PR

auスマートバリューの対象料金プランと対象光回線の解説

auのスマホ料金が割引される光回線があるの?

対象サービスならauの月額料金が割引されますよ。

auの携帯電話(スマートフォン、タブレット、ケータイ)を契約している人が、対象のインターネット回線を契約すると、「auスマートバリュー」というセット割によりauの携帯電話の月額料金が割引されます。

割引額は、auの現在受付中のプランでは550円~1,100円です。

しかも、この割引はauひかりの契約者だけでなくauを契約している家族も対象で最大10回線まで割引が可能です。

例えば、家族3人が全員auの1,100円割引対象プランを契約していれば、合計で3,300円割引となり家庭の通信費が大幅に安くなります。

また、auスマートバリューは、同居している家族だけでなく50歳以上なら遠方に住む家族も割引対象になるため、実家など遠方に住む家族にauユーザーがいれば割引料金にしてあげることができるのです。

auスマートバリューの割引対象プランと割引額

auスマートバリューの対象になるauの料金プランと割引額は以下のようになっています。

自分や家族が利用中のプランをチェックしてください。

現在も受付中のプラン

対象プラン 割引額
使い放題MAX 5G ALL STARパック2
使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G/4G
auマネ活プラン 5G ALL STARパック2
auマネ活プラン 5G/4G DAZNパック
auマネ活プラン 5G/4G ドラマ・バラエティパック
auマネ活プラン 5G/4G Netflixパック(P)
auマネ活プラン 5G/4G Netflixパック
auマネ活プラン 5G with Amazonプライム
auマネ活プラン 5G/4G
1,100円
スマホミニプラン 5G/4G 550円

 

受付を終了したプラン

現在受付を終了しているプランではスマホのほかケータイやタブレットも割引対象になるものがあります。

スマートフォンのプラン

対象プラン 割引額
使い放題MAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G/4G LTE ドラマ・バラエティパック
データMAX 5G/4G LTE Netflixパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G/4G LTE
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20N
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラスN
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,100円
ピタットプラン 5G/4G LTE
新auピタットプラン
1GB超~7GB:550円
(データ容量1GB以下の月は割引なし)
ピタットプラン 5G/4G LTE(s)
2GB超~20GB:550円
(データ容量2GB以下の月は割引なし)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
~2GB:550円
2GB超:1,100円
(auピタットプラン(シンプル)でデータ容量~1GBの月は割引なし)
auピタットプランN(s)
~2GB:550円
2GB超:1,100円

ケータイ・タブレットのプラン

対象プラン 割引額
データ定額10/13/30 最大2年間は2,200円
3年目以降は1,027円
データ定額5/8/20
LTEフラット
最大2年間は1,551円
3年目以降は1,027円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
1,027円
データ定額1
最大2年間は1,027円
3年目以降は550円
データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ) 最大2年間は2,200円
3年目以降は1,027円
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ) 最大2年間は1,551円
3年目以降は1,027円
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ) 1,027円
データ定額1(ケータイ) 最大2年間1,027円
3年目以降は550円
タブレットプラン20 1,100円
データ定額5/8/20
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)/DATA(m)
最大2年間は1,551円
3年目以降は1,027円

 

auスマートバリューに対応している光回線

auユーザーの光回線はauひかりにすれば良いの?

他にもauスマートバリュー対応の光回線があるためチェックしておきましょう。

auスマートバリューが適用される光回線は次の3種類があります。

光回線タイプ 光回線サービス名 提供エリア
KDDI系光回線
auひかり 戸建ては東海・関西以外
auひかり ちゅら 沖縄県
光コラボレーション ビッグローブ光
@TCOMヒカリ
So-net光
@nifty光
全国の都道府県
ひかりゆいまーる 沖縄県
電力系光回線 コミュファ光 東海+長野県
eo光 関西+福井県の一部
メガ・エッグ 中国
ピカラ光 四国
BBIQ 九州

電力系光回線は東海地方より西のエリアに住んでいる人だけが利用できます。

3種類の光回線の特長は以下のようになっています。

・auひかり:高額キャッシュバックをはじめとした特典が充実している
・光コラボレーション:回線が共通のため各光コラボ間で乗り換えがしやすい
・電力系光回線:サービスによってはauひかりや光コラボより料金が安い場合がある

複数の速度タイプが用意されている光回線もありますが、現在一般的なのは1ギガタイプの光回線なので、ここでは1ギガタイプのサービスを紹介します。

auひかり

auひかりは、KDDIの光回線とプロバイダーをセットにして提供するサービスです。

戸建て向けの「auひかりホーム」と集合住宅向けの「auひかり マンション」があります。

戸建てタイプは東海地方と関西地方では提供されておらず、マンションタイプはauひかりの回線設備が導入されている建物のみで利用できます。

東海と関西以外のエリアでも市町村レベルでは提供エリア外の場合もあるため、自宅が提供エリアになっているか知らない場合は公式サイトで確認してください。

auひかりの公式サイトでは戸建てタイプの提供エリアやマンションタイプが利用できる集合住宅の建物と提供タイプを調べられます。

auひかりの料金

auひかりの各種料金は次のようになっています。

料金名 料金額
回線工事費 特典により2年又は3年利用で実質無料
回線撤去費用 撤去を希望する場合は31,680円
契約期間・契約解除料 戸建て(ずっとギガ得プラン)
3年・4,730円
マンション
2年・2,290円または2,730円
契約事務手数料 3,300円
Wi-Fiルーターレンタル 無料
月額料金 戸建て(ずっとギガ得プラン):
1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
マンション
3,740円~5,500円
光電話月額基本料 550円

auひかりを利用開始するには回線工事が必要です。

工事費は戸建てが41,250円、マンションが33,000円ですが、キャンペーン特典で工事費の分割払い額と同額が毎月割引されるため、戸建ての「ずっとギガ得プラン」は3年、マンションタイプは2年利用することで実質無料にできます。

解約したときに電柱からの引き込み線などの回線設備を撤去するかは任意ですが、撤去を希望する場合は撤去工事費として31,680円がかかります。
賃貸住宅で管理会社やオーナーの許可を取ってauひかり(戸建てタイプ)を新規で引く場合は、退去時の原状回復義務により撤去を求められる可能性もあるため、撤去が必要かどうか予め確認しておくと良いでしょう。
仮に撤去費用がかかったとしても、この後で説明する高額なキャッシュバック特典で十分カバーできます。

契約期間は、戸建てタイプの「ずっとギガ得プラン」は3年、マンションタイプは2年です。

戸建てのずっとギガ得プランを掲載しているのは、月額料金が最も安く適用される特典が最も充実しているからです。

戸建ての2年契約プランや戸建てとマンションで契約期間無しのプランもありますが、これらは月額料金が高く設定されていたり、キャンペーン特典の対象外になっていることがあるためおすすめはしません。

マンションタイプは、部屋までの配線方式や戸数によって提供タイプと料金プランが複数あり、契約解除料は「お得プランA」が2,290円で「お得プラン」の方は2,730円です。

戸建てタイプとマンションタイプのどちらも、契約期間満了月から翌々月にかけての3か月間に解約すれば契約解除料はかかりません。

月額料金は、戸建てのずっとギガ得プランは2年目と3年目から料金が安くなり、3年目以降はずっと月額5,390円です。

マンションタイプは、部屋までの配線方式や戸数によって月額料金が違っています。

auスマートバリューの適用のために必要な光電話の月額基本料は550円ですが、プロバイダーの特典によって一定期間は割引されて0円にできます。

auひかりのキャンペーン特典

auひかりのプロバイダーは8社ありますが、料金割引やキャッシュバック特典といったプロバイダーの独自特典に違いがあります。

中でも高額なキャッシュバック特典を用意しているプロバイダーがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのキャンペーン特典

プロバイダーをGMOとくとくBBにしてauひかりを契約した場合のキャンペーン特典は次の3つです。

  1. 申し込み特典で82,000円キャッシュバック
  2. 光電話の月額基本料が初回契約期間中は無料
  3. Wi-Fiルータープレゼント

申し込み特典で82,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックの受け取りは利用開始の1年後と2年後の2回に分けて行われるため、最低でも2年以上は利用できる人向けのサービスです。

光電話の月額基本料(550円)は下記のように初回契約期間中は割引されて無料になります。

戸建て(ずっとギガ得プラン)
初月 日割り
2~36か月目 0円
マンション
初月 日割り
2~24か月目 0円

初月の料金だけは日割りでかかりますが、戸建ては35か月分の19,250円、マンションは23か月分の12,650円が浮くことになります。

プレゼントされるルーターは6機種が用意されており、機種指定はできずランダムで1機種が送られてきます。

KDDI提供特典

以下のようにKDDIが提供するキャンペーン特典も受けられます。

この特典はauひかり電話も契約することが条件で、戸建てタイプはずっとギガ得プランのみが対象です。

  • 他社回線からの乗り換え時の解約金を最大30,000円まで還元
  • au PAY残高を最大10,000円還元

他社のインターネット回線を解約してauひかりへ乗り換える際に解約金が発生する人には「auひかり乗り換えスタートサポート」特典により最大30,000円まで還元してもらえます。

この特典の対象になる他社の固定回線は、auスマートバリューが適用されるサービス以外です。
次に紹介する光回線からの乗り換えは対象外なので注意してください。

auひかりを申し込んでからauスマートバリューを申し込み、スタートサポート共通申請書を送付すると、受付の1か月後から10か月間はau PAY残高1,000円がチャージされるため最大10,000円の還元を受けられます。

この特典があるため、戸建てタイプは3年契約であっても「ずっとギガ得プラン」の方がお得なのです。

auひかりのまとめ

月額料金はそれほど安いわけではありませんが、キャンペーン特典でもらえる8万円を超えるキャッシュバックのメリットは大きいです。
一定期間利用した場合の月額料金合計からキャッシュバック額を差し引いた総費用は安くなるからです。

別の特典で光電話の月額基本料(550円)が戸建ては35か月分、マンションは23か月分が無料にできるのもポイントです。

auスマートバリューを適用させる人にはau Pay残高が最大1万円還元する特典もあるため、auユーザーはさらにお得です。

詳細はプロバイダーのサイトを確認してください↓

【キャッシュバック還元中!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

 

光コラボレーション

光コラボレーションは、様々な事業者がNTTのフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーサービスとセットにして提供するサービスです。

提供エリアはフレッツ光と同じで全国の都道府県に対応しています。

auスマートバリューに対応する光コラボレーションの光回線は複数ありますが、ここでは月額料金が安いビッグローブ光を紹介します。

ビッグローブはプロバイダーとしての歴史が長く、auを展開しているKDDIの子会社です。

ビッグローブ光の料金

各種料金は次のようになっています。

料金
回線工事費 3年利用で実質無料
回線撤去費用 無料
契約期間
解約金
3年
特典で0円
契約事務手数料 3,300円
Wi-Fiルーターレンタル 月額550円
⇒1年間は2台まで無料
月額料金 戸建て 5,478円
集合住宅 4,378円
光電話月額基本料 550円

光コラボはフレッツ光の回線を使用するため、フレッツ光や他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要です。

光回線を新規で引く場合や、フレッツ光や光コラボ以外の光回線から乗り換える場合は回線工事が必要です。

ただ、こちらも特典により工事費相当額が割引されるため、派遣工事の場合はビッグローブ光は3年利用することで工事費は実質無料にできます。

ビッグローブ光は3年契約で、契約期間中に解約した場合の解約違約金は通常は戸建てが4,100円、集合住宅が3,000円ですが、専用ページから申し込むことで特典で解約違約金は無料となり、契約期間の縛りなしで利用できるようになります。

専用申し込みページはこちら ⇒ 【公式】ビッグローブ光

 

月額料金は、戸建てタイプは2年目まではauひかりより安いですが、3年目以降はauひかりより高くなります。
マンションタイプは、auひかりのマンションタイプの料金は配線方式によって異なるため、どちらか安いか一概には言えません。
auひかりとフレッツ光の両方に対応している場合は、住んでいるマンションのauひかりの料金を調べてビッグローブ光と比べてください。

ビッグローブ光のキャンペーン特典

申し込みでもらえる特典は次のようになっています。

キャンペーン特典
申し込み特典
40,000円キャッシュバック
オプションサービス特典
光テレビ申し込みで10,000円キャッシュバック

ビッグローブ光の申し込み特典は4万円のキャッシュバックです。

この他、オプションサービスのビッグローブ光テレビも申し込むと別途1万円のキャッシュバックがもらえます。

光コラボレーションのまとめ

使用する回線はNTTのフレッツ光と同じなので、フレッツ光や他の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要で、将来他の光コラボへ乗り換えがしやすいのがメリットです。

auスマートバリューに対応している光コラボのうち料金が安いのがビッグローブ光。

こちらは特典で解約違約金を無料にできるため契約期間の縛りなしで利用でき、4万円のキャッシュバック特典が用意されています。

公式サイトはこちら  ⇒ 【公式】ビッグローブ光

 

電力系光回線

東海地方より西のエリアでは、各地域の電力会社系列の会社が提供する光回線があります。

これはKDDIやNTTの回線網とは別の独自に敷設した光ファイバー網で提供される光回線サービスです。

利用できるエリアは各地域の電力会社のサービスエリアに限られていますが、プランによってはKDDI系回線や光コラボより料金が安い場合があるため、提供エリアに住んでいる人はこちらもチェックしておきましょう。

下記の表内の光回線名をクリックすると詳細解説ページに移動できます。

エリア 提供府県 光回線
東海+長野 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 長野県 コミュファ光
関西 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県 福井県の一部 eo光(イオ光)
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 メガ・エッグ
四国 香川県 高知県 徳島県 愛媛県 ピカラ光
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 BBIQ(ビビック)

 

コメント