従量料金(段階料金)制のポケットWiFi【5GB~200GB】

使用した月間通信量に応じて料金が決まる従量制(段階料金制)のモバイルWiFiサービスとしては「どこよりもWiFi」があります。(モバイルWiFiはポケットWiFiとも呼ばれます。)

従量制なら使用量が少なかった月は料金が安くなるので契約容量が無駄になりません。月によって使ったギガ数にばらつきがある人に最適です。

長期契約の縛りが無いプランも選べます。

ここでは、どこよりもWiFiの魅力と注意点を紹介するのでチェックしてみてください。

どこよりもWiFiのサービス条件

どこよりもWiFiのサービス条件を以下の表にまとめました。

料金は全て税込です。

契約期間 2年(2年割適用) 1か月(縛り無し)
プラン種類 スタンダード プレミアム スタンダード プレミアム
月間最大容量 100GB 200GB 100GB 200GB
初期費用 契約事務手数3,300円
使用量ごとの月額料金
5GBまで 900円 900円 1,400円 1,400円
20GBまで 1,900円 1,900円 2,400円 2,400円
50GBまで 2,900円 2,900円 3,400円 3,400円
100GBまで 3,400円 3,400円 3,900円 3,900円
150GBまで 3,900円 4,400円
200GBまで 4,400円 4,900円
中途解約時の解約金 10,450円
更新月は0円
無し
使用SIM ドコモSIM
端末機種 JT101
端末損害金
(交換代)
19,800円
端末補償オプション料 月額440円
公式サイト どこよりもWiFi

 

契約期間と使える容量

通常料金は長期契約の縛りが無く1か月単位で利用できますが、2年契約にすることで2年割が適量され月額料金が通常料金より安くなります。

月間容量は、「どこよりもピタッとプランスタンダード」が最大100GB、「どこよりもピタッとプランプレミアム」が最大200GBとなっています。
月間最大容量を超えると月末まで速度が128kbpsに制限されます。この速度だと遅すぎて使い物にならないため、使える容量は実質月間100GBか200GBです。

100GBのプランは5GB、20GB、50GB、100GBの区切りで使用量ごとに料金が決まり、200GBのプランはこれ加えて150GB、200GBまでの区切りがあります。

初期費用と月額料金

初期費用は契約事務手数料3,300円がかかります。

端末送料は無料です。

月額料金は、2年契約のプラン方が縛り無しのプランより安めに設定されています。

容量プランは100Gと200GBのどちらにしても5GB、20GB、50GB、100GBの各容量までの料金は同じです。

初月の料金は日割り計算されるため、月の途中から利用開始しても損はしません。
解約月は日割りされず満額支払いです。

支払い方法はクレジットカードのみです。

中途解約時の解約金

2年割が適用されるプランは2年契約、通常料金のプランは1か月契約になります。

2年契約の方は契約期間中に解約した場合の解約金は10,450円で、2年ごとにある更新月に解約した場合のみ無料です。更新月に解約手続きをしないとまた2年契約で自動更新されます。

解約したいときは25日までに解約申請をして月末までに到着するように端末を返却します。月末に届かない場合は翌月分の料金を支払うことになるので要注意です。

通常料金のプランは長期の契約期間はなく1か月単位での利用となるため解約金はありません。
解約申請をした月の翌月末で解約になります。
端末は解約月の翌月5日までに届くように返却する必要があり、こちらも遅れた場合は翌月分の料金が発生します。

端末の返送料はユーザー負担です。

端末損害金と補償オプション

利用中に端末が故障させたり無くした場合に負担する端末損害金(交換代)は19,800円です。

故障に備えるための機器補償サービスがオプションで用意されており、料金は月額440円です。
申し込みのときに補償サービスを付けておくと端末が故障した場合に新品か状態の良い中古品に交換してもらえます。

ただ、紛失・盗難、経年劣化は補償対象外です。補償サービスを付けておいても無くしたら費用がかるため、無くさないように注意しましょう。

使用する回線と端末機種

端末は「JT101」というSIMフリーのモバイルルーターで、これにドコモのSIMを入れて使います。

携帯キャリアの中でも特に対応エリアが広いドコモの回線を使って大容量のインターネットが利用できるのはメリットです。

JT101のスペックは次のようになっています。

JT101
ディスプレイ 1.44インチ
サイズ 58×92×13mm
重量 約90g
最大速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
連続通信時間 約8時間
バッテリー容量 2,700mAh
最大同時接続数 10台
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
USBポート マイクロUSB タイプB

コンパクトで軽量な端末ですが、サイズが小さい分バッテリー容量も小さく連続通信時間も他のモバイルルーターに比べてやや短めです。とはいえ8時間もあればほとんどの人には十分でしょう。

最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpsというのは他の類似サービスの端末と同水準です。

高性能というわけではありませんが必要十分なスペックを備えた端末です。

まとめ どこよりもWiFiのメリットとデメリット

最後にどこよりもWiFiのメリットとデメリットをまとめます。

メリットは次の4点です。

➀最大200GBの大容量で使える
②段階料金制のため使用量が少ない月は料金が安くなる
③長期契約の縛り無しでも利用できる
④対応エリアが広いドコモ回線が利用できる

月間100GBのモバイルWiFiサービスは多いですが月間200GBという他に無いため、どこよりもWiFiは希少な存在です。
しかも段階料金制なので100GBや200GBも使わなかった月は料金が安くなるため契約容量を無駄にしなくて済みます。

2年契約の方が料金は安くなりますが、1年間だけや半年間だけ使いたい場合には縛り無しのプランにした方が解約金が無いので総費用は少なくなります。

使用する回線は対応エリアが広いドコモの回線なので、田舎に住んでる人や山へよく行く人には特に便利です。

逆にデメリットは次の3点です。

①端末はレンタル
②安い2年契約のプランは縛りがある
③端末の連続通信時間がやや短い

他のモバイルWiFiサービスだと端末が無料でもらえたり、2年使うことで端末が返却不要になる条件のところもあります。
その点、どこよりもWiFiはずっとレンタルなので解約したら返却する必要があります。
端末はレンタルでも構わないなら問題ないですが、借り物ではなく自分の物にしたい人には向いていません。

料金が安くなる2年契約のプランは契約期間中に解約すると解約金の10,450円がかかり、無料で解約できるのは2年ごとにある更新月のみです。2年間縛られるのが嫌なら縛り無しの通常料金のプランがありますが料金は少し高くなります。

端末のJT101は小型だけにバッテリー容量は小さめで連続通信時間は8時間で他のモバイルルーターに比べるとやや短いです。外出先で8時間も使わないなら大丈夫ですが、それ以上使うなら充電できるコンセントが探すかモバイルバッテリーを持っていた方が良いかもしれません。

以上より、どこよりもWiFiはこんな人に最適です。

  • 端末はレンタルで構わない
  • 従量料金制のモバイルWiFiを使いたい
  • 月間容量は200GBくらい必要
  • 長期契約の縛り無しで利用したい
  • 軽量コンパクトなモバイルルーターが良い

公式サイトを見てみる⇒どこよりもWiFi