光回線・ADSL・ケーブルテレビからWiFiルーターに乗り換え

光回線やADSL、CATVインターネットの場合、部屋に置いたONUかモデムとPCを直接LANケーブルで接続するか、ONU・モデムとWi-Fiルーターを接続してルーターからLANケーブルかWi-FiでPCやスマートフォン、タブレットといったデバイスを接続してインターネットを利用することになります。

WiFi(無線LAN)ならルーターとデバイス間はケーブルが邪魔になることはありませんが、部屋にONU又はモデムとWi-Fiルーターの2つが置いてあるとけっこう目立つのでインテリアにこだわる人は気になるかもしれません。

光回線やADSL、CATVインターネットは自宅までケーブルを引きこむ「固定回線」ですが、ケーブルではなく無線通信の電波を使用する「モバイル回線」でインターネットを利用すれば、ONUやモデムは不要になるので見た目がすっきりして管理も楽になります。

モバイル回線でのインターネット接続の流れは次のようになります。

【モバイル回線】⇒【ルーター】⇒【デバイス(PC・スマートフォン・タブレット等)】

モバイル回線とルーター間は電波で通信するため回線工事は不要です。この点が固定回線との大きな違いです。

ルーターとデバイス間をWi-Fiで接続すればケーブルは一切不要になります。

モバイルインターネットのルーターは、コンパクトな「モバイルルーター」と据え置きタイプの「ホームルーター」の2つがあります。
ホームルーターの場合は本体とコンセントの間は電源ケーブルで接続するので、完全なケーブルレスとはいきませんが固定回線に比べたらすっきりするはずです。

外に持ち出して使いたいなら電源がバッテリーのモバイルルーターになりますが、自宅のみで使うならホームルーターの方が便利です。ホームルーターはコンセントに差して使うので充電が不要で、Wi-Fiの電波が届く範囲が広いからです。

モバイル回線のインターネットならWiMAX

これから固定回線からモバイル回線に乗り換えたい人に紹介したいのがWiMAX(ワイマックス)です。

これは、KDDIのグループ会社のUQコミュニケーションズが保有するデータ通信網「WiMAX2+」を使ってインターネットを利用するサービスです。

ドコモ・au・SoftBankといった携帯キャリアは通話とデータ通信の両方をカバーするサービスですが、WiMAXはデータ通信に特化しており携帯キャリアのプランよりも低価格で大容量のインターネットが利用できます。

2020年で契約者数は3,000万件を超えており、モバイルインターネットサービスの代表格といえる存在です。

月額料金は3,000円~4,000円台なので、今使っている固定回線より安ければ通信費の節約も可能です。

WiMAXの通信容量は無制限ですが、直近3日間の通信量合計が10GBを超えると、超えた日の翌日の18時から次の日の2時頃までの8時間程は速度が最大1Mbpsに制限されます。
通信量が1日3GB程度なら3日で9GB程となり制限条件に当たることはありません。
仮にたくさん使って制限がかかっても夜間の8時間だけで、制限中の最大1Mbpsという速度ならWEBサイトを見たり標準画質の動画を見るといった用途なら十分使い続けられます。

固定回線からWiMAXに乗り換えるときのプロバイダー

WiMAXのプロバイダー(提供事業者)はたくさんあり、〇〇WiMAXという名称でサービスを提供していますが、WiMAX回線を管理・運営しているのはUQコミュニケーションズなのでどのプロバイダーでも通信速度や通信品質は同じです。

違っているのは月額料金や契約期間、特典内容といった契約条件だけ。これらの部分で差別化をしながら各プロバイダーでWiMAXを販売しているわけです。

そして、固定回線からWiMAXに切り替えたい人に最適なのが「Broad WiMAX(ブロードWiMAX)」。
Broad WiMAXはWiMAXの人気プロバイダーで、ここを利用している人は多いです。

なぜ固定回線からの切り替えでBroad WiMAXが良いのかというと、Broad WiMAXでは今契約中のインターネットサービスを中途解約して解約違約金(契約解除料)が発生する場合は、Broad WiMAXがその支払金額(最大19,000円まで)を負担してくれるキャンペーンを実施しているからです。

詳しくはこちら⇒Broad WiMAX

契約解除料負担キャンペーン適用条件

契約解除料を負担してくれるキャンペーン適用を受けるための条件は次の2点です。

➀支払い方法をクレジットカードにすること
②安心サポートプラスとMyBroadサポートに加入すること

➀キャンペーンの適用を受けるには支払い方法はクレジットカードにする必要があります。
②は申し込み時に任意で付けられるオプションサービスで、安心サポートプラス(月額550円)は端末が故障した時に備える補償サービス、MyBroadサポート(月額907円)は設定や困りごとを電話で相談できるサービスです。
これらが不要なら契約後にWiMAXの端末が自宅に届いたらにオプションサービスだけ解約することができます。
MyBroadサポートは2ヶ月間は無料なのですぐに解約すれば費用負担がありませんが、安心サポートプラスはすぐ解約しても1か月分の費用負担は発生してしまいます。
とはいえ550円だけなので今使っているサービスの解約違約金(契約解除料)に比べたら安いものでしょう。

契約解除料負担キャンペーンの手続き

キャンペーンの申し込み手続きは次のようになります。

  1. Broad WiMAXを申し込む
  2. 契約後4カ月以内に中途解約したサービスの解約書類をメールかFAXで送信
  3. キャッシュバック先の口座情報をメールで送信
  4. 申し込みの6か月後に契約解除料がキャッシュバックされる

キャンペーンの申し込み期限は契約後4ヶ月以内なので忘れないようにしましょう。

まとめ

光回線、ADSL、ケーブルテレビインターネットのONUかモデム、ルーターの2つが部屋にあることや配線ケーブルが邪魔だと感じるなら、固定回線を止めてモバイル回線のインターネットに乗り換える方法があります。

モバイルインターネットの代表格がWiMAXです。

回線網とルーター間はケーブルではなく電波で通信し、ルーターとデバイス間をWi-Fi接続にすればケーブルは必要なくなります。

KDDIグループ企業のUQコミュニケーションズがWiMAX回線を運営しており、WiMAX接続サービスは様々なプロバイダーが販売しています。

中でも、今契約中の固定回線を中途解約してWiMAXに乗り換えるならBroad WiMAXがおすすめです。

なぜなら、解約違約金(契約解除料)をBroadWiMAXが最大19,000円まで負担してくれるからです。

詳しくは公式サイトを確認してください⇒Broad WiMAX