PR

WiMAXと楽天モバイルを比較して違いをまとめた

モバイルWiFiサービスの代表格といえるのがUQコミュニケーションズが提供するWiMAX(ワイマックス)です。

一方、2020年の4月から第4の携帯キャリアとして参入した楽天モバイルは、容量無制限で使えて月額料金が安いためモバイルWiFiとしても利用できます。
スマホのテザリング機能を使ってモバイルルーター代わりに使うほか、楽天モバイルが用意しているモバイルルーターを使う方法があるからです。

また、WiMAXはデータ通信専用のサービスですが、楽天モバイルは携帯キャリアのため通話も可能で、アプリのRakuten Linkから発信すれば通話料は無料になるというメリットもあり、電話をかけることが多い人には特にお得です。

この記事では、WiMAXと楽天モバイルを比較して違いをまとめるので、この2サービスの違いを知りたい人は参考にしてください。

WiMAXと楽天モバイルの対応エリアと通信容量(ギガ数)

WiMAXと楽天モバイルの対応エリアと月間で使える通信容量(ギガ数)は下記のようになっています。

WiMAX+5G 楽天モバイル
使用回線 スタンダードモード
WiMAX2+
au 4G LTE・5G
楽天回線 4G LTE・5G
au回線 4G LTE
プラスエリアモード
WiMAX2+
au 4G LTE・5G
(プラチナバンド対応)
月間通信容量 スタンダードモード:無制限
プラスエリアモード:実質30GB
無制限

WiMAXの対応エリアと使える月間容量

WiMAXはこれまで「WiMAX2+」というサービスでしたが、2021年の4月から「WiMAX+5G」という新サービスが開始されました。

WiMAX+5Gでは、WiMAXの独自回線「WiMAX2+」に加えて、auの4G LTEや5Gの回線も利用できるようになっています。

WiMAX2+回線は、主要都市の人口カバー率が99%以上になっていますが、山間部などでは未対応のエリアがあったり、一部の地下や建物の奥の方では電波が届きにくい場所もあります。こうした場所にも対応できるようにauの回線も使えるようにしているのです。

WiMAX+5Gの通信モードはスタンダードモードとプラスエリアモードの2つがあります。

スタンダードモードの通信は容量無制限です。

ただ、スタンダードモードではカバーエリアが広いプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯の周波数を使う4G LTE回線に対応していません。

スタンダードモードの電波が届きにくかったり圏外になるような場所でも使えるようにプラチナバンドに対応しているプラスエリアモードが用意されているのです。

山間部などではプラスエリアモードが役立ちますが、プラスエリアモードは月間30GB以上使うと速度が最大128kbpsに制限されるため、実質的に使えるのは月間30GBまでです。

また、プラスエリアモードは有料で、このモードを使った月は月額料金とは別に利用料の1,100円が発生する点にも注意が必要です。

スタンダードモードだけでも全国のほとんどのエリアをカバーしているので、追加費用をかけたくなければ、端末で通信モードの変更設定はせずにスタンダードモードにしたまま使うのが良いでしょう。

楽天モバイルの対応エリアと月間容量

楽天モバイルで使用する回線は、楽天が独自に設置した基地局の電波を利用する「楽天回線エリア(4G LTE・5G)」とauの基地局の電波を利用する「パートナー回線エリア(4G LTE)」の2つがあります。

サービス開始から3年以上が経ち楽天回線エリアの人口カバー率は98%を超えましたが、まだ非対応のエリアもあり屋内施設や高層ビル、地下鉄・地下街などでも電波が届きにくい場所もあることから、それをカバーするためにauから回線を借りているのです。

パートナー回線も含めると人口カバー率は99.9%になります。

以前は、楽天回線は容量無制限でもパートナー回線では通信量が5GBを超えると速度が最大1Mbpsに制限されるという条件があったのですが、2023年6月からはこれが無くなり、auの回線でも容量無制限で高速通信ができます。

楽天回線エリア内でもつながりにくい場所があったため、au回線でも容量を気にせずに利用できるようになったのは都市部の人にもメリットがあります。

WiMAXのスタンダードモードのau 4G LTE回線はプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯に未対応なので、auのプラチナバンドしか電波が届かないような場所で使うことが多いなら、パートナー回線でプラチナバンドが使える楽天モバイルの方が良いでしょう。

楽天モバイルの対応エリア確認はこちら ⇒ 楽天モバイル

 

WiMAXと楽天モバイルの契約期間と解約金

楽天モバイルとWiMAXのどちらも契約期間の縛りは無く解約金も無いため、いつでも無料で解約ができます。(WiMAXは一部のプロバイダーでは2年契約のプランもあります。)

楽天モバイルは1年以内の解約でサービスの利用意思がないのに契約を申し込んだと客観的、合理的に判断された場合は契約解除料として1,078円が請求されますが、あくまで利用意思がないのに申し込んだ人が対象で、普通に使っていれば1年以内に解約しても契約解除料は発生しません。

なお、WiMAXのプロバイダーの中には3年利用することで端末代が実質無料になる条件にしているころがあり、こうしたプロバイダーを利用して端末代を負担したくないなら、最初の3年間は縛られることになります。

WiMAXと楽天モバイルの料金

ここではWiMAXと楽天モバイルの料金や各種費用を比較します。

WiMAXはプロバイダーによって料金が異なりますが、ここでは各支払い方法ごとに料金が安いプロバイダーとしてクレジットカード払いはGMOとくとくBB、口座振替はBIGLOBEの条件を記載します。

契約事務手数料

契約時の事務手数料は、WiMAXは3,300円ですが、楽天モバイルは無料です。

端末代

WiMAXの端末代は27,720円ですが、GMOとくとくBBでは3年利用すれば実質無料になります。

端末代は770円×36回の分割払いで、36か月間は毎月の月額料金に770円が上乗せされたうえで同額が割引されるため、月々の支払い額は月額料金のみです。
36か月利用することで端末代の分割払い額が全て割引されることで端末代は実質無料となるのです。

ただし、36か月未満で解約すると割引を満額受けられず、残りの分割払い額を一括で支払うことになります。端末末代を実質無料にしたいなら3年間は利用する必要があることは覚えておきましょう。

 

楽天モバイルは、プランの申し込み時に同時に端末(Androidスマホ・iPhone・モバイルルーター)を購入できます。

AndroidスマホやiPhoneは、楽天モバイルの申し込みと同時に購入すると値引きキャンペーン特典が適用されて安く購入できますが、キャンペーン内容はよく変わるため最新の情報は公式サイトをチェックしてください。

自分のスマホが楽天モバイルに対応している機種ならSIMのみを契約すれば端末代はかかりません。
対応している機種の確認はこちら ⇒ 楽天モバイル対応機種

モバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2C」ならキャンペーン割引で1円で購入できます。これについては後で説明します。

 

月額料金

各サービスの月額料金は次のようになっています。

サービス名 WiMAX+5G
(GMOとくとくBB)
WiMAX+5G
(BIGLOBE)
楽天モバイル
プラン名 ギガ放題プラスS ギガ放題プラスS Rakuten最強プラン
月額料金 初月 1,375円
1か月目以降 4,807円
初月 0円
2~24か月目 3,773円
25か月目以降 4,928円
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GB以降 3,278円
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

BIGLOBE WiMAXは、最初の2年間は割引料金になっています。

楽天モバイルは月間の使用した通信量に応じて決まる段階料金制になっていて、月間通信量が3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、20GBを超えたらどれだけ使っても3,278円です。

楽天モバイルは20GB以降の容量無制限でWiMAXより安いだけでなく、使用量が少なかった月は料金を安くできるメリットがあります。

楽天モバイルは「最強家族プログラム」という家族割があり、家族で一緒に利用するとそれぞれが毎月110円割引で利用できるため、さらに低コストにできます。
また、22歳以下の人は「最強青春プログラム」で23歳の誕生日前月までは楽天ポイントが毎月110pt還元されるため実質110円安く利用できます。

 

WiMAXと楽天モバイルの端末のスペック比較

ここではWiMAXと楽天モバイルで用意されているモバイルルーターのスペックを比較します。

WiMAX+5G 楽天モバイル
機種名 Speed Wi-Fi 5G X12 Rakuten WiFi Pocket 2C
発売日 2023年6月1日 2022年2月28日
メーカー NECプラットフォームズ 楽天モバイル
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約68×136×14.8mm 約64.8×107.3×15mm
重量 約174g 約107g
カラー アイスホワイト
シャドーブラック
ホワイト
ブラック
最大通信速度 下り 3.9Gbps
上り 183Mbps
下り 150Mbps
上り 50Mbps
5G対応 対応 非対応
Wi-Fi通信規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz
IEEE802.11b/g/n
(2.4GHz)
同時接続台数 17台
(WiFi16台/USB又はLAN1台
16台
(WiFi:16台)
バッテリー容量 4,000mAh 2,520mAh
連続通信時間
連続待受時間
約9時間
約7時間
約10時間
約300時間

WiMAXのX12は5G回線にも対応していますが、Rakuten WiFi Pocket 2Cは5G非対応で、通信できるのは4G LTE回線のみです。
最大通信速度もX12の方が圧倒的に速いです。

Wi-Fiの対応周波数は、WiMAXのX12は5GHz帯に対応していますが、Rakuten WiFi Pocket 2Cは2.4GHz帯のみです。

WiMAXのX12はPCとはUSBケーブルやLANケーブルで有線接続で通信することもできますが、Rakuten WiFi Pocket 2CはWi-Fi接続のみです。
X12は別売りのクレードル(充電台)付いているLANポートを使って有線LAN接続します。

連続通信時間はRakuten WiFi Pocket 2Cの方が1時間長く、連続待受時間はRakuten WiFi Pocket 2Cの方がかなり長いです。

以上より、連続待受時間を除けばWiMAXの端末の方が高性能です。

ただ、楽天モバイルでは5Gや5GHzのWi-Fiに対応したスマホでテザリング機能を使ってルーター代わりにする方法もとれるため、Rakuten WiFi Pocket 2Cのスペックの低さが気になるならスマホで利用するのが良いでしょう。

WiMAXと楽天モバイルの速度

通信速度は、使用場所の電波の強さ測定に使う端末の性能に左右されるため、どちらが速いかは一概には言えませんが、だいたいの目安については「みんなのネット回線速度」というサイトで全国のユーザーが速度測定した結果が見れるので参考になります。

それによると、WiMAXと楽天モバイルの速度平均値は以下のようになっていました。

サービス名
測定端末
WiMAX
Speed Wi-Fi 5G X11
楽天モバイル
上:Rakuten WiFi Pocket
下:スマートフォン
下り速度(Mbps)※ 136.51 36.34
141.34
上り速度(Mbps)※ 42.26 23.8
35.57
Ping値(ms)※ 44.79 48.9
49.91

(※引用元 みんなのネット回線速度 直近3ヶ月に計測された平均値)

楽天モバイルは、モバイルルーターのRakuten WiFi Pocketで測定した速度ではWiMAXより遅いです。
Rakuten WiFi Pocketは5G回線に非対応で速度性能が低いことが測定値にも表れています。

スマホで測定した結果で比べると、下りは楽天モバイル、上りはWiMAXの方が少し高い数値ですが、この程度の違いなら使用時の体感としては違いはわからないでしょう。

私が以前WiMAXを使っていたときは、最も速い場合が外出時に都市部で測定したときの下り60Mbps台で、自宅でも外でも上りは10Mbps以下のことが多かったですが、5Gの普及や端末の高性能化により速度水準は上がっているようです。

関連記事:WiMAXの速度測定

現在は楽天モバイルを利用しており、自宅にいるときにスマホで速度測定したときは下りが70Mbps台、上りは50Mbps台の速度で、WiFiテザリング(2.4GHz)でPCで速度測定したときには下り・上りともに40Mbps台の速度が出ていました。

楽天モバイルの回線は他のモバイル回線と比べて上り速度がやや速い印象があります。

関連記事:楽天モバイルをテザリングで使ってみた

PING値は、楽天モバイルの方が若干高い数値ですが大きな差ではありません。

以上より、楽天モバイルはスマホで使うならWiMAXのモバイルルーターと遜色ない速度水準といえます。

キャンペーン特典の比較

ここではWiMAXと楽天モバイルのキャンペーン特典を比較します。

楽天モバイルは4つの特典のうち1つを選ぶことになります。

WiMAX 楽天モバイル
GMOとくとくBB

  1. 申し込み特典
    23,000円キャッシュバック
  2. 他社の解約金還元特典
    最大40,000円キャッシュバック

BIGLOBE
申し込み特典
20,000円キャッシュバック

  1. MNPで乗り換え特典
    6,000ポイント
  2. 紹介特典
    新規契約 6,000ポイント
    MNP 13,000ポイント
  3. モバイルルーター1円購入キャンペーン
  4. 【楽天カード会員限定】
    初めての申し込みで20,000ポイント

WiMAXの申し込み特典

GMOとくとくBB WiMAXでは申し込み特典で23,000円のキャッシュバック特典があります。

他社からの乗り換えで解約金が発生する人は、追加で最大40,000円までキャッシュバックで還元してもらえます。

解約金とは、他社のインターネット回線を解約するときに発生する解約違約金(契約解除料)や回線工事費残債、端末代残債、回線撤去費用などのことです。

なお、キャッシュバックの受け取り時期は利用開始してから1年後となっているため、1年未満で解約すると受け取れません。

BIGLOBE WiMAXは、申し込み特典で20,000円のキャッシュバックがもらえます。

こちらはサービス開始月の翌月に受け取れるため、特典を早く受け取りたい人は注目です。

BIGLOBE WiMAXは端末代(27,720円)の割引がありませんが、このキャッシュバックにより自己負担額は7,720円にできます。

楽天モバイルの申し込み特典

楽天モバイルの申し込み特典は次の4つから1つを選択します。

(各キャンペーンは併用できません。)

①MNP乗り換えキャンペーン特典

他社のスマホSIMから楽天モバイルへMNPで乗り換える人には楽天ポイント6,000ptがプレゼントされます。

受け取り条件になっている通話アプリのRakuten Linkで発信して10秒以上の通話をした月の翌々月末日ごろから3か月に渡って付与されます。

②紹介キャンペーン特典

楽天モバイルユーザーの紹介リンクを経由して申し込むと新規契約の場合は6,000ポイント、MNPで乗り換える場合は13,000ポイントがプレゼントされます。

受け取り時期は、紹介リンク先で楽天にログインした月の4か月後から3か月間に渡って進呈されます。
MNPで乗り換えの人は①の特典よりこちらの方がポイント数が多いですが、受け取れる時期は少し遅くなっています。

③モバイルルーター1円キャンペーン

モバイルルーターを利用したい人には、Rakuten WiFi Pocket 2Cが1円で購入できるキャンペーンが用意されています。

楽天モバイルと端末をセットで申し込むと7,980円の端末代が7,979円値引きされて1円になります。

④【楽天カード会員限定】初めての申し込みで20,000ポイントをプレゼント

楽天カードの会員が楽天モバイルを初めて申し込むと20,000ポイントがプレゼントされます。

特典ポイントは、2024年9月から5カ月間に渡って4,000ポイントずつ進呈されます。

楽天カードを持っているなら、このキャンペーンが一番お得です。

申し込み期限は、2024年7月1日 10:00までとなっています。

この特典を受けるには下記のキャンペーンページから申し込む必要があるため注意してください。

【楽天カード会員限定】楽天マジ得フェスティバル

 

まとめ

使えるエリアについては、どちらも全国の広いエリアで利用できますが、WiMAXの方は容量無制限で使えるスタンダードモードがauのプラチナバンド(800MHz帯)に対応していないため、プラチナバンドの電波しか届かない場所に住んでいる人は楽天モバイルの方が良いでしょう。

どちらも契約期間による縛りはありません。

費用面は、楽天モバイルの方が低コストです。
楽天モバイルは契約事務手数料が無料で、月額料金も安いです。
端末はモバイルルーターを1円で購入できるほか、自分のスマホが楽天モバイルに対応していればSIMのみで契約できます。
また、楽天モバイルはRakutenLinkアプリを使えば無料通話ができるため、電話をかけることが多い人にはお得です。

モバイルルーターのスペックはWiMAXの方が高いです。
端末代はGMOとくとくBBなら3年利用することで実質無料になります。

楽天モバイルのモバイルルーターのスペックが低いことが気になるなら、楽天モバイル対応スマホのテザリング機能でモバイルルーター代わりに使う方法もあります。

申し込み特典は、WiMAX(GMOとくとくBB)は23,000円で、他社回線からの乗り換えで解約金がある場合はキャッシュバックで最大4万円まで還元してもらえます。

他社回線の高額な解約金がある場合はWiMAX(GMOとくとくBB)は特にお得です。

WiMAXの詳細はこちら ⇒ WiMAX+5Gのおすすめプロバイダー

 

楽天モバイルの申し込み特典は、自分の条件に合わせて選んでください。

楽天カードを持っている人は下記のページから申し込むと20,000ポイントもらえます
【楽天カード会員限定】楽天マジ得フェスティバル

楽天カードを持ってない人は上記のページで楽天モバイルと楽天カードの同時申し込みができます。
楽天カードの新規入会&1回利用の特典で10,000ポイントがプレゼントされるため、この機会に楽天カードを作れば、楽天モバイルの特典と合わせて30,000ポイントをGETできます。

 

1円のモバイルルーターが欲しい人はこちらから ⇒ 楽天モバイル

 

その他の新規契約やMNPで乗り換える人は、紹介キャンペーンで新規契約は6,000ポイント、MNPは13,000ポイントがもらえます。
紹介キャンペーンを利用したい人は、よかったら私の紹介リンクを使ってください。

ログイン - 楽天
ログイン - 楽天

上記の紹介リンク先で楽天にログインしてから楽天モバイルに申し込み、開通後に通話アプリのRakutenLinkで発信をして10秒以上の通話をすることがポイントプレゼントの条件です。