PR

楽天ターボとソフトバンクエアーを比較して違いをまとめた

楽天モバイルから「楽天ターボ(Rakuten Turbo)」というホームルーターが新しく登場しましたが、ホームルーターとしては以前からソフトバンクが提供する「ソフトバンクエアー(SoftBank Air)」というサービスもあります。

今回は楽天ターボとソフトバンクエアーを比較したので、この2つが気になっている人は参考にしてください。

使用回線と対応エリアの違い

楽天ターボとソフトバンクエアーで使用する回線は次のようになっています。

 サービス名 楽天ターボ
(Rakuten Turbo)
ソフトバンクエアー
(SoftBank Air)
運営元 楽天モバイル ソフトバンク
使用回線 楽天回線
4G LTE
5G Sub6
SoftBank回線
4G LTE
5G Sub6

どちらも携帯電話でも利用されている4Gや5Gの回線でインターネットに接続するサービスです。
自宅がまだ5Gエリアになっていなくても4G回線で利用できます。

対応エリアの広さは、携帯キャリアとしての歴史が長いSoftBankの回線の方が広いですが、外に持ち出してあちこちで使う機会があるモバイルルーターと違いホームルーターは自宅に置いて使うため、自宅が対応エリアになっていれば問題ないです。

楽天回線は山間部など人口の少ないエリアだと対応していないところがあるため、まずは自宅がエリア内かどうかチェックしておきましょう。

エリア確認はこちら⇒Rakuten Turbo(公式サイト)

なお、楽天ターボの端末代は8日間の返金制度があるため、まずは使ってみて自宅に十分に電波が届いているか確認してから継続するかを判断できます。

契約期間と解約金

どちらも契約期間の設定はないため、解約違約金や契約解除料といった解約金もないです。
契約期間に縛られることはありません。

ただし後で説明しますが、ソフトバンクエアーはキャンペーン割引を受けるためや端末代を実質無料にするためには3年利用する必要があり、最初は3年縛りになります。

料金の違い

契約時の事務手数料と月額料金、支払い方法は下記のようになっています。

 サービス名 楽天ターボ ソフトバンクエアー
契約事務手数料 3,300円 3,300円
月額料金 1~6か月目 0円
13か月目以降 4,840円
1~6か月目 1,980円
7か月目以降 5,368円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
ソフトバンクエアーは月額料金が6か月間は3,388円割引される「かんたん!SoftBank Air 1,980円ではじめようキャンペーン」で申し込んだ場合は最低利用期間が3年となり、課金開始月から36ヵ月目までに解約するとキャンペーン違約金として3,080円が請求されます。
3,388円×6か月の割引を受けるためには最初だけ3年縛りになることは覚えておきましょう。

どちらもキャンペーンで6か月間は月額料金が割引されており、楽天ターボは半年間は無料です。

月額料金は1年目、2年目以降ともに楽天ターボの方が安いです。

満60歳以上か満29歳以下の人がソフトバンクエアーを申し込むと、24か月間は月額料金が2,288円割引されて3,080円で利用できるため、2年間はこちらの方が安く利用できます。

支払い方法は、どちらもクレジットカードと口座振替に対応しており、ソフトバンクエアーはSoftBankやY!mobileの携帯電話料金との合算請求も可能です。

楽天ターボはクレジットカード払いなら料金支払いに楽天ポイントを充当できます。
通常ポイントのほか期間限定ポイントや楽天キャッシュも使用できます。

楽天ターボは月額料金100円ごとに1ポイントが貯まります。
7か月目以降は月額4,400円(税別)なので毎月44ポイントになります。
2年目以降では1年間で貯まるのは528ポイントです。

 

ホームルーターの価格の違い

次に、ホームルーターの価格を比較します。

 サービス名 楽天ターボ ソフトバンクエアー
使用端末名 Rakuten Turbo 5G Airターミナル5
価格 41,580円 71,280円

端末価格はソフトバンクエアーのAirターミナル5の方が3万円近く高いです。

しかし、ソフトバンクエアーは3年利用することで端末代は実質無料になるため、長期利用の予定なら心配ありません。

楽天ターボの端末代

Rakuten Turbo 5Gの価格は41,580円です。

一括払いのほか24回(1,732円×24回)か48回(866円×48回)の分割払いもできますが、48回の分割払いができるのは楽天カードのみです。

ソフトバンクエアーの端末代

Airターミナル5の価格は71,280円です。

分割払いの回数は12回・24回・36回・48回・60回から選べます。

「月々割」により36回は月額料金が毎月1,980円が割引されるため、36回×1,980円=71,280となり3年利用することで端末代は実質無料になります。

ただ、3年未満で解約すると端末代の割引を満額受けられなくなるため、自己負担額が発生します。

例えば、2年利用して解約した場合、残り12回分の割引が受けられなくなるため端末代の自己負担額は1,980円×12回=23,760円となります。

端末価格が高いため、3年未満で解約した場合の負担額も大きいことは理解しておきましょう。

 

キャンペーン特典・セット割の違い

続いてキャンペーン特典やスマホとのセット割引きを比較します。

ソフトバンクエアーはソフトバンク公式サイトよりも販売代理店の方が豪華なキャッシュバック特典を用意しているため、ここでは販売代理店(GMOとくとくBB)のキャッシュバック特典を比較対象とします。

 サービス名 楽天ターボ ソフトバンクエアー
料金割引 6か月間は月額料金が0円 ・6か月間は月額料金が1,980円

・満60歳以上か満29歳以下の人は24か月間は月額料金が3,080円

キャッシュバック
ポイント還元
①20,000ポイントプレゼント

②SPUでポイントが+2倍

③初めての契約で2,000ポイントプレゼント

キャッシュバック
40,500円(通常)
37,500円(60歳以上か29歳以下)
スマホとのセット割 おうち割光セット
おうち割光セット(A)

Rakuten Turboのキャンペーン特典

Rakuten Turboはキャンペーン特典で6か月間は月額料金が0円になり、割引額の合計は29,040円になります。

さらに、スマホでRakuten最強プランを契約している人には楽天ポイントが20,000ポイントプレゼントされます。

楽天モバイルを契約してない人は、楽天ターボの申し込み月に楽天市場の下記の対象ジャンルで1円以上の買い物をすると20,000ポイントが還元されます。

家電
TV・オーディオ・カメラ
タブレットPC・スマートフォン
パソコン・周辺機器
ゲーム

この特典は楽天ターボの申し込み月の末日までにキャンペーンページでエントリーする必要があるので忘れないようにしてください。

楽天モバイルのユーザーが楽天ターボの申し込み月に1円以上の買い物をした場合、買い物還元特典の方が適用されます。

どちらも受け取り時期はRakuten Turboの利用開始月の翌々月の末日頃で、ポイントの有効期限は進呈日を含めて6か月間です。

 

この他に、Rakuten TurboはSPUの対象なので楽天市場での買い物のときに楽天ポイントが+2倍になります。
+2倍で多くもらえるポイントの月間の獲得上限は1,000ポイントまでなので、月間で50,000円の買い物したときが最もお得です。

また、公式サイトのキャンペーンのページからSPUで+2倍のページに行き、そこでエントリーボタンを押してから申し込むと2,000ポイントがプレゼントされます。

事前エントリーが必要なので忘れないようにしてください。

公式サイトでエントリーボタンを確認する⇒Rakuten Turbo

 

ソフトバンクエアーのキャンペーン特典

月額料金はキャンペーンで6か月間は3,388円割引されて1,980円になり、割引額合計は20,328円です。
満60歳以上か満29歳以下の人限定のキャンペーンでは24か月間は月額料金が2,288円割引されて3,080円となり、割引額合計は54,912円にもなります。

 

申し込み特典は、代理店の特典で最大40,500円のキャッシュバック

新規申し込みで32,500円キャッシュバックがあり、申し込み後3日以内に「事前情報登録」を完了するとキャッシュバックが8,000円増額されて合計40,500円のキャッシュバックになります。

なお、満60歳以上や満29歳以下の人限定の割引を受ける場合はキャッシュバック額は29,500円になり、事前情報登録による8,000円増額で合計37,500キャッシュバックとなります。
キャッシュバック額が減額されますが、24か月分の割引額の方が大きいです。

事前情報登録とは、申し込みから3日以内にソフトバンクからSMSかメールが届くので、そこから本人確認書類をアップロードをすることです。申し込み日を含む3日以内なので注意してください。

受け取り手続きは 開通月の翌々月の末頃にキャッシュバックの案内メールが届くので、メールが届いてから30日以内にこれに従って受け取り口座を登録します。



ソフトバンクエアーのスマホセット割

SoftBankとのセット割は「おうち割光セット」で、携帯電話の料金プランに応じて毎月550円~1,100円割引されます。

料金プランがデータプランメリハリ無制限やデータプランミニフィット+なら割引額は1,100円です。

Y!mobileとのセット割は「おうち割光セットA」で携帯電話の対象プランに応じてを毎月550円~1,650円割引されます。

料金プランがシンプル2 M/Lなら割引額は1,650円になります。

このセット割はソフトバンクエアーの契約者だけでなく、同じキャリアを契約する家族も対象で最大10回線まで割引されます。

例えば、家族3人全員がSoftBankの1,100円割引対象のプランを契約してれば合計3,300円の割引となります。
遠方に住む家族も割引対象にできるため、もし自分と家族で5人が1,100円割引対象のプランを使っていれば合計で5,500円割引されてソフトバンクエアーの月額料金を上回ります。

このように、ソフトバンクエアーは家族のスマホをSoftBankかY!mobileで統一している家庭ほどお得になるサービスなのです。

端末のスペックと通信速度の違い

ここでは端末のスペックと通信速度を比較します。

端末のスペック比較

使用する端末は、楽天ターボは「Rakuten Turbo 5G」とソフトバンクエアーは「Airターミナル5」です。

主なスペックは以下のようになっています。

機種名 Rakuten Turbo 5G Airターミナル5
メーカー 楽天モバイル OPPO
発売日 2023年1月26日 2021年10月
サイズ
(高さ×幅×奥行)
約148×110×110mm 約225×103×103mm
重量 約774g 約1,086g
対応周波数帯

5G
Band n77 (3.8GHz)
4G LTE
FDD-LTE:Band 3 (1.8GHz)

5G
Band n77(3.7GHz 3.4GHz)
4G LTE
FDD-LTE:Band 1(2.1GHz)
4G
AXGP: Band 41(2.5GHz)
TDD-LTE: Band42(3.5GHz)
最大通信速度 5G
下り 2.1Gbps
上り 218Mbps
5G
下り 2.1Gbps
4G LTE
下り 391Mbps
上り 76Mbps
有線LAN規格 1000BASE-T
100BASE-T
10BASE-T
LANポート数 2個
無線LAN規格
(Wi-Fi)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz・5GHz)
最大接続台数 128台(WiFi:126台/LAN:2台)

発売時期はRakuten Turbo 5Gの方が新しいです。

対応している電波の周波数帯(バンド)はAirターミナル5の方が多いですが、5Gと4G LTEはどちらも1バンドです。

サイズについては、Rakuten Turbo 5Gの方がAirターミナル5より幅と奥行きが7mm長く、高さが7cmほど低いです。Rakuten Turbo 5Gの方が高さが低いことが目立った違いです。

最大通信速度については、Airターミナル5の方は5Gでの下り最大速度しか公式サイトの仕様表に記載されていなかったので上り速度や4Gでの最大速度は不明です。

いずれにしても5G回線での下り最大速度はどちらも2.1Gbpsです。

有線LANの対応規格やLANポートの数、Wi-Fiの対応規格、最大接続台数も同じです。

楽天ターボとソフトバンクエアーの速度比較

端末のスペック上の最大速度ではなく、使用時に実際に出ている速度はどれくらいなのかは、「みんなのネット回線速度」という速度測定サイトが参考になります。

それにによると、各サービスの平均速度とPing値は以下のようになっていました。

  楽天ターボ
Rakuten Turbo 5G
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
ダウンロード速度※ 91.79Mbps 113.38Mbps
アップロード速度※ 38.75Mbps 10.98Mbps
Ping値※ 53.74ms 45.64ms

(※引用元:みんなのネット回線速度 直近3カ月間の平均値)

下り速度はソフトバンクエアーの方が速く100Mbps以上となっています。

上り速度は楽天ターボの方が速いです。
楽天ターボはホームルーターの中ではアップロード速度の数値が比較的高めなので、ファイルのアップロードをする機会がよくある人には良いかもしれません。

これらはあくまで平均値なので自宅の電波環境によってはもっと低い数値になる場合があります。

 

1年~3年間利用した場合の総費用を比較

ここではキャッシュバック特典を踏まえたうえで、1年、2年、3年利用した場合の総費用を比較します。

楽天ターボ ソフトバンクエアー
契約事務手数料 3,300円
端末代 41,580円 1年利用 47,520円
2年利用 23,760円
3年利用 0円
月額料金 1~6か月目 0円
13か月目以降 4,840円
1~6か月目 1,980円
7か月目以降 5,368円
月額料金1年分 29,040円 44,088円
月額料金2年分 87,120円 108,504円
月額料金3年分 145,200円 172,920円
申し込み特典
ポイント・キャッシュバック
22,000ポイント 40,500円
1年総費用 51,920円
54,408円
2年総費用
110,000円
95,064円
3年総費用 168,080円 135,720円

総費用は、1年利用では楽天ターボ、2年や3年利用ではソフトバンクエアーの方が少ないです。

楽天ターボは端末代がかかりますが、ソフトバンクエアーは1年で解約すると楽天ターボの端末代以上の自己負担が発生します。
楽天ターボは半年間無料で利用できることも1年間の総費用を少なくしている要因です。

2年や3年利用になると、ソフトバンクエアーは端末代の自己負担額が減少していき、高額なキャッシュバックがあることから、実質的な総費用はソフトバンクエアーの方が少なくなるのです。

ソフトバクエアーは3年利用すると端末代が実質0円になるため楽天ターボとの総費用の差はさらに大きくなっています。

ただ、楽天市場で高額な買い物をすることが多い人は、楽天ターボはSPUで楽天市場での買い物ポイント還元率が+2倍になるメリットも考慮しておきましょう。

例えば、楽天市場で月間25,000円~50,000円の買い物をするとSPUにより通常よりも500~1,000ポイントが多くもらえるため、実質的に楽天ターボの月額料金が500円~1,000円安くなったのと同じことになるのです。

また、月額料金は楽天ターボの方が安いため、かなり長期間使い続ければこちらの方が低コストになるケースもあります。

自分の予定利用期間でシュミレーションして選んでください。

まとめ

最後に各サービスのメリットとデメリットをまとめます。

  楽天ターボ ソフトバンクエアー
メリット ①月額料金はこちらの方が安い

②端末代8日間返金制度で試せる

③22,000ポイントがもらえる

④SPUで楽天ポイント+2倍

①3年利用すれば端末代が実質無料

②高額なキャッシュバックがある

③60歳以上か29歳以下なら2年間は月額3,080円で利用できる

④SoftBankやY!mobileのスマホとのセット割がある

デメリット ①端末代の割引が無い ①端末代を実質無料にするには3年利用する必要がある

②6か月割引キャンペーンで申し込むと36か月目までの解約で違約金(3,080円)が発生する

②割引終了後の月額料金が高い

以上より、楽天ターボとソフトバンクエアーのどちらが向いているかは以下のようになります。

楽天ターボが向いている人

  • 楽天市場での買い物金額が大きい
  • 1年間ほどホームルーターを使いたい
  • ルーターのサイズは高さが低い方が良い
  • 上り速度が少しでも速い方が良い

公式サイトはこちら ⇒ Rakuten Turbo

 

ソフトバンクエアーが向いている人

  • 自分や家族がSoftBankかY!mobileのユーザー
  • 少なくとも3年間は利用できる
  • 年齢が満60歳以上か満29歳以下
  • 下り速度が少しでも速い方が良い

詳細・申し込みはこちら ⇒ GMOとくとくBB【SoftBank Air】

コメント