5G対応ホームルーター比較【ドコモ・au・WiMAX】

5G対応のホームルーターがいくつかのキャリアから発売されました。

これまでも4G用ホームルーターを自宅のネット回線にしていた人も多かったのですが、通信速度は光回線に及ばないため、高速を必要とする用途では利用しにくいものでした。

しかし、5Gでは規格上の通信速度は光回線に引けを取らないレベルなので、5Gエリアが拡大すればこれまで以上にホームルーターを家の固定回線の代わりに利用しやすくなります。

ホームルーターは固定回線のように回線工事が不要なので工事費がかからず、端末が届いたらすぐに利用を開始でき、引っ越しをすることが多い人にも便利です。

ここでは5G対応ホームルーターと料金プランを比較していきます。

5G対応ホームルーターの機種比較

現時点で5Gホームルーターは、WiMAXとauから発売されている「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」とドコモから発売されている「home 5G HR01」があります。

WiMAXはKDDIのグループ会社「UQコミュニケーションズ」が提供するサービスのため、WiMAXとauで同じ端末が発売されるのです。
WiMAXの5G対応サービス名は「WiMAX +5G」ですがこの記事ではわかりやすく「WiMAX」と記載します。

主なスペックを比較表にまとめました。

機種名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 home 5G HR01
メーカー ZTE シャープ
発売時期 2021年6月4日 2021年8月下旬以降
通信キャリア WiMAX・au ドコモ
サイズ 約70×182×124mm 170×95×95mm
重量 約599g 未定
カラー ホワイト ダークグレー
最大通信速度 下り 2.7bps
上り 183Mbps
下り 4.2Gbps
上り 218Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz・5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz・5GHz)
有線LAN 1000BASE-T
100BASE-TX
10BASE-T
1000BASE-T
100BASE-TX
LANポート数 2個 1個
同時接続台数 32台
(WiFi:30台/LAN:2台)
65台
(WiFi:64台/LAN:1台)

サイズとデザイン

WiMAX・auのHOME 5G L11は、正面から見たときの横幅は短いですが奥行きは長めで、本体カラーはホワイトです。

ドコモのhome 5G HR01は、横幅は少し長めですが奥行きは短く、角を丸めた四角柱の形をしており、本体カラーはダークグレーです。

最大通信速度

最大通信速度は以下のようになっています。

機種名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 home 5G HR01
最大通信速度 下り 2.7Gbps
上り 183Mbps
下り 4.2Gbps
上り 218Mbps
機器接続時下り最大速度 Wi-Fi:1,2Gbps
LANケーブル:1Gbps
Wi-Fi:1,2Gbps
LANケーブル:1Gbps

スペック上の最大通信速度はドコモのhome 5G HR01の方が速いです。

ただ、これはルーターと回線間の最大通信速度のことで、ルーターと接続機器間の下り最大速度はどちらの機種もWi-Fi接続で1.2Gbps、LANケーブル接続で1Gbpsになります。各接続方法の技術規格上の上限値がこうなっているためです。

いずれにしてもWi-Fi接続でギガビットクラスの最大速度を実現しているのは大きなポイントといえます。

Wi-Fi規格

Wi-Fiの規格はいくつかありますが、どちらの機種も新規格のIEEE802.11axに対応しています。これは第6世代のWiFiのため「Wi-Fi6」という呼び方もされます。

2機種ともWi-Fi6まで対応しているため、Wi-Fi規格の違いは気にする必要はありません。

有線LAN規格とLANポート数

有線LANの規格は、どちらも最大通信速度が1,000Mbps(1Gbps)の1000BASE-Tまで対応しています。古い規格の100BASE-TXは最大100Mbps、10BASE-Tは最大10Mbpsの通信速度です。

LANポートの数は、HOME 5G L11が2個、home 5G HR01が1個ですが、LANポートが1個でも別途スイッチングハブ(中継器)を用意することで2台以上のパソコンで使うことはできます。

同時接続台数

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの機器を同時接続できる最大数は、HOME 5G L11が32台、home 5G HR01が65台となっています。

home 5G HR01はWi-Fiだけで64台も同時接続できますが、一般家庭では30台もあれば十分でしょう。

しかし多くの同時接続に対応できるということは、それだけの処理能力を備えていおり性能の高さを表しています。

5Gホームルーターのスペック比較まとめ

最大速度や同時接続台数を見ると、性能はドコモのhome 5G HR01の方が高いといえます。

しかしWiMAX・auのHOME 5G L11も必要十分な性能なので、5Gで高速インターネットを利用する目的はどちらの機種でも果たせるはずです。

形と色にも違いがあり、WiMAX・auの端末は奥行きが長い形でカラーはホワイト、ドコモの端末は四角柱でカラーはダークグレーとなってます。

5Gホームルーター対応プラン比較

ここからは、WiMAX・auとドコモの5Gホームルーター対応プランを比較します。

通信回線と使える通信容量

通信回線と使える容量を比較表にまとめました。

WiMAXとauは使用回線や使える容量は同じ条件です。

WiMAX au ドコモ
使用回線 スタンダードモード
au 5G
au 4G LTE
WiMAX2+


プラスエリアモード
au 4G LTE(プラチナバンド)

ドコモ5G
ドコモ4G LTE
通信容量 スタンダードモード
無制限


プラスエリアモード
月間15GBまで

無制限
速度制限条件 スタンダードモード
3日で15GBを超えると翌日18時から次の日の2時頃まで速度が概ね1Mbpsに制限


プラスエリアモード
月間15GBを超えると速度が月末まで最大128kbsに制限

制限される場合あり

使用回線

WiMAXとauは、端末の設定で標準モードの「スタンダードモード」とオプションモードの「プラスエリアモード」を切り替えて利用でき、スタンダードモードはWiMAX2+とauの5G、4G LTEの3回線に対応しています。ただしauの5Gと4G LTEは全ての周波数帯(バンド)で使えるわけではありません。

プラスエリアモードは、auの4G LTE回線のうちプラチナバンドと呼ばれる周波数帯の電波で通信でき、プラチナバンドはカバーエリアが広く繋がりやすいため、このバンド以外の4G LTEや5G、WiMAX2+の電波が圏外になるような場所で役立ちます。

外に持ち出して様々な場所で使う前提のモバイルルーターならモードを切り替えて利用する場合もありますが、自宅で使うホームルーターではモード切え替えをする機会はあまりなく、5G回線で使う前提なら、プラスエリアモードのことは気にしなくて良いです。
自宅が5Gエリアになるまで利用する場合でも、山間部などを除けばほとんどの人はWiMAX2+回線が使えるはずです。

ドコモの方はわかりやすく単一モードで5Gか4G LTE回線を利用できます。

使える容量と速度制限条件

WiMAXとauはスタンダードモードで容量無制限です。

自宅が5G回線エリアでなくても、4G LTEやWiMAX2+のエリアなら容量無制限でネットが利用できます。

WiMAX・auには下記のような明確な速度制限条件があります。

①スタンダードモードは、直近3日間の通信量合計が15GBを超えると翌日の18時~2時頃まで速度が概ね1Mbpsに制限される

②プラスエリアモードは、通信量が月間15GBを超えると月末まで速度が最大128kbpsに制限される

3日で15GBだと、制限がかからないようギリギリまで使うなら1日あたり5GB弱のペースになります。
しかし、制限されるのは夜間の8時間のみなので、例えば昼間ばかりにネットを使う人なら速度制限のことは気にせずに利用できます。
夜間に制限されても制限後の速度は概ね1Mbpsなので、WEBサイトを見たりSNSを利用したい標準画質の動画を見るくらいの用途なら使い続けられます。ただ、5Gの高速通信が活かせないのはデメリットです。

プラスエリアモードの方は月間15GBを超えると月末まで速度が最大128kbpsに制限され、これだと遅すぎて使い物にならないため、プラスエリアモードで使えるのは実質的に月間15GBまでです。

 

ドコモの方は5G、4Gともに容量無制限で利用でき、明確な数値の制限条件は設定されていません。

しかし、以下の場合に通信制限されることがあるようです。

①当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いと通信が遅くなることがある。

②一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがある。

①の3日間の通信量に基づく制限はWiMAX・auと同じですが、制限がかかる使用量は不明です。

②の方は、通信の安定を保ち全てのユーザーに公平なサービスを提供するために仕方のない措置だと理解してください。

②はともかく①の制限がかかる3日間の通信量がどれくらいになるかによって満足度は違ってきそうです。

5Gホームルーター対応プランの料金比較

ここからは、各社の5Gホームルーター対応プランの料金や契約期間、特典などの条件面を比較します。

WiMAXは様々なプロバイダーから提供されていますが、ここでは代表してUQ WiMAXの料金を記載します。

WiMAX(UQ) au ドコモ
プラン名 ギガ放題プラス ホームルータープラン5G home 5Gプラン
契約期間 無し・2年 無し・2年 無し
契約事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
月額料金 期間条件無し契約
5,005円
2年契約の場合
4,818円
割引適用後
4,268円(2年間)
通常料金
5,458円
2年契約N適用時
5,271円
割引適用後
4,721年(2年間)
4,950円

auとWiMAXは契約期間条件無しのほか2年契約でも利用でき、こちらの方が料金は少し安くなります。
2年契約だと契約期間中の中途解約の場合は解約金1,100円がかかりますが、半年以上使うなら2年契約の方がお得です

どちらも最初の2年間は550円の割引を受けられ、月額料金はドコモより安くなっています。

WiMAXとauでは使用回線や使える容量などの条件は同じですが月額料金はWiMAXの方が安く、3年目以降もWiMAXの方がドコモより少しだけ安いです。

ドコモはhome 5Gの契約者と同一の「ファミリー割引」グループ内の人がドコモのスマホでギガプランを契約しているとスマホの料金から最大1,100円割引されるため、ドコモのユーザーならhome 5Gプランの方がお得です。

WiMAXはUQ以外にも様々なプロバイダーから販売されており、UQ以外のプロバイダーは3年契約のところが多いですが、月額料金がUQより安く端末代やプラスエリアモードが無料といったお得な条件になっているため、3年契約でも良ければこちらを選ぶのもありでしょう。

WiMAXの5Gプラン対応プロバイダーはこちら↓

WiMAXの5G対応プランでおすすめのプロバイダー
WiMAX+5GはWiMAX2+回線に加えてauの5Gや4G LTE回線も利用できる新サービス。スタンダードモードは容量無制限で速度制限条件は3日で15GBです。5G回線に対応した新端末「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」も発売されました。

5G対応ホームルータープラン比較まとめ

WiMAX、au、ドコモのいずれのプランも5G回線を容量無制限で利用できますが、WiMAX・auは3日で15GBという明確な制限基準が有るのに対してドコモの方は制限がかかる使用量は不明確です。

もし制限がかかる通信量が3日で15GBより多ければドコモの方がお得です。

また、WiMAX・auの3日で15GBの制限は夜間の8時間程度だけなので、制限される時間帯以外にばかり使う人なら速度制限のことは気にせずに使うことができます。

 

料金については、最初の2年間はWiMAX(UQ)とauは割引されてドコモより安く、3年目以降もWiMAXはドコモより少し安いです。

ただし、ドコモはスマホでギガプランを契約しているとスマホの料金が最大1,100円割引されるため、ドコモユーザーはhome 5Gがお得です。

WiMAXはUQ以外のプロバイダーもあり、こちらは3年契約が多いですが料金がUQより安く、端末代とプラスエリアモード利用料が無料になるため、とにかく費用の安さを重視するならこちらも選択肢になるでしょう。