WiMAXの5G対応プランでおすすめのプロバイダー

4月8日からWiMAXの新サービス「WiMAX +5G」が開始されました。

これはWiMAXの独自回線「WiMAX2+」に加えてauの5G回線と4GLTE回線にも対応しています。

つまり、今後WiMAXユーザーはauの5G回線でもインターネットを利用できるというわけです。

また、2022年秋からは一部地域でWiMAX 2+を提供している周波数帯の一部を5Gサービスとして変更していく予定となっているので、WiMAX回線の方も順次5G化していくようです。

この他にも、従来サービスの「WiMAX2+」より速度制限条件が緩和されており、大容量で使えるモバイル通信サービスとしての魅力がさらに高まりました。

これからWiMAXを利用しようと考えている人はチェックしてみてください。

WiMAX +5Gのサービス内容

これまでのサービス「WiMAX2+」との違いについても交えながら「WiMAX +5G」を解説します。

使用回線と通信容量、速度制限条件

WiMAX +5G では端末上の設定で2つの通信モードを選択でき、それぞれの使用回線と使える通信量、速度制限条件は次のようになっています。

サービス名 使用回線 使える通信量 速度制限条件
スタンダードモード WiMAX2+
au 5G
au 4G LTE
無制限 3日間で15GB
プラスエリアモード au 4G LTE(700-800MHz帯) 月間15GBまで 15GB超えで月末まで制限

使用回線の違い

標準のスタンダードモードで使用するauの5Gはまだ対応エリアは限られていますが、WiMAX2+とauの4G LTEの2つで全国のほとんどのエリアで使えるので、通常はスタンダードモードにしておけば十分です。

しかし、スタンダードモードの回線では電波が届きにくい場所で使うときのために、700-800MHz帯のau 4G LTE回線を使用するプラスエリアモードがオプションとして用意されています。
この周波数帯は「プラチナバンド」と呼ばれ、これ以外の周波数帯の4G LTE回線よりもカバーエリアが広いからです。
プラスエリアモードはスタンダードモードでは繋がらないときのための非常用として捉えておくと良いでしょう。

速度制限条件の違い

スタンダードモードは容量無制限ですが、下記の速度制限条件があります。

直近3日間の通信量合計が15GBを超えると、翌日の18時~次の日の2時頃まで速度が概ね1Mbpsに制限される。
3日間の通信量合計が15GBを下回ると制限はかからなくなります。

このような制限条件があるのは、容量無制限だからといって一切の制約が無いと、一部のユーザーが極端に大量の通信を行い回線に影響が出ることがあり得るからです。

ちなみに、従来サービスのWiMAX2+では制限がかかる通信量は3日で10GBだったので、3日で15GBのWiMAX+5Gでは従来より5GB多く使えるようになっています。

速度制限があるとはいえ、制限がかかるのは翌日の夜間8時間程度に限られているため、昼間に使うことが多く18時以降は使わない人なら速度制限は気にせずに容量無制限で利用できます。昼間のテレワーク用で使いたい人にも便利です。
平日はあまり使わず土日に多く使う人でも、直近3日間で15GB未満に抑えられれば制限はかかりません。
また、夜間に使う場合でも制限後は1Mbps程度の速度なので、WEBサイトを見たりSNSを利用したり標準画質の動画を見るといった用途なら利用できます。

 

プラスエリアモードは、月間の通信量が15GBを超えると月末まで128kbpsに制限されます。128kbpsというのは遅すぎて使いものにならないレベルです。
制限されるのはプラスエリアモードのみで、スタンダードモードは制限対象外です。

従来のWiMAX2+にも標準モードの「ハイスピードモード」の他にオプションで「ハイスピードプラスエリアモード」というがあり、こちらは月間7GBを超えると標準モードの方も制限の対象だっため、オプションモードでは7GBを超えないよう特に注意する必要がありました。

その点、WiMAX+5Gのプラスエリアモードの制限がかかる通信量は月間15GB以上になり、スタンダードモードは制限の対象外なので、プラスエリアモードで15GB使ってしまってもスタンダードモードは高速通信のまま利用できます。

WiMAX2+からの改善点
・速度制限条件の通信量が標準モードでは5GB、オプションモードでは8GB増えた
・オプションモードで制限がかかっても標準モードは制限対象外になった

WiMAX+5Gの使用端末

WiMAX+5Gで使用する端末は、持ち運び可能なモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」と据え置き型のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の2つです。

主なスペックは以下です。

機種名 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi Speed Wi-Fi HOME 5G L11
メーカー サムスン ZTE
対応通信方式 WiMAX2+
4G LTE
5G(Sub6)
WiMAX2+
4G LTE
5G(Sub6)
最大通信速度 下り 2.2Gbps
上り 183Mbps
下り 2.7Gbps
上り 183Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11a/n/ac/ax (5GHz)
ディスプレイサイズ 約5.3インチ
本体サイズ(幅×高さ×厚さ) 約147×76×10.9mm 約70×182×124mm
重さ 約203g 約599g
バッテリー容量 5,000mAh ACコンセント接続で使用
連続通信時間
連続待受け時間
約16.6時間(約1,000分)
約790時間
同時接続台数 Wi-Fi 10台
USB 1台
Wi-Fi 30台
LAN 2台

最大通信速度は現時点では一部エリアのみ対応となっていますが、今後5G対応エリアが拡大すれば、これまでのWiMAX2+以上に高速でインターネットが利用できるようになるでしょう。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは約5.3インチの大型ディスプレイを搭載しているのが大きな特徴で、従来のモバイルルーターの画面は小さくて見ずらいと感じていた人には便利です。
バッテリー容量はモバイルルーターとしては大きい5,000mAhの大容量なので長時間使えます。

ホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11ならコンセントに電源ケーブルを差して使うためバッテリーや連続通信時間のことは気にする必要がありません。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは本体背面にはスタンドが付いているので、テーブルなどの上に立てて置くことができ、充電中にロック画面を常に表示させておけば卓上カレンダーとしても使えます。
背景を黒にするダークモードもあり、時間設定で自動でダークモードのオン・オフが可能です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11はWi-Fiの最大同時接続台数が30台で、新しいWi-Fi規格のIEEE802.11axにも対応しています。

auの5Gエリア

auの5Gは3.5GHz帯、3.7GHz帯、4GHz帯、28GHz帯の周波数が使われており、2020年12月時点で47都道府県の一部エリアで5Gサービスが開始されました。

2021年春には既存周波数の700MHz帯を活用した5Gサービスも始まり、700MHz帯による人口カバー率は90%になる予定です。

 

WiMAX+5Gの料金プラン

WiMAX接続サービスは、回線運営元のUQコミュニケーションズのほか、様々なプロバイダーからも提供されています。BIGLOBE WiMAXやカシモWiMAXなど、〇〇WiMAXという名前を見かけたことがあるのではないでしょうか?

これらは全て回線は同じものなので、速度や繋がりやすさなどの通信品質に違いはありません。

違っているのは、各プロバイダーで設定している月額料金や契約期間、キャンペーン特典なので、こうした条件を比較してWiMAX+5Gのプロバイダーを選ぶことになります。

そして、WiMAX+5Gの料金プラン「ギガ放題プラス」を提供している各プロバイダーを比較した結果、おすすめのプロバイダーは下記の2つとなりました。

クレジットカード払いで最安 ⇒ GMOとくとくBB

口座振替に対応し契約期間が1年 ⇒ BIGLOBE WiMAX

GMOとくとくBBのギガ放題プラス

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOインターネットが運営しており、インターネット接続プロバイダーとして11年の実績があります。

こちらは高額キャッシュバックによる総費用の安さを売りにしています。

契約条件は次のようになっています。

契約期間 3年(自動更新)
支払い方法 クレジットカード
契約事務手数料 3,300円
月額料金(税込) 初月 4,158円日割り
24か月目まで 4,158円
25か月目以降 4,708円
契約解除料 12か月目まで 20,900円
24か月目まで 15,400円
36か月目まで 10,450円
更新月 0円
更新月以外 10,450円
プラスエリアモード利用料 無料
端末代 無料

契約期間は3年間の自動更新です。
3年ごとにある更新月以外の月に解約すると、上の表にあるように解約時期に応じて契約解除料がかかります。

月額料金は初月は日割りです。
3年目以降は料金は少し値上げされて4,708円になります。

月額料金が安いことが影響し、3年間の実質的な総費用を計算するとGMOとくとくBBが最安です。

プラスエリアモード利用料も無料なので、auのプラチナバンドのカバーエリアで使いたい人にも適しています。

GMOとくとくBBは、クレジットカードを持っていて月額料金が総費用が最安のところを使いたい人におすすめです。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら↓
【320×50】GMOとくとくBB WiMAX+ 5G

 

 

クレジットカードを持ってない人はこちら↓

BIGLOBE WiMAXのギガ放題プラス

老舗インターネットプロバイダーのBIGLOBEが提供するWiMAX+5Gです。

こちらは契約期間が1年になっていることや支払い方法は口座振替も選べるのが特徴です。

契約条件は次のようになっています。

契約期間 1年(最低利用期間)
支払い方法 クレジットカード 口座振替
契約事務手数料 3,300円
月額料金(税込) 初月 0円
24か月目まで 4,378円
25か月目以降 4,928円
契約解除料 12か月目まで 1,100円
13か月目以降 0円
その他負担金 口座振替の場合
端末受け取り時の代金引換手数料400円
口座振替手数料200円(毎月)
プラスエリアモード利用料 1,100円
端末代 21,912円

契約期間は最低利用期間が1年なので、13か月目以降はいつでも無料で解約できます。
1年以内で解約する場合でも契約解除料はたったの1,100円なので、実質的に契約期間の縛りはほとんど無いと言えます。

月額料金は初月は無料で最初の2年間は割引されています。
3年契約のプロバイダーと違って2年後の値上げ前に契約の見直しが可能です。

デメリットは、プラスエリアモード利用料や端末代が有料という点です。

BIGLOBEではプラスエリアモードを使うと利用料の1,100円が発生します。
山奥や電波の届きにくい場所だとプラスエリアモードが役立つこともありますが、そうした場所以外で使うならスタンダードモードだけでも十分なので、プラスエリアモードを使わない人にはそれほどデメリットになりません。
ただ、端末の設定で誤ってモードを切り替えないよう注意する必要があるため、家族で共有して使う場合は特に気を付けましょう。

端末代はクレジットカード払いの場合は24回の分割払いで、25か月未満で解約する場合は残りの支払い分を一括払いすることになります。
料金を口座振替で支払う場合は端末受け取り時に代金引き換えによる一括払いとなり、代引手数料440円がかかります。

BIGLOBE WiMAX+5Gでは申し込み特典で10,000円のキャッシュバックがもらえます。
これにより端末代の実質的な自己負担額は1万円少なくなります。

端末代やキャッシュバックを含めた総費用は、3年や2年使った場合ならGMOとくとくBBの方が安いですが、1年間だけ使って解約した場合はBIGLOBEの方が安いです。3年契約のプロバイダーは2年以内で解約する場合の契約解除料が高く設定されていることが影響するからです。

なお、口座振替払いは毎月の支払ごとに口座振替手数料220円が加算されるため、クレジットカード払いより少し負担額は大きくなります。

以上よりBIGLOBE WiMAXは、口座振替で支払いたい人や1年で解約するかもしれない人に最適なプロバイダーです。

BIGLOBE WiMAXの公式サイトはこちら⇒BIGLOBE WiMAX +5G