WiMAXの5G対応ホームルーター「HOME 5G L11」発売

WiMAXの5G対応サービス「WiMAX+5G」の端末にホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」が登場しました。

WiMAX+5Gではauの5G回線も使用できるため、将来自宅がauの5Gエリアになれば今まで以上に高速な無線インターネットが利用できるようになります。

固定回線代わりの自宅のネット回線としてホームルーターを使いたい人は注目の機種です。

HOME L11とHOME L02、HOME 02の比較

ここではWiMAX+5G 用の「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」とWiMAX2+用の「Speed Wi-Fi HOME L02」、「WiMAX HOME 02」のスペックを比較し、5G対応機ではどこが変わったのかを明らかにします。

まずは比較表をチェックしてみてください。

端末名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 Speed Wi-Fi HOME L02 WiMAX HOME 02
メーカー ZTE HUAWEI NECプラットフォームズ
発売時期 2021年6月4日 2019年1月25日 2020年1月30日
対応サービス WiMAX+5G WiMAX2+
対応回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
WiMAX2+
au 4G LTE
サイズ 約70×182×124mm 約93×93×178mm 約50×118×100mm
重量 約599g 約436g 約218g
最大通信速度 下り
1Gbps(LANケーブル)
1.2Gbps(Wi-Fi
上り
75Mbps
下り
1Gbp(LANケーブル)
867Mbps(Wi-Fi)
上り
75Mbps
下り
440Mbps
上り
75Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)
IEEE802.11a/n/ac/ax(5GHz帯)
IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)
IEEE802.11a/n/ac(5GHz帯)
Wi-Fi暗号プロトコル WPA3 WPA2
LANポート 2個
2個 1個
最大同時接続台数 Wi-Fi:30台
LAN:2台
Wi-Fi:40台
LAN:2台
Wi-Fi:20台
LAN:1台

HOME 5G L11は製品仕様上の最大速度は下り2.7bps、上り183Mbpsに対応していますが、接続機器使用時の最大速度はLANケーブルで下り最大1Gbps、Wi-Fiで下り最大1.2Gbpsとなります。

Wi-Fiは新規格のIEEE802.11ax(Wi-Fi6)に対応し、Wi-Fi接続でギガビットクラスの最大通信速度を実現しています。

また、Wi-Fi接続の暗号プロトコル(セキュリティ規格)は最新のWPA3に対応してセキュリティが強化されていることも違いです。

Wi-Fiの同時接続台数はHOME L02より10台少ないですが、ほとんどの人は30台もあれば十分でしょう。

以上より、HOME 5G L11の主な特徴は以下の3点です。

  • 5G通信に対応
  • Wi-Fiで下り最大1.2Gbpsの通信速度
  • Wi-Fi接続時のセキュリティが強化された

今からWiMAX+5Gに申し込むべき?

HOME 5G L11のスペックが高いのは魅力ですが、WiMAX+5Gのプラン「ギガ放題プラス」の月額料金はWiMAX2+のプラン「ギガ放題」より高いです。

現時点ではauの5Gエリアは都市部の一部地域に限られており、ほとんどの人は5Gエリア外です。

5Gが使えないのでは料金の高いWiMAX+5Gを利用する意味がないと思うかもしれませんが、WiMAX+5Gでは5G回線に対応したこと以外に速度制限条件が緩くなったというメリットがあります。

これまでのWiMAX2+では直近3日間の通信量合計が10GBを超えると、翌日の18時から次の日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限される条件でしたが、WiMAX+5Gでは制限される通信量が3日で15GBに変わっています。

夜間の制限がかからないように使える容量がこれまでより3日で5GB増えており、1日あたり5GB弱のペースで使うことができます。

3日で10GBのペースでは少し足りず夜間に1Mbps程度の速度になるのは困るという人にとっては、制限条件が緩くなったこと踏まえると料金が少し高くなっても利用価値があるのではないでしょうか。

速度制限がかかる時間帯には使わない人や料金の安さを重視するなら、あえてWiMAX2+を契約する方法もあります。
ただし、2022年秋からWiMAXの周波数帯の一部を5Gに活用することに伴いWiMAX2+の最大通信速度は440Mbpsから220Mbpsに半減する予定となっており、既存ユーザーは手数料無料でWiMAX+5Gに移行できる措置が取られます。

今からWiMAX+5Gで契約するかしばらくの間はWiMAX2+で利用するかは、3日で15GBの制限と月額料金の安さのどちらを重視するかで選択先が決まってくるでしょう。

WiMAX+5Gが利用できるプロバイダーはこちら↓

WiMAXの5G対応プランでおすすめのプロバイダー
WiMAX+5GはWiMAX2+回線に加えてauの5Gや4G LTE回線も利用できる新サービス。スタンダードモードは容量無制限で速度制限条件は3日で15GBです。5G回線に対応した新端末「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」も発売されました。