PR

ソフトバンクエアーから光回線に乗り換えたいなら【解約金還元特典】

ホームルーターのSoftBank Air(ソフトバンクエアー)を使っていて通信速度や安定性などに不満があると光回線に乗り換えたいと考えるのではないでしょうか。

乗り換え先の光回線を選ぶ際に気を付けたい点は、スマホとのセット割が適用できるかと契約解除料や端末代残債といった解約金の還元特典があるかどうかです。

この記事では、セット割と解約金還元特典を踏まえたうえでソフトバンクエアーからの乗り換え先でおすすめの光回線を紹介します。

ソフトバンクエアーからの乗り換え先にする光回線

乗り換え先の光回線としてどこが最適かは、スマホの契約先やソフトバンクエアーの解約金の有無といった条件によって異なります。

スマホがSoftBankかY!mobile(ワイモバイル)の場合

現在ソフトバンクエアーでソフトバンクやワイモバイルのスマホとのセット割を受けていて、光回線へ乗り換えた後もセット割を受けたいなら、乗り換え先はSoftBank光かNURO光(ニューロ光)になります。

ソフトバンク光 NURO光
おうち割光セット
(SoftBank)
対応 対応
おうち割光セット(A)
(Y!mobile)
対応 非対応
申し込み特典 キャッシュバック
40,000円
キャッシュバック
45,000円
他社解約金還元特典 対象外 最大60,000円

ソフトバンク光は、ソフトバンクとY!mobile(ワイモバイル)のスマホとのセット割に対応し、NURO光はソフトバンクのスマホとのセット割に対応しています。

このため、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光かNURO光、ワイモバイルのユーザーはソフトバンク光が選択肢になります。

ただ、NURO光は申し込み特典とは別に他社の解約金を最大6万円まで還元してくれる特典もあるため、ワイモバイルユーザーで戸建てに住んでいて端末代残債などの解約金が高額になる場合はNURO光を選ぶのもありです。

なお、NURO光は提供エリアが限られているため、自宅がエリア外ならソフトバンク光を選ぶしかありません。

詳しくはこちらの記事をチェックしてください ⇒ ソフトバンク光とNURO光の違い

 

スマホがドコモやau・UQモバイルの場合

スマホの契約先がドコモやau・UQモバイルの場合は、これまでセット割を受けておらず損をしている状態なので、この機会にドコモやau・UQモバイルとのセット割がある光回線へ乗り換えた方がお得です。

ドコモのスマホを使っているならドコモのスマホとのセット割があるドコモ光が最適です。

詳しくはこちら ⇒ ドコモ光のセット割の解説

auやUQモバイルのスマホを使っているならau・UQモバイルのスマホとのセット割に対応する光回線が最適です。

auユーザーはこちら ⇒ auのスマホとのセット割がある光回線

UQモバイルユーザーはこちら ⇒ UQモバイルのスマホとのセット割がある光回線

 

スマホの契約先が携帯3キャリア以外の場合

楽天モバイルや格安SIMを使っている人におすすめの光回線はGMOとくとくBB光です。

なぜかというと、こちらは月額料金が安いほか他社の解約金を最大6万円まで還元する特典があるからです。

ソフトバンクエアーを2年契約している場合、2年ごとにある契約更新期間以外に解約すると10,450円の契約解除料がかかります。

契約期間なしのプランの場合は契約解除料も無いですが、ソフトバンクエアーの端末代分割払いの割引期間が終わっていないうちに解約すると端末代残債を負担することになり、利用期間が短いほど残債額は高額になります。

最新機種のAirターミナル5の価格は71,280円で、「月々割」により36回は月額料金が毎月1,980円が割引されるため、36回×1,980円=71,280となり3年利用することで端末代は実質無料になります。

しかし、3年未満で解約すると端末代の割引を満額受けられなくなるため端末代残債が発生します。

例えば、1年だけ利用して解約する場合、残り24回分の割引が受けられなくなるため端末代残債は1,980円×24回=47,520円となります。

これについてGMOとくとくBB光では特典により契約解除料や端末代残債を合わせて6万円まではカバーできるため、ほとんどの人は解約金の自己負担なしで乗り換えができるのです。

解約金還元特典

GMOとくとくBB光はこんな光回線

ここからはGMOとくとくBB光について詳しく解説します。

使用回線と運営元

GMOとくとくBB光は、NTTのフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダー(インターネット接続サービス)とセットにして提供する「光コラボレーション」の光回線です。

光コラボで使用する回線はフレッツ光と同じものなので全国の都道府県に対応しています。

運営しているのは、東証プライム市場に上場しているGMOインターネットグループ(株)です。

こちらが提供しているプロバイダーサービスが「GMOとくとくBB」で、ドコモ光やauひかりのプロバイダーとしても実績があります。

サービス開始当初は「GMO光アクセス」という名称だったので、現在もその名前が混在していますが同じサービスです。また、略して「とくとくBB光」と記載されている場合もあります。

GMOとくとくBB光は「光コラボアワード2023」で下記の5部門で最優秀賞を受賞しています。

・総合満足度
・回線品質の部
・回線スピードの部
・カスタマーサポートの部
・継続意向の部

知名度はまだ低いですが満足度は高いようです。

 

契約期間と解約金

GMOとくとくBB光の契約期間は3年となっています。

ただ、契約期間中に解約しても解約違約金(契約解除料)といった費用はかからないため、いつでも無料で解約できます。

このため契約期間による縛りはありません。

回線工事費

光回線を利用するには回線工事をする必要があり、回線工事費はGMOとくとくBB光の場合は次のようになっています。

工事員の派遣 工事料金
(分割払い額)
戸建て あり 26,400円
(1回目が990円、2回目から36回目が726円)
なし 2,200円
(1回目は275円、2回目から36回目は55円)
集合住宅 あり 25,300円
(1回目が1,045円、2回目から36回目が693円)
なし 2,200円
(1回目は275円、2回目から36回目は55円)

工事員が自宅に来て工事する必要がある場合と工事員の派遣が不要な場合で料金が異なり、無派遣工事なら工事費は2,200円です。

家にフレッツ光の回線設備があって部屋に光コンセントが付いている場合などでは、NTTの施設側から遠隔操作で開通させることができるため基本的には無派遣工事になります。

工事費は36回の分割払いになっており、36か月間は分割払い額と同額が割引されるため3年利用することで工事費は実質無料になります。

ただし、3年未満で解約すると残りの工事費分割払い額(工事費残債)を一括で支払うことになり工事費は実質無料になりません。

無派遣工事の工事料金は2,200円なので3年未満で解約しても工事費残債はたいした金額ではないですが、派遣工事をした場合は短期間で解約すると工事費の自己負担額が大きいため注意しましょう。

なお、割引で実質無料にできるのは基本工事料で、土日祝日に工事を行う場合は追加料金3,300円がかかり夜間に工事をする場合は別途料金がかかります。このためできれば回線工事は平日の昼間にするのが良いです。

開通時期の目安

申し込みをして回線工事が完了して開通するまでの期間は、早くて2~3週間となっています。

無派遣工事の方は工事員のスケジュール調整が不要のため派遣工事よりは早く開通できるようです。

3月~4月にかけての時期など繁忙期ではこれよりさらに長くなることもあるため、利用すると決めたら余裕をもって申し込みをするのが良いでしょう。

初期費用

初期費用は、契約事務手数料3,300円です。

Wi-Fiルーターは無料でレンタルでき、3年以上利用すればプレゼントされるため返却不要になります。

月額料金と支払い方法

月額料金は次のようになっています。

戸建て 4,818円
集合住宅 3,773円
ソフトバンクエアーの月額料金が5,368円なので、戸建でもマンション・アパートでもGMOとくとくBB光の方が安いです。
今までより安い料金で高速かつ安定した通信でインターネットを利用できるようになります。
支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替は非対応です。

キャンペーン特典

GMOとくとくBB光のキャンペーン特典は、申し込み特典と他社解約金還元特典、オプション申し込み特典の3つがあります。

①申し込みで5,000円キャッシュバック

②他社回線の解約金を最大6万円まで還元

③オプションサービスの申し込み特典

申し込みをした人全員に5,000円のキャッシュバック特典が用意されています。

GMOとくとくBB光へ乗り換える際に他社のインターネット回線の解約金が発生する人は、他社違約金補助特典により最大60,000円まではキャッシュバックで還元してもらえます。

他社回線は、光回線、ADSL、ケーブルテレビ回線、モバイルWiFiサービス(モバイルルーター・ホームルーター)が対象です。

解約金は、解約違約金(契約解除料)や回線工事費・端末代の残債、回線撤去費用などが対象です。ソフトバンクエアーなら契約解除料と端末代残債が該当します。

この他にオプションサービスを申し込むと追加でキャッシュバックが受け取ることができ、キャッシュバック額はGMOひかり電話は5,000円、GMOひかりテレビは20,000円です。

いずれの特典も開通月から数えて11か月目に受け取り手続きを求める連絡メールが来て、口座情報を登録した月の翌月末日に振り込まれるため、キャッシュバックを受け取るには1年間は利用する必要があります。

GMOとくとくBB光のまとめ

NTTのフレッツ光の回線を使用する光回線サービスのため全国で利用できます。

回線工事費は3年利用することで実質無料になります。

申し込みから開通までの期間目安は早くて2~3週間です。

契約事務手済料は3,300円です。

WiFiルーターは無料レンタルでき3年利用すればプレゼントされます。

月額料金はソフトバンクエアーより安くなります。

申し込みで5,000円キャッシュバック特典のほか、他社の解約金を最大6万円まで還元する特典もあります。

公式サイトはこちら ⇒ シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

 

 

 

 

 

コメント