iPhone旧モデルを使い続けながら楽天モバイルに乗り換える方法

最近話題の楽天モバイルを使ってみたいけど、
自分のiPhoneは対応してないみたい。
利用するのは無理?

 

 

iPhone旧モデルでも楽天モバイルを使う方法はありますよ。

 

 

楽天モバイルがオリジナルのモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket」の取り扱いを開始しました。

価格は9,980円(税込)ですが今ならキャンペーンで実質0円にできます。

楽天モバイルといえば、先着300万人までは1年間月額料金が無料になるうえ、楽天回線エリアなら容量無制限で使えるというかなりお得な条件ですが、iPhone X以前の下記のモデルは非対応となっているため乗り換えるのをためらっていた人もいるでしょう。

iPhone X
iPhone8・8 Plus
iPhone7・7 Plus
iPhoneSE
iPhone6s・6s Plus
iPhone6・6 Plus

そんな人でも、Rakuten WiFi Pocketと自分のiPhoneをWi-Fiで接続すれば通信できるため、機種の対応状況は気にする必要が無くなります。

また、楽天回線エリアに住んでいる人なら容量無制限で使えるため固定回線の代わりとしても活用できます。

iPhoneの旧モデルユーザーはもちろん、テレワークやリモートワークなどのために容量無制限のポケットWiFiが欲しかった人は注目の製品です。

詳細はこちら⇒楽天モバイル

 

以下にRakuten WiFi Pocketで楽天モバイルを申し込む方法と注意点を解説します。

Rakuten WiFi Pocketのスペック

まず、スペックは以下のようになっています。

サイズ 94.5 x 61.2 x 17.1 (mm)
重さ 約100g
連続待受時間
連続通信時間
約300時間
約10時間
バッテリー容量 約3,000mAh
同時接続台数 10台
Wi-Fi規格 IEEE802.11(b/g/n)
インターフェース マイクロUSB タイプB
カラー ブラック・ホワイト

色々な製品が出ているモバイルルーターの中でRakuten WiFi Pocketは小さくて軽い方です。

やや丸みのある形をしており、背面は楽天の公式キャラクター「お買い物パンダ」のデザインになっています。
カラーはホワイトとブラックから選べます。

Wi-Fiで同時接続可能な台数が10台までなので、自分のスマホだけでなく家族のスマホ、タブレット、PCも同時に使えます。

Rakuten WiFi Pocketは実質0円にできる

端末代は一括払いで9,980円(税込)ですが、「Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーン」を実施しており、楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT V」と端末の「Rakuten WiFi Pocket」をセットで申し込むことで1円になります。

申し込み完了後にアンケートに回答することで楽天ポイントが1ポイントプレゼントされることで実質0円になるという仕組みです。

要はRankuten WiFi Pocketの申し込みページから楽天モバイルを申し込んでからアンケートに答えるだけなので難しいことはありません。

契約事務手数料も無料で、月額料金2,980円は1年間無料になります。

ただ、このキャンペーンの特典を受けると、同時期に行われている他のキャンペーンの対象から除外される場合がある点には注意しましょう。

どういうことかというと、これとは別にスマートフォンをセットで申し込むと楽天ポイントが15,000~20,000ポイントもらえるキャンペーンも実施しており、こちらのキャンペーン特典は受けられないということです。

この特典を受ければ楽天モバイル対応スマホが実質低価格で手に入り、そのスマホのテザリング機能によってルーター代わりにする方法もあるため、こちらもチェックしたうえで契約した方が良いかと思います。

楽天モバイルのスマホセット購入特典

楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT V」と特典対象スマートフォンをセットで申し込むと機種に応じて楽天ポイントがプレゼントされます。

中でもRakuten Miniという機種はサイズが小さく薄いため、テザリング機能でモバイルルーター代わりにするには最適です。
端末代が18,700円(税込)で還元ポイントが15,000ポイントなので自己負担額は3,700円になります。

さらに、申し込むだけ5000ポイントもらえるキャンペーンも併用できるため、実質的には端末代が無料なうえに1,300円得をすることができます。

ただ、5,000ポイント還元特典を受けるには下記の2つの条件を満たす必要があり少し手間はかかります。

・申し込みをした月の翌月末日23:59までにRakuten UN-LIMIT Vを開通
・通話アプリのRakuten Linkで10秒以上の通話とメッセージ送信をそれぞれ1回以上利用

要は翌月末までに開通手続きを行って、通話アプリで10秒以上の発信とメッセージ送信1回をするだけです。契約したまま放置して一切使わないということがなければ大丈夫でしょう。

Rakuten WiFi PocketとRakuten Miniのスペックを比較します。

機種名 Rakuten WiFi Pocket Rakuten Mini
サイズ 94.5 x 61.2 x 17.1 (mm) 約106.2×53.4× 8.6 (mm)
重さ 約100g 約79g
連続待受時間
連続通信時間
約300時間
約10時間
約160時間
約5.4時間
バッテリー容量 約3,000mAh 約1,250mAh
同時接続台数 10台 8台
Wi-Fi規格 IEEE802.11(b/g/n) IEEE802.11(a/b/g/n/ac)
インターフェース USB2.0 マイクロUSB タイプB USB2.0 タイプC
カラー ブラック
ホワイト
ナイトブラック
クールホワイト
クリムゾンレッド

Rakuten WiFi Pocketはモバイルルーターの中では小さく軽い方ですが、Rakuten Miniはさらに薄くて軽いです。

薄い分だけバッテリー容量も小さくなっており、連続通信時間はRakuten WiFi Pocketの約半分です。

同時接続台数はRakuten WiFi Pocketの方が2台多いですが、ほとんどの人は8台もあれば十分でしょう。

Wi-Fi規格はRakuten WiFi PocketはIEEE802.11 b/g/nまでですが、Rakuten MiniはIEEE802.11 a/b/g/n/acまで対応します。このため5GHzのWi-Fiを使いたいならRakuten Miniになります。

また、Rakuten Miniはおサイフケータイに対応しているため、今使ってるスマホでおサイフケータイが使えないことが不満ならRakuten Miniを選ぶ理由になるでしょう。

RakutenMiniにすればAndroidスマホが持てる!

スマホとして使う場合、画面サイズが小さい点は理解しておきましょう。

 

 

まとめ

楽天モバイルのモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket」は、iPhoneの旧モデルで楽天モバイルを使いたい人や容量無制限で利用できるポケットWiFiが欲しい人は注目です。

今なら端末代を実質0円にできるキャンペーンを実施中です。

ただ、楽天モバイル対応スマホのセット購入で高額な楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンが別にあり、こちらを利用してスマホを実質低価格で入手しテザリングでルーターとして使う方法もあります。

中でも小さいスマホのRakuten Miniなら、申し込みで5,000円還元のキャンペーンも併用することで端末代は実質無料にできます。

バッテリー容量や連続通信時間の長さを重視するならRakuten WiFi Pocketの方が良いですが、薄さやWiFi規格を重視する場合はRakuten Miniも選択肢になるでしょう。

自分の優先する条件に応じて最適なキャンペーンを選んでください。

楽天モバイルのキャンペーンをチェックする⇒楽天モバイル