ahamoはhome 5G HR01のセット割引を受けられるの?

ドコモのahamo(アハモ)ユーザーで、最近発売されたホームルーターの「home 5G HR01」を契約したい人もいるでしょう。

ahamoを使ってるけど、home 5Gのセット割引は受けられるの?

ドコモのスマホのギガプランの契約者がhome 5Gを契約すると「セット割引」が受けられますが、残念ながらahamoは対象外です。

このため、ahamoユーザーがhome 5Gを契約してもスマホ代は割引されません。

毎月負担する月額料金は、ahamoが2,970円、home 5Gが4,950円で合計7,920円になります。

これぐらいの金額なら許容範囲という人ならhome 5Gを利用するのもありです。

なお、ahamoユーザーでも申し込み特典は受けられます。

詳しくはこちら⇒home 5Gキャンペーン特典比較

 

home 5Gにこだわらなければ、もっと費用を安くできる他のサービスがあります。

そこで今回は、ahamoユーザーの自宅ネット回線として最適なサービスを紹介します。

回線工事費が無料、契約期間の縛り無しの光回線

家に光回線を引ける状態で、速度や安定性を重視するなら光回線がベストです。

光回線は様々な業者から提供されていますが、今最もおすすめなのが「GMO光アクセス」です。



ネット企業大手のGMOインターネット(株)のプロバイダー「GMOとくとくBB」が提供する光回線サービスです。

こちらは、回線工事費が無料で、2年間の契約期間の途中で解約でも解約違約金がかかりません。

このため、初めて光回線を利用する人や近い将来引っ越しするため2年経たずに解約するかもしれないという人にも最適なのです。

GMO光アクセスは月額料金が安い

ドコモが提供する光回線「ドコモ光」や「home 5G」の料金と比べてみます。

サービス名 ドコモ光 home 5G GMO光アクセス
戸建て 5,720円 4,950円 4,818円
集合住宅 4,400円 4,950円 3,773円

以上のようにGMO光アクセスの方が安いです。マンションやアパートなら4千円以下で利用できます。

ドコモ光にもスマホとのセット割引がありますが、home 5Gの場合と同様にギガプランのみが対象でahamoは対象外なので、ahamoユーザーはGMO光アクセスの方が費用は安く済みます。

GMO光アクセスでは光回線の次世代技術「V6プラス」に対応したWiFiルーターも無料レンタルできるため、自分で購入して用意する必要もありません。

初期費用は契約事務手数料の3,300円だけです。

GMO光アクセスの注意点

GMO光アクセスには3つ注意点があります。

①工事費無料にするには5年利用する必要がある

GMO光アクセスは工事費無料となってはいますが、5年(60か月)未満で解約するすると下記のように工事費の残債を負担することになります。

戸建て:330円(税込)×(60回ー利用経過月数)
マンション:275円(税込)×(60回ー利用経過月数)

例えば、3年利用して解約した場合、工事費が無料になる60か月まで残り24か月が残っているため、マンションタイプだと275円×24回=6,600円を工事費残債として支払うことになります。

ただ、home 5Gも端末代は「月々サポート」という割引制度により3年使うことで無料になる仕組みなので3年未満で解約したら自己負担が発生するのは同じです。

利用期間ごとにhome 5Gの端末代とGMO光アクセスの工事費残債の金額を比較します。

home 5G
端末代
GMO光アクセス
工事費残債
1年利用後に解約した場合 26,400円 15,840円(戸建て)
13,200円(マンション)
2年利用後に解約した場合 13,200円 11,880円(戸建て)
9,900円(マンション)
3年利用後に解約した場合 0円 7,920円(戸建て)
6,600円(マンション)
4年利用後に解約した場合 0円 3,960円(戸建て)
3,300円(マンション)
5年利用に解約した場合 0円 0円

自己負担が0円になる時期はhome 5Gの方が早いですが、2年以内に解約した場合の負担額はGMO光アクセスの工事費の方が安いです。

ただ、回線工事が不要のhome 5Gは引っ越すことになった場合でも、住所変更の手続きをするだけ転居先で使い続けられるため、賃貸住宅の人でも長く利用しやすいです。

②申し込みができる対象者

現在では新規契約のみ申し込みを受け付けているため、既にNTTのフレッツ光や他社の光コラボかを利用している人は申し込みができません。

光コラボとは、フレッツ光の回線設備を借り受けて提供している光回線のことで、ドコモ光やSoftbank光、ビッグローブ光などが該当し、GMO光アクセスも光コラボです。

auひかりやNURO光、電力系光回線はフレッツ光とは別の回線を使っているサービスなので、これらからの乗り換えは新規契約扱いとなり申し込みは可能です。

申し込みページに注意

GMO光アクセスの申し込みページは通常ページと限定特典ページの2つがあり、解約違約金が無料になるのは下記の限定特典ページのみなので間違えないようにしてください。

月額料金も限定特典ページの方が少し安く設定されているため、こちらから申し込まないと損です。

限定特典ページはこちら⇒シンプルに安い速い光!【GMO光アクセス】

 

WiMAXのホームルーターにすれば費用を安くできる

WiMAXのホームルーターはどうかな?

プロバイダーによってはhome 5Gより料金が安いところがありますよ。

ドコモのhome 5Gと同じ「置くだけWiFi」のホームルーターは、以前からWiMAXからも提供されています。

これなら回線が不要なので光回線を引けない人でも利用できます。

WiMAXの新サービス「WiMAX+5G」では、WiMAX2+回線に加えて、auの4G(LTE)や5Gの回線にも対応しているため、将来自宅がauの5Gエリアになれば5Gでの高速通信が利用できるようになります。

WiMAXの安いプロバイダーとhome 5G(ドコモオンラインショップ申し込み)の費用を比較してみました。

サービス名 GMOとくとくBB
WiMAX+5G
カシモ
WiMAX+5G
BIGLOBE
WiMAX+5G
ドコモ
home 5G
契約事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円 0円
月額料金 24か月目まで
4,158円
25か月目以降
4,708円
1か月目
4,500円
2か月目以降
4,750円
24か月目まで
4,378円
25か月目以降
4,928円
4,950円
端末代 0円 0円(3年利用の場合) 21,912円 0円(3年利用の場合
キャンペーン特典 無し 無し キャッシュバック
10,000円
dポイント
15,000ポイント
3年(37か月)
実質総費用
164,296円 178,800円 184,348円 168,150円

WiMAXのプロバイダーは契約事務手数料3,300円がかかりますが、home 5Gはドコモオンラインショップから申し込むと契約事務手数料が無料になります。

月額料金と3年使った場合の総費用は、GMOとくとくBBがWiMAXの中で最も安く、ドコモのhome 5Gよりも安いです。

GMOとくとくBBのサイトはこちら↓
【144×144】GMOとくとくBB WiMAX+ 5G ホームルーター

 

home 5Gよりも費用の安いWiMAX+5Gを利用したいと思ったら、こちらで詳細を解説しているので読んでみてください↓

WiMAXの5G対応プランでおすすめのプロバイダー
WiMAX+5Gでオススメのプロバイダーを紹介します。WiMAX2+回線に加えてauの5Gや4G LTE回線も利用できる新サービスです。スタンダードモードは容量無制限で速度制限条件は3日で15GBです。