意してください。

固定回線
auスマートバリュー対象の光回線やKDDIが指定するケーブルテレビの固定回線サービス以外
モバイル回線
ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、ヤフー、nuroモバイルが提供するホームルーターやモバイルルーター

固定回線はauスマートバリューに対応していない光回線が還元対象です。

還元方法は、1万円はau PAY残高へのチャージ(できない場合は郵便為替)で行われ、2万円は月額料金からの差し引き(1,000円×最大20か月)で行われます。

NURO光は現金キャッシュバックで還元されます。

どちらも特典を受けるには解約金が発生したことを証明できる書類(明細書や請求書など)の提出が必要になるので用意しておきましょう。

3年利用した場合の実質総費用

auひかりホーム5ギガとNURO光2ギガで、キャッシュバック特典も踏まえたうえで3年間利用した場合の実質的な総費用を比較します。

auひかりのプロバイダーにGMOとくとくBBを選んだ場合です。

auひかりホーム5ギガ
ずっとギガ得プラン
NURO光2ギガ
3年契約
契約事務手数料 3,300円 3,300円
ホームゲートウェイ
レンタル料
0円 0円
契約解除料 0円 0円
回線工事費 3年利用で実質無料 3年利用で実質無料
月額料金 1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
5,200円
3年分の月額料金合計 192,390円 187,200円
光電話
開通工事費
0円 3,300円
光電話基本料金
(3年合計額)
550円
(特典割引で初月の日割りのみ)
東日本 550円
(19,800円)
キャッシュバック特典 光電話あり 82,000円
光電話なし 72,000円
60,000円
実質3年総費用 光電話あり 111,690円
光電話なし 121,690円

光電話あり 153,600円
光電話なし 130,500円

どちらも3年契約で3年利用後に解約する前提なので契約解除料は無料です。

auひかりのホームゲートウェイは無線LAN機能利用料が月額550円ですが、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割の適用者はこれが無料になります。
au・UQモバイルユーザー以外でホームゲートウェイのWi-Fi機能を利用する場合は月額550円かかるので上記の3年総費用に19,800円が加算されます。

auひかり電話の基本料は、特典割引により35カ月間は毎月550円が割引されるため最初の3年間で負担するのは初月の日割り額のみです。日割り額は利用開始日によって異なるため上記の総費用には算入していません。

比較の結果、3年利用の実質総費用はauひかり5ギガの方が安いことがわかりました。

月額料金はauひかり5ギガの方が高いですが、82,000円の高額キャッシュバックと光電話の基本料が3年間無料になることが要因です。

解約時に回線を撤去するとして双方に回線撤去工事費を加算しても、auひかり5ギガの方が実質総費用は安いです。

auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割の適用を受ける人なら10か月利用すれば、au PAY残高1万円が受け取れるためさらにお得です。

auひかり5ギガはauやUQモバイルのユーザー以外の人の場合、4年目以降は割引が終了して月額料金が550円高くなるので、そのタイミングで継続するかを判断することになるでしょう。

まとめ

auひかり5ギガは、auやUQモバイルのスマホとのセット割を適用させる人ならずっと1ギガプランの料金と同額で利用できるため、この光回線が最適なのはauやUQモバイルのユーザーです。

セット割の適用者は特典でau PAY残高1万円ももらえるほか、スマホの月額料金が割引されるメリットもあります。

au・UQモバイルユーザー以外の人の場合、1ギガタイプと同料金で利用できるのは3年間限定ですが、特典で光電話の利用料が約3年間は無料になり82,000円の高額キャッシュバックによって実質的な3年総費用は安いため、3年間だけと割り切って利用するのもありでしょう。

プロバイダーの公式サイト ⇒ 【キャッシュバック還元中!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

NURO光2ギガは3年利用の実質総費用ではauひかり5ギガより高いですが、月額料金はこちらの方が安いため、かなり長期間利用し続ける前提ならいずれはNURO光の方が低コストになります。

それに10ギガタイプの月額料金もこちらの方が安いため、将来10ギガの光回線の利用を考えているならNURO光の方が良いでしょう。

2ギガプランを1年以上利用した後は移行費用無料で10ギガプランに変更できるメリットもあります。

また、ソフトバンクのスマホユーザーは、おうち割光セットで最大10回線まで割引を受けられるため、セット割で割引される金額しだいでは3年利用でもNURO光の方がお得になります。

公式サイトはこちら ⇒ NURO 光

 

コメント