PR

とくとくBBホームWiFiとWiMAXのホームルーターの違い

WiMAXのホームルーターを使いたいと思っても、端末代が有料なのが気になる人もいるのではないでしょうか。

この点について、昨年始まった「とくとくBBホームWi-Fi」というサービスでは、使用回線も端末もWiMAXと同じものを使用し、3年利用することで端末代は実質無料になるという条件になっているため、端末代の自己負担をせずにWiMAXのホームルーターを利用したい人は注目です。

とくとくBBホームWiFiは、WiMAXのプロバイダーでもある「GMOとくとくBB」が提供しているため、この記事ではとくとくBBホームWiFiとGMOとくとくBBがプロバイダーのWiMAXのホームルーターを比較して違いをまとめます。

なお、WiMAXの現在のサービス名は正式には「WiMAX +5G」ですが、この記事ではわかりやすく「WiMAX」と記載します。

とくとくBBホームWiFiとWiMAXの比較

2つのサービス条件を比較表にまとめたのでチェックしてみてください。

違っている点は太字にしています。

とくとくBBホームWiFi WiMAX
ギガ放題プラスS
使用回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
通信容量 スタンダードモード:無制限
プラスエリアモード:実質月間30GBまで
使用ホームルーター端末 Speed Wi-Fi HOME 5G L13
解約違約金 なし
支払い方法 クレジットカード
契約事務手数料 3,300円
セット割 auスマートバリュー・UQモバイル自宅セット割
端末代 27,720円
⇒3年利用で実質無料
27,720円
月額料金 4,928円
(初月は日割り)
初月 1,089円(満額)
1~12か月目 3,748円
13~35か月目 4,334円
36か月目以降 5,104円
キャッシュバック特典 申し込み特典
20,000円
解約金還元特典
最大50,000円
申し込み特典
25,000円
解約金還元特典
25,000円又は41,000円

共通している点

通信回線はWiMAXの独自回線であるWiMAX2+とauの4G LTEと5G回線を使用します。

通信容量は標準モードのスタンダードモードは無制限です。
オプションモードのプラスエリアモードは月間30GBを超えると速度が128kbpsに制限されるため実質30GBまでです。
プラスエリアモードを使った月はオプション料の1,100円がかかります。

端末の機種はSpeed Wi-Fi HOME 5G L13です。

どちらも解約違約金が無いため契約期間の縛りはありません。

支払い方法はクレジットカードのみです。

契約事務手数料は3,300円です。

どちらもauやUQモバイルのスマホとのセット割に対応しています。

とくとくBBホームWiFiは端末代が実質無料になる

冒頭でも書きましたが、最大の違いは、とくとくBBホームWiFiの方は3年利用することで端末代(27,720円)が実質無料になることです。

どちらも端末代は770円×36回の分割払いになっていますが、とくとくBBホームWi-Fiは36か月間は同額が割引されるため、36か月利用すれば自己負担額は0円のまま分割払いが終わり実質無料となるのです。

その代わり、36カ月未満で解約した場合は残りの分割払い額の割引を受けられないため、端末代残債を一括で支払うことになり自己負担が発生します。

例えば、2年(24か月)利用して解約した場合は、残り12回分の支払いが残っているため端末代残債は770円×12回=9,240円となります。

端末代を実質無料にするために3年間は縛られますが、自己負担額を0円にできるのはメリットでしょう。

WiMAXの方も3年未満で解約した場合は端末代残債を一括払いします。
こちらは端末代の割引がないため、いつ解約しても27,720円の端末代を負担するのは同じです。

月額料金の違い

とくとくBBホームWiFiは月額4,928円です。

WiMAXは、35か月目までは割引料金ですが36か月目以降は5,104円となり、とくとくBBホームWiFiより高くなります。

このことから、4年以降も利用し続けるならとくとくBBホームWiFiの方が低コストです。

キャッシュバック特典の違い

申し込みする人に用意されているキャッシュバック特典は次のようになっています。

とくとくBBホームWiFi WiMAX
①申し込み特典 20,000円 25,000円
②他社回線の解約金還元特典 最大50,000円まで 解約金2万円未満:25,000円
解約金2万円以上:41,000円

①の申し込みでもらえるキャッシュバック特典はWiMAXの方が5,000円多いです。

②の他社回線の解約金還元特典とは、現在利用中のインターネット回線を解約する際に解約金が発生する人が受けられる特典です。
解約金は、解約違約金(契約解除料)や回線工事費・端末代の残債、回線撤去費用などの費用のことです。
こちらの特典を受けるには、申し込み後に他社の解約金が発生したことがわかる書類(領収書・請求書のコピーなど)の提出が必要になります。

②の特典は、とくとくBBホームWi-Fiは最大5万円の上限に発生した解約金の分だけ還元してもらえ、①の申し込み特典と併用ができます。
例えば、他社回線の解約金が20,000円かかった場合、申し込み特典の20,000円と還元特典の20,000円の合計40,000円がもらえるのです。
還元特典の上限が50,000円なので、最大キャッシュバック額は70,000円となります。

WiMAXの方は、①と②の特典の併用はできず、どちらかを選択することになります。
②の解約金還元特典は、解約金額が2万円未満だとキャッシュバック額は25,000円となり①の申し込み特典と同額ですが、2万円以上になる場合はキャッシュバックは41,000円なので解約金還元特典を選んだ方がお得です。


3年総費用の比較

WiMAXの方は最初の3年間は割引料金になっており、双方でキャッシュバック特典の金額も違うため、総費用ではどちらが安いのかわかりにくいでしょう。

そこで、ここでは端末代や月額料金、キャッシュバック特典を含めて3年利用した場合の総費用を比較します。

解約金還元特典は、解約金が2万円未満の場合は申し込み特典と同額なので、ここでは解約金が3万円だった場合の特典で総費用を比較します。

とくとくBBホームWiFi WiMAX
ギガ放題プラスS
契約事務手数料 3,300円
端末代 1年で解約 18,480円
2年で解約 9,240円
3年で解約 0円
27,720円
月額料金 4,928円
(初月は日割り)
初月 1,089円(満額)
1~12か月目 3,748円
13~35か月目 4,334円
36か月目以降 5,104円
月額料金1年分  59,136円 46,065円
月額料金2年分 118,272円 98,073円
月額料金3年分  177,408円 150,851円
キャッシュバック特典 申し込み特典
20,000円
解約金還元特典
30,000円
申し込み特典
25,000円
解約金還元特典
41,000円
実質総費用(1年利用) 申し込み特典を適用
60,916円
解約金還元特典を併用
30,916円
申し込み特典を適用
52,085円
解約金還元特典を適用
36,085円
実質総費用(2年利用) 申し込み特典を適用
110,812円
解約金還元特典を併用
80,812円
申し込み特典を適用
104,093円
解約金還元特典を適用
88,093円
実質総費用(3年利用) 申し込み特典を適用
160,708円
解約金還元特典を併用
130,708円
申し込み特典を適用
156,871円
解約金還元特典を適用
140,871円

計算方法以下の通りです。

実質総費用=契約事務手数料+端末代+月額料金(各期間分)ーキャッシュバック特典
・他社の解約金が発生しない場合
⇒ どちらも申し込み特典を適用
・他社の解約金が3万円の場合
⇒ とくとくBBホームWi-Fiは申し込み特典と解約金還元特典を併用(合計50,000円キャッシュバック)、WiMAXは41,000円キャッシュバックの解約金還元特典を適用
比較の結果、利用期間が1年から3年までのいずれの期間でも実質総費用は、申し込み特典を受けた場合はWiMAXの方が少なく、他社解約金が3万円の場合はとくとくBBホームWiFiの方が少ないことがわかりました。
とくとくBBホームWiFiの初月料金の日割り額は利用開始日によって異なるため計算には入れてませんが、初月は1日から利用して月額料金が満額の4,928円がかかったとしても結果は同じです。
このことから、他社の解約金が無いか、あっても2万円未満の人はWiMAX、解約金が3万円以上になる人はとくとくBBホームWi-Fiが良いでしょう。
WiMAXは端末代の割引がないですが、3年間は月額料金が割引されることでこの点をカバーしています。
とくとくBBホームWiFiは端末代の割引がありますが月額料金の割引が無いため、WiMAXとの総費用の差はそれほど大きくないです。
ただ、4年目以降の月額料金はとくとくBBホームWiFiの方が176円安いため、申し込み特典の場合でも長期間利用し続けた場合はとくとくBBホームWiFiの方が総費用が少なくなる時が来ます。

まとめ

とくとくBBホームWiFiは、WiMAXのプロバイダーであるGMOとくとくBBが提供するホームルーターサービスです。

使用回線や端末はWiMAXと同じで、違っているのは端末代の割引の有無と月額料金、キャッシュバック特典です。

3年利用することで端末代が実質無料になりますが、月額料金の割引が無いことや適用される特典によってキャッシュバック額が違うことを理解しておきましょう。

他社の解約金が3万円以上になる人や4年以上の長期利用を想定している人は、とくとくBBホームWi-Fiがおすすめです。

公式サイト ⇒ GMOとくとくBBから工事不要Wi-Fi新登場!【とくとくBBホームWi-Fi】

他社の解約金が無い人にはWiMAXのホームルーターがおすすめです。

公式サイト ⇒ GMOとくとくBB(WiMAX)

コメント