ドコモのホームルーター「home 5G」のキャンペーン特典を比較

8月27日にNTTドコモから発売されたホームルーター「home 5G HR01」は、新商品ということもありキャンペーンで申し込み特典が用意されています。

オンラインでの申し込みはドコモ公式のオンラインショップの他に販売代理店のサイトからも可能で、それぞれ特典内容が違っています。

このため、各窓口の違いを理解して自分の条件に合わせて最適なところを選びましょう。

ここでは、端末の「home 5G HR01」と専用料金プランの「home 5G プラン」の申し込み窓口を比較しました。

ドコモhome 5Gのキャンペーン特典の比較

home 5G を申し込めるオンライン窓口のキャンペーン特典の違いを比較表にまとめました。

窓口名 ドコモオンラインショップ GMOとくとくBB ITX
ドコモ直営店 販売代理店 販売代理店
月額料金 4,950円
端末代 39,600円⇒月々サポートで実質0円
契約事務手数料 0円 3,300円 3,300円
キャンペーン特典 dポイント(期間・用途限定)
15,000ポイント
Amazonギフト券
18,000円分
現金15,000円
キャッシュバック

直営店と代理店

ドコモオンラインショップは、NTTドコモが運営する直営店です。
公式ショップなので安心感はあります。

ドコモから委託を受けて代理店としてhome 5Gを販売しているのがGMOとくとくBBとITXです。

GMOとくとくBBは、大手インターネット企業のGMOインターネット(株)が運営しているサービスで、光回線やWiMAXなどのプロバイダーとして実績が豊富です。

ITX(株)は、全国でドコモやauなどのキャリアショップを展開している会社で、ドコモショップは2021年6月30日現在で167店舗展開しています。
家電量販店ノジマのグループ企業でもあります。

 

各社でキャンペーン特典内容が異なるため、人によっては代理店から申し込んだ方が良い場合があります。

月額料金と端末代は同じ

ドコモのホームルーター専用プラン「home 5G プラン」の月額料金は4,950円(税込)で、どの窓口から申し込んでも同じです。

端末代は39,600円ですが、「月々サポート」という割引特典があり、36か月は月額が1,100円を割引されます。

36か月×1,100円=39,600円なので端末代は実質無料にできます。

ただし、3年未満で解約した場合は残りの期間分の割引が受けられなくなるため、端末代の自己負担が発生する点に注意が必要です。
例えば、2年使って解約した場合、利用期間24か月で合計26,400円分の割引が受けられますが、残り12か月分の割引(13,200円)を受けられなくなるため、端末代として13,200円を負担することになります。

ドコモのhome 5G プランは2年や3年などの契約期間はありませんが、端末代を実質無料にするためには3年間は使う必要がある点は理解しておきましょう。

契約事務手数料とキャンペーン特典が違う

ここからが各窓口で違っている点です

契約事務手数料

まず契約時に支払う事務手数料ですが、ドコモオンラインショップは無料で、代理店の2社は3,300円かかります。

ドコモオンラインショップも以前は契約事務手数料があったのですが、2018年9月から撤廃しています。
代理店の方は現在も契約事務手数料を設定しています。

home 5Gのキャンペーン特典と注意点

次に各窓口で独自に設定しているキャンペーン特典は以下のようになっています。

ドコモオンラインショップ GMOとくとくBB ITX
特典種類 dポイント(期間・用途限定) Amazonギフト券 現金
金額 15,000ポイント 18,000円分 15,000円
受取時期 dアカウントを発行した月の翌々月に進呈 回線開通確認月を含む4ヶ月後に案内が届く 開通確認した月を含む最短翌々月末に振込み

ドコモオンラインショップはドコモのポイント「dポイント(期間・用途限定)」が15,000ポイントもらえます。
dポイントは1ポイント=1円として「dポイントカード」や「d払い」に対応する店での支払いに使えます。
注意点は、dポイント(期間・用途限定)となっていることです。これは通常のdポイントとは異なり有効期限が短く、用途も限定されているものです。

home 5Gの契約でもらえるdポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月を含む6か月です。

利用できない用途は以下のとおりです。

・ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイルへの交換含む)
・ケータイ料金の支払い
・データ量の追加

用途については、dポイントカードやd払いでの支払いに使う予定の人なら問題ないでしょう。
ただ、15,000円分のポイントを6か月以内に使い切ることを忘れないようにする必要はあります。

 

GMOとくとくBBはAmazonギフト券18,000円分がもらえます。

Amazonギフト券の有効期限は購入後10年となっているため使い忘れるリスクも低いです。

注意点は、回線開通確認月を含む4ヶ月後に登録メールアドレス宛に特典の案内が届けられることです。
受け取れる時期が他の2社より少し遅く、案内のメールを見逃さないようにする必要があります。

 

ITXは、現金15,000円がキャッシュバックされます。

現金なので有効期限を気にする必要が無く、dポイントやAmazonギフト券は使う機会がないという人に最適です。

受け取り手続きは、申し込み後にITX側から確認の電話がかかってきて担当オペレーターが振込口座の番号を聞いてくるので、この時に伝えるだけです。
スマホを利用している人なら希望すればSMSで口座番号を登録するURLを送ってもらうこともできます。(登録有効期限は14日間)

まとめ

各窓口で違う点は、契約事務手数料とキャンペーン特典内容です。

ドコモオンラインショップは契約事務手数料が0円のため、代理店にはある3,300円の事務手数料分が浮くことになり、キャンペーン特典のdポイント15,000ポイントと合わせて実質18,300円相当がお得になります。

次にAmazonギフト券18,000円分のGMOとくとくBB、その次に現金15,000円のITXとなります。

ただし、ドコモオンラインショップでもらえるのは「dポイント(期間・用途限定)」で有効期限は6か月となっている点には注意が必要です。

ドコモオンラインショップでの申し込みは、既にdポイントカードやd払いを利用している人やこれから利用したい人に向いています。

申し込みページ⇒ドコモオンラインショップ

 

GMOとくとくBBはAmazonギフト券18,000円で、お得になる金額はドコモオンラインショップより300円少ないだけです。

ネット通販でAmazonを利用する人には使い勝手が良いですが、特典の案内メールが届くのは開通確認月を含む4か月後になることを忘れないようにしましょう。

申し込みページ⇒GMOとくとくBBのドコモhome5G

 

ITXは現金15,000円のキャッシュバックなので、他社より金額は少なくても良いから現金の口座振り込みで受け取りたい人に向いています。

GMOより受け取り時期が早いのも魅力です。

申し込みページ⇒ドコモ home 5G