PR

楽天ひかりとGMO光アクセスの比較【安い光回線】

楽天ひかりとGMO光アクセスは、どちらも大手ネット企業が提供するサービスで、料金の安さやお得な特典に魅力があります。

今回はこの2つを比較したので光回線選びの参考にしてください。

なおGMO光アクセスは、GMOとくとくBBというプロバイダーが提供していることから「GMOとくとくBB光」とも呼ばれますが、この記事ではサービス開始当初の名称「GMO光アクセス」と記載しています。

回線の種類と注意点

どちらもNTTのフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供する「光コラボレーション」というサービスです。略して光コラボやコラボ光とも呼ばれています。

回線はフレッツ光と同じなので、フレッツ光や他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要です。
光回線を新規で引く場合やフレッツ光や光コラボ以外の光回線(auひかり、NURO光、電力系光回線)からの乗り換えの場合は回線工事が必要となり工事費がかかります。

ただし、GMO光アクセスの方は工事費の分を月額料金に上乗せしたうえで特典割引で差し引くため工事費は実質無料にできます。

契約期間と解約時の費用

契約期間は、楽天ひかりは2年、GMO光アクセスは3年となっています。

契約期間中に解約する場合の解約金として、楽天ひかりは契約解除料が月額基本料1か月分がかかります。戸建てなら5,280円、集合住宅なら4,180円です。
2年ごとに3か月間の無料解約申請期間があるため、この期間中に解約すれば契約解除料は無料です。

GMO光アクセスは契約期間中に解約しても解約金はかからないため、解約金による契約期間の縛りはありません。

楽天ひかりとGMO光アクセスの料金比較

ここでは2サービスの初期費用、工事費、月額料金の3つを比べていきます。

初期費用

光回線を利用するにあたって最初にかかる費用は、契約時の手数料とWi-Fiルーターの購入代です。

サービス名 楽天ひかり GMO光アクセス
契約時手数料 初期登録費
880円(新規契約)
1,980円(転用・事業者変更)
事務手数料
3,300円
ルーター費用 自分で購入
安いもので4千円台から
レンタル料無料

契約時の手数料は、楽天ひかりの方は新規契約と転用・事業者変更の場合で料金が違っており、どちらもGMO光アクセスより安いです。

契約種別でフレッツ光からの乗り換えは「転用」、他の光コラボからの乗り換えは「事業者変更」と呼び、それ以外は「新規契約」になります。

WiFiルーターについては、楽天ひかりにはレンタルサービスが無いため、光回線の次世代技術IPv6(クロスパス)」に対応したルーターを自分で用意する必要があります。

対応機種は楽天ひかりの公式サイトに一覧が載っているので申し込みの時にチェックしておきましょう。楽天市場で安い機種なら4千円台で購入できます。

GMO光アクセスはWi-Fiルーターを無料でレンタルできるため端末代はかからず、3年以上利用すればそのままプレゼントされます。

 

回線工事費

フレッツ光や他社の他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要です。

回線の工事費は新規契約の場合にかかる費用です。

光コラボの工事費は次の3タイプによって金額が違っています。

・工事員の派遣と屋内配線の新設がある場合
・工事員派遣はあり屋内配線の新設はない場合
・自宅への工事員派遣が必要ない場合

GMO光アクセスの方は屋内配線の新設が有りの場合と無しの場合で金額は同じです。

建物にフレッツ光の回線設備が導入されていると工事員の無派遣工事で済むことがあり、この場合の工事費は安くできます。

以下に2サービスの基本工事料をまとめました。

サービス名 楽天ひかり
(24回払い)
GMO光アクセス
(36回払い)
戸建て 工事員派遣あり
屋内配線新設あり
22,000円
1回目から23回目 916円
24回目 932円
26,400円
1回目 990円
2回目から36回目 726円
工事員派遣あり
屋内配線新設なし
11,660円
1回目から23回目 485円
24回目 505円
工事員派遣なし 3,300円
1回目から23回目 137円
24回目 149円
2,200円
1回目 275円
2回目から36回目 55円
マンション
アパート
工事員派遣あり
屋内配線新設あり
22,000円
1回目から23回目 916円
24回目 932円
25,300円
1回目 1,045円
2回目から36回目 693円
工事員派遣あり
屋内配線新設なし
11,660円
1回目から23回目 485円
24回目 505円
工事員派遣なし 3,300円
1回目から23回目 137円
24回目 149円
2,200円
1回目 275円
2回目から36回目は55円

カッコ内は分割払いの月々の支払額と支払い回数です。

楽天ひかりは24回の分割払いのほか一括払いもできます。

GMO光アクセスは36か月の分割払いです。

どちらも分割払いの期間未満で解約すると残りの支払い額を一括で支払うことになります。

GMO光アクセスでは36か月間は工事費分割払い額を月額料金に上乗せしたうえで同額を特典割引で差し引いているため、基本工事費は実質無料にできます。

ただし、36か月未満で解約すると工事費の残債を負担することになり、派遣工事をした場合は以下の計算式で残債額が決まります。

戸建て:726円×(36回ー利用経過月数)
マンション:693円×(36回ー利用経過月数)

GMO光アクセスでは工事費の自己負担を無料にするには3年間(36か月)利用する必要があるのです。

とはいえ、楽天ひかりの方は工事費の割引特典はないため、新規契約になる人には3年利用すれば工事費が無料になるGMO光アクセスはお得です。

 

月額料金

ここでは2サービスの月額料金を比較します。

サービス名 楽天ひかり GMO光アクセス
戸建て 5,280円 4,818円
集合住宅 4,180円 3,773円

戸建てと集合住宅のどちらもGMO光アクセスの方が安いです。

 

料金の支払い方法は、GMO光アクセスはクレジットカードのみですが、楽天ひかりはクレジットカードの他に楽天銀行デビットカードや口座振替でも支払えます。
口座振替は楽天銀行を使えば手数料が無料ですが、その他の金融機関を使う場合は1回110円の手数料がかかります。

楽天ひかりとGMO光アクセスのキャンペーン特典

ここからは、各サービスで申し込み者が受けられるキャンペーン特典について解説します。

楽天ひかりのキャンペーン特典

①楽天モバイルとのセット契約で6か月間は月額料金が0円

楽天モバイルを利用中の人かこれから申し込む人が楽天ひかりを初めて契約すると6か月間は月額料金が0円になります。

これから申し込む人は楽天ひかりの申し込み月の翌月15日までに楽天モバイルを利用開始することが条件です。

6か月間の割引額合計は、戸建てタイプは31,680円、マンションタイプは25,080円になります

このため楽天モバイルユーザーには楽天ひかりがお得です。

②楽天ポイントが+2倍

楽天ひかりはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象なので、楽天ひかりの契約者は楽天市場での買い物のときにもらえるポイントが+2倍になります。

+2倍の月間獲得上限は1,000ポイントなので、月間5万円の買い物をしたときが最もお得になります。

ポイントの有効期限は進呈日の翌月末です。

楽天市場で毎月高額な買い物をする人なら、+2倍で還元されるポイント分を楽天ひかりの月額料金から差し引くと、実質的な月額料金GMO光アクセスより安くなる場合があります。

③楽天ポイント1,000Pプレゼント

楽天ひかりを初めて申し込む人には1,000円相当の楽天ポイントがプレゼントされます。

進呈時期は、開通月から数えて4か月目の月末です。

有効期限は進呈日を含めて6か月間です。

なお、この特典を受けるには公式サイトのトップページではなくキャンペーンのSPUのページから申し込む必要があるため注意してください。

キャンペーンページを確認する ⇒ 楽天ひかり

 

GMO光アクセスのキャンペーン特典

①申し込み者に5,000円のキャッシュバック

申し込み者には5,000円のキャッシュバック特典が用意されています。

なお、受け取り時期は約1年後なので、それまでに解約すると受け取りはできません。

②他社回線の解約金が発生する場合は最大60,000円キャッシュバック

現在利用中の他社のネット回線からGMO光アクセスへの乗り換えで解約違約金などの解約費用が発生する場合は、乗り換え特典として最大60,000円のキャッシュバックがあります。

光回線、ADSL、ケーブルTV、モバイルWiFiといった回線サービスが対象なので、他社の解約費用が発生する人はGMO光アクセスの方がお得になります。



総費用シュミレーション

楽天ひかりは回線工事費が無料にならず月額料金はGMO光アクセスより高いため、新規契約では総費用はGMOより高くなるのは明らかです。

一方で楽天モバイルのユーザーには6か月間は月額料金が0円になるキャンペーン特典があるため、お得感があります。

そこで、ここでは以下の条件で2年間と3年間利用したときの実質的な総費用を比較します。

  • 転用・事業者変更で他の光コラボから乗り換え
  • 楽天ひかりのルーター代は自分で5千円で購入
  • 乗り換えの際に他社の解約金は発生していない
  • 楽天ひかりは楽天モバイルとのセット契約特典を適用
サービス名 楽天ひかり GMO光アクセス
契約時手数料 1,980円 3,300円
ルーター代 5,000円 0円
月額料金 戸建て 5,280円
集合住宅 4,180円
戸建て 4,818円
集合住宅 3,773円
月額料金合計 戸建て 2年 95,040円
3年 158,400円
2年 115,632円
3年 173,448円
集合住宅 2年 75,240円
3年 125,400円
2年 90,552円
3年 135,828円
中途解約の解約金 2年で解約:0円
3年で解約:
5,280円(戸建て)
4,180円(集合住宅)
0円
キャンペーン特典 6か月間は月額料金が0円
1,000円相当の楽天ポイント
5,000円のキャッシュバック
実質総費用  戸建て
2年 101,020円
3年 169,660円
2年 113,932円
3年 171,748円
 集合住宅
2年 81,220円
3年 135,560円
2年 88,852円
3年 134,128円

戸建てと集合住宅のどちらも、2年総費用は楽天ひかりの方が少なく、3年総費用は戸建ては楽天ひかり、集合住宅はGMO光アクセスの方が少ないです。

2年総費用は、楽天ひかりでは6か月間は月額料金が0円になることや2年契約のため2年で解約すれば解約金がかからないことが影響しています。

なお、既にクロスパス対応のルーターを持っているなら楽天ひかりの総費用はマイナス5千円になります。

楽天モバイルユーザー以外の場合、特典が適用されず上記の総費用に6か月分の月額料金が加算されるためGMO光アクセスより総費用は多くなります。

月額料金はGMO光アクセスの方が安いため、3年以上利用し続ける場合はこちらの方が低コストです。

また、乗り換えの際に他社の解約金が発生する場合は、GMO光アクセスでは最大60,000円まで還元してもらえるため、解約金の金額によっては2年利用でも総費用はGMO光アクセスの方が少なく済むケースもあります。

条件によってどちらがお得かは違ってくるため、自分の場合でシュミレーションしてみてください。

まとめ

以上を踏まえて、楽天ひかりとGMO光アクセスのどちらがおすすめかをまとめます。

楽天ひかりがおすすめの人

  • 楽天モバイルのユーザー
  • 楽天市場で高額な買い物をよくする
  • ルーターはレンタルではなく自分の物を使いたい
  • 契約期間は2年で構わない

公式サイトはこちら ⇒ 楽天ひかり

 

GMO光アクセスがおすすめの人

  • 3年以上の長期利用をしたい
  • 契約期間の縛りが無い方が良い
  • 自分のルーターを持っていない
  • 他社から乗り換えの際に高額な解約金が発生する

限定特典ページはこちら⇒シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

 

 

楽天市場でよく買い物をするなら光回線は楽天ひかり
楽天市場でよく買い物をする人の光回線は楽天ひかりがおすすめです。楽天モバイルと楽天カードの分と合わせて買い物ポイントの還元率を9%にできます。楽天経済圏にいる人は特に注目です。