PR

楽天市場でよく買い物をするなら光回線は楽天ひかり

光回線サービスはたくさんありますが、ネット通販で楽天市場を利用することが多い人には「楽天ひかり」がおすすめです。

楽天ひかりの月額料金は、

集合住宅向けのマンションプランが、4,180円
戸建て向けのファミリープランが、5,280円

となっています。

これだけでも安い方なんですが、さらにお得になる仕組みが用意されています。

楽天ひかりは楽天ポイントが+2倍

楽天ひかりの契約者は楽天市場での買い物のときにもらえる楽天ポイントが+2倍になります。

また、楽天ひかりの契約者が楽天モバイルも申し込むと、ポイントがさらに+4倍となりポイント還元率は、通常1%+楽天ひかり2%+楽天モバイル4%=7%になります。

さらに、支払いを楽天カードにしている場合はポイントは+2倍となるため、合計で還元率は9%にできます。

なお、SPUで増えたポイントの獲得上限は楽天ひかりは月間1,000ポイント、楽天モバイルは2,000ポイントなので、月間5万円までの買い物が最もお得になります。

例えば、楽天市場で毎月5万円、年間で60万円の買い物するとした場合、楽天ひかり利用者は2%還元により年間で12,000ポイントを通常より多くもらえるため、楽天ひかり以外の光回線を利用した場合より12,000円分お得になります。

楽天ひかりは、楽天市場で毎月5万円ほど買い物をする人ほどお得な光回線なのです。

 

楽天ひかりの月額料金以外の費用

ここでは楽天ひかりの月額料金以外の費用について解説します。

初期費用

まず初期費用として、「初期登録費」と「工事費」があり、既にNTTのフレッツ光や光コラボレーション(ドコモ光、SoftBank光など)を利用している場合なら工事費はありません。

新規契約 フレッツ光を利用中
(転用)
光コラボを利用中
(事業者変更)
初期登録費 880円 1,980円 1,980円
工事費 有料 無料 無料

光コラボというのは、様々な業者がNTTからフレッツ光の回線を借り受けて提供しているサービスで、楽天ひかりも光コラボの一つです。
独自回線を使っているauひかりとNURO光、電力系光回線は光コラボではないため新規契約扱いとなります。

光回線が新規契約の場合は回線工事があり、工事担当者の派遣や屋内配線の新設が必要かどうかで工事費は以下のように変わってきます。

工事員派遣 屋内配線新設 工事費総額 支払い回数※
あり あり 22,000円 916円×23回+932円
あり なし 11,660円 485円×23回+505円
なし 3,300円 137円×23回+149円

支払いは24回の分割払いで24回目だけは支払い額が違います。

派遣工事でも屋内配線の新設が無い場合は工事費が安くなり、工事員の派遣が必要ないケースなら3,300円で済みます。

契約期間と契約解除料

楽天ひかりの契約期間は2年間です。

契約期間中に解約する場合は契約解除料として月額料金1か月分がかかります。

2年ごとにある契約更新期間中に解約すれば契約解除料は無料になるため、2年単位で継続利用するか見直しをすることになります。

キャンペーン特典

楽天モバイルのユーザーが楽天ひかりを初めて契約する場合は、楽天ひかりの月額料金が6か月間は0円になるキャンペーン特典があります。光回線を半年間は無料で利用できるのです。

現在楽天モバイルを利用中の人のほか、これから楽天モバイルを申し込む人も対象ですが、楽天ひかりを申し込んだ月の翌月15日までに楽天モバイルを利用開始することが条件です。

6か月分の割引額合計は戸建てタイプは31,680円、マンションタイプは25,080円にもなります。

 

まとめ

楽天市場で買い物をすることが多い人の光回線は楽天ひかりに注目です。

楽天ひかりはSPUで楽天市場での買い物ポイントが+2倍となり、楽天モバイル、楽天カードの分も合わせると還元率は9%にできます。

SPUで増えたポイントの獲得上限は月間1,000ポイントなので、買い物金額が50,000円の場合が最もお得です。

還元されたポイント分を差し引くと楽天ひかりの月額料金の実質的な自己負担額は安くなるため、毎月のように楽天市場で高額な買い物(5万円まで)をする人に向いている光回線です。

フレッツ光からの転用と他社光コラボからの事業者変更の場合は回線工事が不要で利用開始できます。

契約期間は2年で、契約期間中の解約は契約解除料として月額料金1か月分を支払うことになるため、解約するときはタイミングに注意しましょう。

キャンペーン特典で楽天モバイルユーザーは6か月間の月額料金が無料になるため、楽天モバイルを使っている人は注目です。

公式サイト⇒楽天ひかり