20GBや40GBのクラウドWi-FiならZEUS WiFi

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は、クラウドSIMのルーターを使うモバイルWiFiサービスです。

構想から1年の準備期間を経て今年の3月30日からサービスを開始しました。

当初は容量無制限としていましたが、他のクラウドWi-Fi同様に無制限は止めて8月7日から容量を限定して契約期間の縛りのないプランにリニューアルされました。

その後、2年契約にして料金を安くしたプランも用意され、利用者の希望に合わせて最適なプランを選べるようになっています。

ZEUS WiFiの運営元

ZEUS WiFiを運営しているのは、株式会社Human Investmentです。

インターネット回線の販売代理店からスタートして実績を積み上げ、今年の春から自社サービスとしてZEUS WiFiをスタートさせました。

本社は茨城県つくば市にあり、つくば市のGIGAスクール構想の協力企業に採択されています。

今年7月の豪雨災害への支援活動として複数のボランティアセンターにZEUS WiFiを無償提供した実績もあります。

ZEUS WiFiは、タレントの山本舞香さんやネルソンズが出演するCMも作られています。



ZEUS WiFiのサービス条件

ZEUS WiFiは、契約期間が2年の「スタンダードプラン」と契約期間の縛りが無く1か月単位で利用できる「フリープラン」の2つがあり、各プランで容量は20GB、40GB、100GBの3種類から選べます。

サービス条件を表にまとめました。

使用回線 自動選択
ソフトバンク・au・ドコモ対応
月間容量 20GB・40GB・100GB
初期費用 契約事務手数料3,000円
月額料金 スタンダードプラン

20GB:1,980円
40GB:2,680円
100GB:3,480円(3か月目まで2,980円)


フリープラン

20GB:2,380円
40GB:2,980円
100GB:4,280円

契約期間 スタンダードプラン:2年
フリープラン:1か月
中途解約時の解約金 スタンダードプランのみ
24か月目まで:9,500円
25か月目以降:0円
端末機種 H01
端末損害金(再購入費) 18,000円
端末補償サービス料 月額400円
海外利用料 アジアの場合
1日300MB:161円~
7日1GB:430円~
30日3GB:1,076円~

携帯3キャリアの回線に対応

SIMカードを入れる端末の場合、そのSIMの通信キャリアの回線しか使えませんが、ZEUS WiFiはクラウドSIMの端末のため、ドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応しています。

クラウドSIMは、サーバーにある装置に差し込んである複数のキャリアのSIMの中から、利用者の場所に応じて最適なものを自動で選択して通信をする仕組みです。

携帯キャリアのLTE回線は使えるエリアが広いため、WiMAXの電波が弱い場所に住んでいる人や外出時にそういう場所で使う機会が多い人には便利です。

月間容量は3種類ある

使える月間容量は20GB、40GB、100GBの3種類が用意されています。

一例として、

スマホのギガ数が足りない分を補いたい⇒20GBプラン
1日1GBのペースで月間30GBほど使いた⇒40GBプラン
月間で100GBくらいは必要だ⇒100GBプラン

というように希望に応じて選ぶことができます。

おかわりGIGA」というサービスもあり、月間容量を使い切った後に追加で容量を購入することができます。料金は2GBが500円、5GBが1,000円です。
20GBや40GBのプランにした場合に予定よりも使い過ぎて容量が足りなくなったときに便利でしょう。

ZEUS WiFiの公式サイトには各容量でNetflixやYouTube、TVer、ZOOMがどれくらい使えるのか目安の時間が載っているので参考にしてみてください。

公式サイト⇒工事不要!申し込みから最短翌日発送!【ZEUS WiFi】

契約期間と初期費用、月額料金、解約金

初期費用は契約事務手数料3,000円がかかます。

端末は無料レンタルなので購入費はかからず、端末の送料も無料です。

月額料金はプラン・容量ごとに次のようになっています。

プラン名 スタンダードプラン フリープラン
契約期間 2年(最低利用期間) 1か月
料金 20GB:1,980円
40GB:2,680円
100GB:3,480円(3か月目まで2,980円)
20GB:2,380円
40GB:2,980円
100GB:4,280円
中途解約時の解約金 24か月目まで:9,500円
25か月目以降:0円
無し

スタンダードプランの容量100GBはキャンペーンにより3か月目までは月額2,980円になります。

フリープランは契約期間の縛りが無いですが料金は高めに設定されています。

スタンダードプランは最初の2年以内に解約すると解約事務手数料として9,500円がかかりますが、25か月目からは無料になります。最低利用期間が2年です。

2年以上使う予定なら料金が安いスタンダードプラン、2年も使わず短期利用の予定ならフリープランになるでしょう。

端末交換費用と補償サービス

利用中に端末が故障したり無くしてしまって交換することになった場合は、交換代として18,000円がかかります。

月額400円の端末補償サービスもあり、これを付けておくと自然故障、水濡れによる故障、不可抗力による破損の場合に新品かリフレッシュ品と交換してもらえます。

補償サービスを付けても紛失・盗難は補償対象外なので端末は無くさないようにしましょう。

なお、端末はレンタルなので解約後に返却が必要で、返却しなかった場合も端末損害金として18,000円かかります。
本体だけでなく個装箱やUSBケーブル、取扱説明書の4点セットで返却しなければならないので注意してください。

使用する端末の機種

使用する端末の機種はオリジナル端末の「H01」です。

他のクラウドWi-Fiの多くがU2sという機種を採用していた中、オリジナルの端末を開発してからサービスを始めた点はゼウスWiFiの特徴の一つです。

H01のスペックは次のようになっています。

機種名 H01
ディスプレイ 2.4インチ
サイズ 126×64×13mm
重量 約130g
最大速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
連続通信時間 10時間
バッテリー容量 2,700mAh
最大同時接続数 10台(推奨5台)
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
USBポート タイプC

クラウドWi-Fiサービスで採用されていることが多いU2sやU3はディスプレイが付いてませんが、H01はディスプレイ付きなので画面上で各種情報を確認したり設定することができます。

他の機種と比較してサイズが小さい分バッテリー容量もやや少なめで連続通信時間も少し短いです。しかし10時間も使えれば十分なら問題ないでしょう。

同時接続ができるデバイスの台数は10台となっていますが推奨されてるのは5台までです。

海外利用料が安い

クラウドWi-Fiは海外でもそのまま利用できますが、海外で利用するには月額料金とは別に海外利用料がかかります。

ZEUS WiFiは他のサービスに比べて海外利用料が安く容量プランが多いことも大きな特徴です。

容量プランは1日300MB、7日1GB、30日3GBの3つから選ぶことができ料金は国ごとに異なります。

世界各地域の料金水準は次のようになっています。

地域 海外利用料
アジア 1日300MB:161円~592円

7日1GB:430円~1,452円

30日3GB:1,076円~3,603円

ヨーロッパ 1日300MB:377円~699円

7日1GB:968円~1,774円

30日3GB:2,420円~4,409円

北米 1日300MB:377円~430円

7日1GB:968円~1,130円

30日3GB:2,420円~2,796円

オセアニア 1日300MB:377円~430円

7日1GB:968円~1,130円

30日3GB:2,420円~2,796円

中南米 1日300MB:323円~915円

7日1GB:807円~2,474円

30日3GB:2,043円~6,183円

アフリカ 1日300MB:377円~968円

7日1GB:968円~2,634円

30日3GB:2,420円~6,560円

海外で利用するには、あらかじめZEUS WiFiのマイページ上で行先と容量を指定して海外データプランを購入しておきます。
容量を使い切ったら追加購入することもできるので、使いたいときに必要な分だけ費用をかけることができます。

例えば、旅行中はWEB検索で調べものをしたりメールやSNSを少し使う程度なら1日300MBの毎日使う方法がありますし、1週間の旅行で7日1GBのプランを1回だけ購入して少しづつ使う方法もあります。1GBでは足りない場合や1週間以上の旅行なら30日3GBプランを利用することも可能です。

他のクラウドWi-Fで多い容量が1日1GBや500MBのみという条件だと、少ししか使わなかった日は容量が無駄になり毎日使うと費用もかさみますが、ZEUS WiFiでは7日で1GBや30日で3GBのプランもあるため少ししか使わない日があっても容量は無駄にならず費用も抑えることができます。

クラウドWi-Fiで海外利用を重視するならZEUS WiFiの魅力は大きいです。

まとめ ゼウスWiFiのメリット・デメリット

最後にZEUS WiFiのメリットとデメリットをまとめます。

メリットは次の4点です。

①容量が20GBや40GBでクラウドWi-Fiが使える
②契約期間の縛りが無いプランもある
③2年契約のプランは3年目以降は縛りが無くなる
④海外利用料が安い

デメリットは次の2点です。

①容量100GBの月額料金は安くない
②端末がレンタルのため解約したら返却が必要

クラウドWi-Fiは容量が100GB以上のところが多いので20GBや40GBも選べるZEUS WiFiは100GBも必要ない人にとっては注目のサービスです。

容量100GBのプランの料金は他のクラウドWi-Fiサービスと比べてやや高めですが、短期間だけクラウドWi-Fiを月間100GBで使いたいなら縛り無しのフリープランは利用価値があります。

最大のデメリットは端末がレンタルという点で、解約した後に本体のほか個装箱、USBケーブル、取扱説明書も返却する必要があるため、無くさないよう大事に取っておきましょう。

 

以上より、ZEUS WiFiはこんな人に向いています。

  • 端末はレンタルでも構わない
  • 月間容量20GBや40GBでクラウドWi-Fiを安く利用したい
  • 利用期間は2年未満の予定なので契約期間の縛りが無い方が良い
  • 最低でも2年間は使う予定だけど3年目以降は乗り換えるかもしれない
  • 海外旅行のときに利用したい

公式サイトはこちら⇒工事不要!申し込みから最短翌日発送!【ZEUS WiFi】