PR

香川・高知・徳島・愛媛でおすすめの光回線【au・UQモバイル】

スマホのSIMでauやUQモバイルを使っている場合、家の光回線はスマホとのセット割が適用されるところを選ぶのがお得です。

auは「auスマートバリュー」、UQモバイルは「UQmobile自宅セット割」により、スマホの月額料金が最大1,100円割引されるからです。

au・UQモバイルのセット割対応の光回線(四国エリア)

四国(香川県・高知県・徳島県・愛媛県)で利用できる光回線でauやUQモバイルとのセット割が適用されるサービスは次の3種類があります。

①KDDI回線:auひかり
②電力系光回線:ピカラ光
③光コラボレーション:ビッグローブ光

auひかりは、NTTのフレッツ光とは異なるKDDIの独自回線サービスです。
回線をインターネットに接続するプロバイダーは8社の中から選択できます。

ピカラ光(Pikara光)は、四国電力グループの通信事業者STNetが提供する四国限定の光回線サービスです。
四国電力を利用している人はピカラ光の料金割引を受けることができるほか、貯めた「よんでんポイント」をピカラ光の支払いに使えます。
ピカラ光はプロバイダー一体型のサービスなので別途プロバイダー契約は不要です。

光コラボレーションは、様々な事業者がNTTからフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供する光回線サービスです。
auやUQモバイルのスマホとのセット割に対応している光コラボは複数ありますが、中でも料金が安いのがビッグローブ光です。

回線工事費の違い

まず最初に各サービスの回線工事費と回線撤去費用を比べてみましょう。

サービス名 auひかり ピカラ光 ビッグローブ光
回線工事費 41,250円
⇒実質無料
24,200円
⇒実質無料
3,300円~28,600円
⇒実質無料
回線撤去費用 31,680円 11,000円 無料

回線工事費

回線工事費はどのサービスも特典により実質無料にできます。

工事費は24か月又は36か月に渡って分割して月々の支払い額から割引されるため、2年又は3年利用することで自己負担は無くなり実質無料となる仕組みです。
その代わり、24か月未満か36か月未満で解約すると、割引を満額受けられないため自己負担が発生し無料にはなりません。

回線工事費が実質無料になるまでの期間は、auひかり(戸建てのずっとギガ得プラン)とビッグローブ光は3年、auひかり(マンションタイプ)とピカラ光は2年です。

光コラボのビッグローブ光は、フレッツ光か他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要です。

また、新規契約の場合でも賃貸住宅で建物にフレッツ光の回線設備が導入されている場合は、工事員の派遣が不要でNTTの施設側の工事のみで済むケースがあり、この場合の工事費は分割なしの3,300円となり特典により1か月目に割引されて実質無料になります。

回線撤去費用

auひかりやピカラ光では、戸建てやマンションで新規に回線を自宅に引いた場合、解約したときに回線設備の撤去を希望する場合は撤去工事費がかかります。

回線設備とは、電柱から部屋まで引き込んだ光ケーブルや部屋の壁の光コンセントのことです。

解約後も回線設備を残しておけば費用はかかりません。

auひかりの回線撤去費用は31,680円です。
かなり高額ですが、後で紹介する高額キャッシュバック特典でカバーできます。

ピカラ光の回線撤去費用は、屋内側の光ケーブルのみを撤去する場合は5,500円で、電柱から壁までの光ケーブルも含めて全撤去する場合は11,000円です。

賃貸住宅で貸主の許可を取って光回線を引く場合は、退去時の原状回復義務により撤去を求められる可能性もあるため、撤去が必要かどうか予め確認しておくのが良いでしょう。

初期費用の違い

続いて、初期費用を比較します。

サービス名 auひかり ピカラ光 ビッグローブ光
契約事務手数料 3,300円 特典で無料 3,300円
ルーターレンタル 無料 光電話とセットで無料 550円
1年目は無料

契約時の事務手数料は、ピカラ光だけはキャンペーン特典で無料になります。

WiFiルーターのレンタルについては次の通りです。

auひかりは、ONU(回線終端装置)とルーターが一体になった「ホームゲートウェイ」が無料レンタルできます。
ホームゲートウェイのWiFi機能の利用料は月額550円ですが、、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割を適用させた人は無料になります。

ピカラのルーターレンタル料は月額660円ですが、キャンペーン特典でピカラ光ネットとピカラ光でんわをセットで契約する人は無料になります。
スマホとのセット割を適用させるには光電話の契約も必要なので、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割を受ける人ならルーターの費用はかかりません。

ビッグローブ光のルーターレンタル料は月額550円ですが、キャンペーン特典で1年間は2台まで無料レンタルができます。
しかし2年目以降は無料にならないため、長期利用の予定なら自分で購入して用意した方が安上がりです。

光コラボではIPv6(IPoE方式)という新しい接続方法が主流ですが、これに対応したルーターはネット通販なら5千円もあれば購入できます。

契約期間と解約金の違い

契約期間と中途解約する場合の解約金は次のようになっています。

サービス名 auひかり ピカラ光 ビッグローブ光
契約期間 戸建て 3年
集合住宅 2年
2年 3年
解約金 戸建て
4,730円
集合住宅
2,290円・2,730円
月額料金1か月分 戸建て
4,100円
集合住宅
3,000円
⇒特典で無料

auひかりの戸建てタイプは、3年契約のほか2年契約や契約期間なしのプランもありますが、3年契約の方が月額料金が安いうえにキャンペーン特典が最も手厚い内容になっています。

マンションタイプは2年契約のほか契約期間なしのプランがありますが、契約期間なしのプランは一部のキャンペーン特典の対象外です。

マンションタイプの解約金は、「お得プランA」が2,290円で、「お得プラン」は2,730円です。どちらのプランになるかは住んでいる建物がどの料金タイプになっているかによります。

ピカラ光は、auやUQモバイルのセット割を受ける場合は長期割引制度のあるフラットコースかフラット電気割コースになり、これらは2年契約です。
契約期間中に解約するとそれぞれのプランの月額料金1か月分がかかります。

ビッグローブ光は3年契約ですが、通常ページとは別にある専用の申し込みページから申し込むと特典により解約金が無料になります。
これによりビッグローブ光は契約期間の縛りが無い光回線として利用できます。

特典付きの専用ページを確認する ⇒ 【公式】ビッグローブ光

auひかりとピカラ光は契約満了月から翌々月にかけての3か月間は解約金はかからず無料で解約できます。

月額料金の違い

ここでは月額料金を比較します。

サービス名 auひかり ピカラ光 ビッグローブ光
戸建て 1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
5,390円 初月 0円
12か月目まで 5,064円
13か月目以降 5,478円
集合住宅 3,740円~5,500円 4,070円 集合住宅
初月 0円
12か月目まで 3,964円
13か月目以降 4,378円
光電話基本料 550円 550円 550円

上記のピカラ光の料金は「フラットコース」の金額で、四国電力とのセット割がある「フラットでんき割コース」は上記の料金から110円割引になります。

戸建ての場合

auひかりの月額料金は「ずっとギガ得プラン」の金額です。

料金を比べると、auひかりの3年目以降とピカラ光の月額5,390円が最も安いです。

ただし、ピカラ光で四国電力とのセット割があるコースにすると月額5,280円となり、こちらが最安です。

集合住宅の場合

auひかりの集合住宅の月額料金は建物の配線方式や戸数によって異なるため、他のサービスと比べて安いか高いかは、住んでいるマンションアパートがどの料金タイプになっているかによります。

auひかりで料金が高いタイプの集合住宅に住んでいるならピカラ光の方が安いです。

住んでいるマンションやアパートがauひかりやピカラ光に対応しておらず、NTTのフレッツ光の回線しか利用できない場合は光コラボのビッグローブ光になるでしょう。

光電話の料金

光電話の月額基本料金は4サービスいずれも550円です。

auひかりはこの後に紹介するキャンペーン特典で光電話の基本料を一定期間は無料にできるため注目です。

キャンペーン特典の違い

最後にキャンペーン特典を比較します。

auひかりは複数のプロバイダーから選択できますが、ここでは「GMOとくとくBB」の特典を記載します。

サービス名 キャンペーン特典
auひかり <プロバイダー特典>
・82,000円キャッシュバック
・光電話の基本料が初回契約期間中は無料
・Wi-Fiルータープレゼント
<KDDI提供特典>
・他社回線の解約金を最大30,000円まで還元
au PAY残高を最大10,000円還元
ピカラ光 キャッシュバック 30,000円
ビッグローブ光 キャッシュバック 40,000円 ⇒ 6月19日までは50,000円

auひかりのキャンペーン特典

auひかりはプロバイダーをGMOとくとくBBにした場合、申し込み特典で82,000円のキャッシュバックがもらえます。なお、光電話を契約しない場合のキャッシュバックは72,000円になります。

光電話の月額基本料は、戸建てタイプのずっとギガ得プランは2~36か月目まで、マンションタイプは2~24か月目まで割引されて無料になります。初月だけは日割り料金です。

これにより戸建てタイプのずっとギガ得プランなら19,250円、マンションタイプなら12,650円もお得になります。

プレゼントされるWiFiルーターは6機種の中からずランダムで1機種が送られてきます。

この他にKDDIが提供する特典もあり、こちらはauひかり電話も契約することが条件で、戸建てタイプはずっとギガ得プランのみが対象です。

他社のネット回線から乗り換える際に解約金が発生する場合は最大3万円まで還元してもらえます。
他社の解約金をKDDIに負担してもらえるため乗り換えしやすくなっているのです。

また、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割を申し込んだ人には10か月間に渡ってau PAY残高1,000円がチャージされるため、最大10,000円の還元を受けられます。

ピカラ光のキャンペーン特典

ピカラ光の申し込みキャンペーン特典は、公式サイトでは25,000円分の商品券かデジタルギフトのプレゼントを実施しています。

しかし、販売代理店では現金30,000円のキャッシュバック特典があるため、販売代理店で申し込んだ方がお得です。



ビッグローブ光のキャンペーン特典

ビッグローブ光の申し込み特典は4万円のキャッシュバックです。

課金開始月から数えて11カ月目の初日に手続きの案内メールが届くため、受け取るためには最低でも1年は利用する必要があります。

2024年6月19日までは申し込み時にクーポンコードの入力で、キャッシュバックは50,000円に増額されます。

まとめ

どのサービスも回線工事費は2年又は3年利用することで実質無料にできます。

auひかりとピカラ光は回線撤去をする場合は費用がかかることは覚えておきましょう。

WiFiルーターは、@ビッグローブ光はレンタルサービスが1年目は無料ですが2年目以降は月額550円なので、これをを利用しない場合は自分で用意することになります。

ビッグローブ光だけは特典により契約期間の縛りなしで利用できます。

月額料金は、戸建ての場合はピカラ光のフラットでんき割コースが最も安く、集合住宅の場合はauひかりで安い料金タイプの建物の場合以外はピカラ光が最も安いです。

キャンペーン特典は、auひかりでは82,000円のキャッシュバックや初回契約期間中の光電話基本料が無料になる特典、auPAY残高10,000円の還元特典があり最も豪華な内容です。

以上から、auひかりの提供エリア内の戸建の場合はauひかりがおすすめです。

auひかりのマンションタイプは住んでいる建物の料金タイプがピカラ光より安ければauひかりの方が良いでしょう。

プロバイダー公式サイトはこちら↓
【キャッシュバック還元中!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

 

自宅がauひかりの提供エリア外だったり、住んでいるマンションの料金タイプがピカラ光より高い場合はピカラ光がおすすめです。

代理店公式サイトはこちら ⇒【ピカラ光お申込】

NTTのフレッツ光の回線しか利用できない場合はビッグローブ光がおすすめです。

解約金が無料になる専用ページ ⇒ 【公式】ビッグローブ光

 

コメント