楽天市場でよく買い物をするなら光回線は楽天ひかり

光回線サービスはたくさんありますが、ネット通販で楽天市場を利用することが多い人には「楽天ひかり」がおすすめです。

楽天ひかりの月額料金は、

集合住宅向けのマンションプランが、4,180円
戸建て向けのファミリープランが、5,280円

となっています。

これだけでも安い方なんですが、さらにお得になる仕組みが用意されています。

楽天ひかりは楽天ポイントが+1倍

楽天ひかりの契約者は楽天市場での買い物のときにもらえる楽天ポイントが+1倍になります。

また、楽天ひかりの契約者が楽天モバイルも申し込むと、ポイントがさらに+1倍となりポイント還元率が3%になります。

さらに、支払いを楽天カードにしている場合はポイントは+2倍となるため、合計で還元率は5%にできます。

例えば、楽天市場で月平均で2万円、年間で24万円の買い物するとした場合、楽天ひかり+楽天モバイル+楽天カードの利用者は5%還元により年間で12,000ポイントが貯まる計算です。

還元されるポイント分を含めると実質的な月額料金はもっと安くできるため、楽天市場で買い物をする金額が大きい人ほどお得な光回線なのです。

 

楽天ひかりと楽天モバイルのセットがお得な理由

楽天ひかりと楽天モバイルのセット契約がお得な理由はポイントだけではありません。
楽天ひかりの契約者が楽天モバイルを申し込むと、キャンペーンにより楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるためです。

マンションタイプは、4,180円×12か月 = 50,160円
戸建てタイプは、5,280円×12か月 = 63,360円

これほどの金額が浮くので、楽天ひかりを利用するなら楽天モバイルも利用しないともったいないです。

さらに、楽天モバイルはキャンペーンで月額料金が3か月間無料になるため、

3,278円×3か月 = 9,834円

を浮かせることができます。

今利用している携帯キャリアや格安SIMからすぐに楽天モバイルへ乗り換えるのが不安なら、無料期間の3か月間に今使っているSIMと楽天モバイルを併用しながら試すこともできます。

また、楽天モバイルの料金は以下のような段階料金になっている点も見逃せません。

月間1GBまで 0円
月間3GBまで 1,078円
月間20GBまで 2,178円
20GB超過後 3,278円

家にいるときは光回線のWiFiを使えばスマホの通信量は抑えられるため、月間3GBまでにできれば月間千円ほどのコストで済み、1GB未満に抑えられれば無料にすることもできます。
外出時にゲームをしたり動画を見る場合は3GBでは足りないかもしれませんが、月間20GBまでの2,178円という料金でも他の携帯キャリアに比べたら安いです。

楽天モバイルを利用するには楽天の回線に対応する端末が必要ですが、楽天モバイル申し込み時に端末も同時に購入でき、キャンペーンでの楽天ポイントプレゼントで機種によっては実質無料で手に入るため、楽天モバイル対応端末を持ってない人でも大丈夫です。

現時点のキャンペーンには次のようにものがあります。

AndroidスマホのAQUOS sense4 liteやOPPO A73が実質1円
AndroidスマホのRakuten Handが実質0円
モバイルルーターのRakuten WiFi Pocket 2Bが実質0円

iPhoneは、楽天モバイルの申し込みでもらえる5,000ポイントと端末セット購入でもらえる15,000ポイントの合わせて20,000ポイントがプレゼントされるため、実質的に2万円分安く購入できます。

今使っているスマートフォンが楽天モバイルに対応していればSIMのみの契約も可能で、他社からMNPで乗り換える場合の特典で15,000ポイントがプレゼントされるため、申し込み特典の5,000ポイントと合わせて20,000ポイントがもらえます。

キャンペーンの最新情報は公式サイトを確認してください⇒楽天モバイル

楽天ひかりの月額料金以外の費用

ここでは楽天ひかりの月額料金以外の費用について解説します。

初期費用

まず初期費用として、「初期登録費」と「工事費」があり、既にNTTのフレッツ光や光コラボレーション(ドコモ光、SoftBank光など)を利用している場合なら工事費はありません。

新規契約 フレッツ光を利用中
(転用)
光コラボを利用中
(事業者変更)
初期登録費 880円 1,980円 1,980円
工事費 有料 無料 無料

光コラボというのは、様々な業者がNTTからフレッツ光の回線を借り受けて提供しているサービスで、楽天ひかりも光コラボの一つです。
独自回線を使っているauひかりとNURO光、電力系光回線は光コラボではないため新規契約扱いとなります。

光回線が新規契約の場合は工事費がかかり、工事担当者の派遣や屋内配線の新設が必要かどうかで金額は以下のように変わってきます。

工事先への人員派遣 屋内配線新設 工事費総額 支払い回数※
マンションプラン
(集合住宅)
あり あり 16,500円 458円×36回※1
あり なし 8,360円 232円×36回※2
なし 2,200円 61円×36回※3
ファミリープラン
(戸建て)
あり あり 19,800円 550円×36回
あり なし 8,360円 232円×36回※2
なし 2,200円 61円×36回※3

※1最終月は470円
※2最終月は240円
※3最終月は65円

支払いは36回の分割払いのみで、※1~3のようにファミリープランで人員派遣と屋内配線が必要な場合以外は36回払いの最終月だけは支払い額が違います。

工事先への人員派遣や屋内配線が不要な場合は工事費は2,200円で済みますが、両方とも必要な場合は集合住宅は総額16,500円、戸建ては19,800円かかります。

新規契約になる人は工事費を最大で2万円近く負担することになりますが、月額料金が1年無料で浮いた分は工事費を大きく上回るため、実質的には工事費は無料になります。

他社の光コラボを中途解約して乗り換える場合も同様に、楽天ひかりの1年無料で浮いた分から他社の契約解除料(解約違約金)を差し引いても数万円はプラスになります。

この点からも楽天ひかりがかなりお得だということがわかります。

契約期間と契約解除料

楽天ひかりの契約期間は3年間です。

契約期間中に解約する場合は契約解除料10,450円がかかります。

3年ごとにある契約更新期間中に解約すれば契約解除料は無料になるため、3年単位で継続利用するか見直しをすることになります。

まとめ

楽天市場で買い物をすることが多い人の光回線は楽天ひかりがおすすめです。

楽天ひかりの利用で楽天市場での買い物ポイントが+1倍となり、楽天モバイル、楽天カードの分も合わせると還元率は5%にできます。
年間の購入金額が大きいほど還元されるポイントも大きくなり、その分を差し引くと楽天ひかりの月額料金の実質的な自己負担額はさらに安くなります。

楽天モバイルと楽天ひかりの両方を契約すれば、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になる特典もあり、1年分の月額料金の合計で浮く金額はマンションタイプで50,160円、戸建てタイプで63,360円にもなります。

さらに、楽天モバイルも月額料金が3か月間は無料なうえに、端末の同時購入で楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンにより実質0円や1円で楽天モバイル対応のスマートフォンが手に入ります。

フレッツ光からの転用と他社光コラボからの事業者変更以外は新規契約のため回線工事費がかかり、他社を中途解約して乗り換える場合には契約解除料がかかりますが、楽天ひかりの1年間無料で浮く金額はこれらを大きく上まわります。

公式サイトを見てみる⇒楽天ひかり