5G対応のモバイルルーター・ホームルーターの機種とプラン比較

次世代通信規格「5G」の通信サービスが日本では2020年3月から始まりました。

5Gは4Gと比べて超高速、低遅延、同時多接続といった強みがあり、通信速度が速くなって便利になるだけでなく新しいサービスの登場やライフスタイルの変化にもつながる大きな可能性を持っています。

5Gで変わる点

4Gと5Gでは次のような違いがあります。

4G 5G
最大通信速度 1Gbps 10~20Gbps
応答時間 10ms 1ms
1平方キロあたりの同時接続数 10万台 100万台

5G回線の理論上の最大速度が下り10~20Gbpsとなっており4Gの10倍以上です。

ちなみに現在の光回線の最大速度は下り1~20Gbpsとなっています。

現時点で発売されている5G対応ルーターの最大速度はこの理論値ほどではありませんが、実効速度が今の光回線を同じくらいであればインターネット回線選びにも変化が出てきそうです。

応答時間は10分の1に短くなるのは特にオンラインゲームをする人にメリットがあり、低遅延になればモバイル回線でも不満なくゲームができるようになるでしょう。

同時接続数は10倍に増えており、利用者が密集するエリアでも速度が落ちにくくなります。

国内で発売された5G対応のモバイルWiFiルーター比較

携帯3キャリアとWiMAXから5G対応モバイルルーター出揃ったのでスペックを比較します。

ドコモとソフトバンクは2機種が発売されているため、上下2段で記載します。

機種名 Wi-Fi STATION
SH-52A
SH-52B
Speed Wi-Fi 5G
X01
Pocket WiFi
5G A004ZT
Pocket WiFi
5G A101ZT
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
メーカー シャープ シャープ ZTE サムスン
通信キャリア ドコモ au SoftBank WiMAX・au
発売時期 2020年6月1日
2021年8月下旬以降
2020年7月21日 2021年3月19日
2021年7月16日
2021年4月8日
サイズ 84×157×16mm


約74×108×16mm

84×157×16mm 約73×133×18.6mm


約69×141×15.9mm

約76×147×10.9mm
重量 約268g


未定

約265g 約225g


約240g

約203g
5G 最大通信速度 下り 4.1Gbps
上り 480Mbps


下り 4.2Gbps
上り 218Mbps

下り 4.1Gbps
上り 481Mbps
下り 3.0Gbps
上り 288Mbps


下り 2.4Gbps
上り 110Mbps

下り 2.2Gbps
上り 183Mbps
4G 最大通信速度 下り 1.7Gbps
上り 131.3Mbps
下り 1Gbps
上り 112.5Mbps
下り 838Mbps
上り 46Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11a/b/g/n/ac/
有線LAN 2.5GBASE-T
1000BASE-T
100BASE-TX


1000BASE-T
100BASE-TX
(クレードル)

2.5GBASE-T
1000BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T


対応(クレードル)

USB通信 USB3.0 USB3.0 USB3.1 USB3.0
同時接続台数 18台
(Wi-Fi:16台/LAN:1台/USB:1台)


17台
Wi-Fi:16台/LAN:1台or USB:1台)

18台
(Wi-Fi:16台/LAN:1台/USB:1台)
30台 11台
(WiFi:10台/USB1台)
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh 4,100mAh


5,300mAh

5,000mAh
連続通信時間 5G:約290分PREMIUM 4G:約280分
LTE:約400分


不明

5G 約220分
4G 約460分
5G
約3時間(ミリ波)
約3.6時間(Sub6)
4G 約5.9時間


5G
約5時間(Sub6)
4G
約7.5時間

約1,000分
連続待受け時間 約200時間(LTE)


不明

約240時間 約580時間(LTE)


約630時間(LTE)

約790時間
価格 68,904円


不明

69,840円


不明

21,780円

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileからはPocket WiFi 5G A101ZTと同じスペックのPocket WiFi 5G A102ZTが7月15日に発売されます。

Galaxy 5G Mobile Wi-FiはWiMAXとauの両方から発売されています。

ドコモのSH-52AとauのX01は同じシャープ製でデザインもスペックも似ていますが、重量と最大速度、連続通信・待受け時間に少し違いがあります。

サイズはいずれの機種も4G対応のモバイルルーターと比べて大きめで、特にドコモのSH-52AとauのX01は横幅が長いです。新製品のSH-52Bでは本体からLANポートを省いて別入りのクレードルのLANポートを使うスタイルにしてサイズがコンパクトになっています。
ソフトバンクのA004ZTもLANポートを搭載していますが横幅は短めです。
Galaxy 5G Mobile Wi-FiはLANポートが付いてませんがバッテリー容量が大きいせいか縦横のサイズは大きめです。5.3インチの大型ディスプレイを搭載しており厚みのあるスマホのような形をしています。

重量は全体的に4G用のルーターに比べると少し重くなっています。ドコモのSH-52Bは現時点で未定です。

5G通信の最大通信速度は、

ドコモ(SH-52A)は、下り4.1Gbps、上り480Mbps
ドコモ(SH-52B)は、下り4.2Gbps、上り218Mbps
auの端末は、下り4.1Gbps、上り481Mbps)
ソフトバンク(A004ZT)は、下り3.0Gbps、上り288Mbps
ソフトバンク(A101ZT)は、下り2.4Gbps、上り110Mbps
WiMAX・auの端末は、下り2.2Gbps、上り183Mbps

となっています。

ドコモのSH-52Bでは下りの速度性能が若干上がり、上りは少し下がっています。

Wi-Fi規格は携帯キャリアの3機種は最新の802.11ax(Wi-Fi6)に対応しており、ドコモとauの端末はWi-Fi接続時の下り最大速度は1.2Gbpsで、ソフトバンクのA004ZTは下り最大881Mbpsとなっています。

Wi-Fiの同時接続はドコモとauの端末は16台です。
ソフトバンクは最大同時接続台数が30台なので、ここからLANケーブルとUSB接続の分を引いた28台だと考えられ、Wi-Fiで同時接続できる台数はソフトバンクの端末の方が多いです。

有線LANの規格は、ドコモ(SH-52A)とau(X01)は2.5GBASE-Tに対応しており、最大通信速度は一般的なLAN規格の1000BASE-Tの2倍以上となる2.5GbpsでWi-Fi接続よりこちらの方が高速です。自宅のPCとLANケーブルでつないで据え置きルーターとして利用したい人には魅力があります。

いずれの機種もUSBテザリングに対応しており、ドコモとau、WiMAXの端末はUSB3.0ですがソフトバンクの端末はUSB3.1となっています。ソフトバンクのA004ZTの下り最大3.0GbpsというのはUSBケーブル接続した場合です。

バッテリー容量は、ソフトバンクのA101ZTが5,300Ahとなっており最も大きいです。

連続通信時間は、WiMAX・auの端末の連続通信時間は5Gと4Gで分けずに約1,000分となっており、約16.6時間なので4機種の中では最も長いですが、5G通信のときはどうなのか不明です。
5Gと4Gで分けてスペック表示している機種の中ではソフトバンクのA101ZTが約5時間で最も長いです。
どの機種も4G LTEの場合と比べて連続通信時間は短く、5G通信はバッテリーの消費が大きいようです。

端末の価格については、ドコモ(SH-52A)は68,904円、ソフトバンク(A101ZT)は69,840円、WiMAX・auの端末は21,780円となっています。
他の機種に比べてWiMAX・auのGalaxy 5G Mobile Wi-Fiが安いのは以下の点が理由と考えられます。

  • 5G通信はミリ波に非対応
  • Wi-Fi規格IEEE802.11ax(Wi-Fi6)に非対応
  • LANポート非搭載

それでも低コストで5G通信が利用できるため、自分の用途で上記の性能・機能が必要でなければ利用価値があるでしょう。

ドコモのSH-52Bの価格は現時点で不明ですが、こちらも5Gの周波数帯はSub6のみで本体のLANポートは省いているためミリ波対応機より低価格になると予想されます。

5G対応ホームルーター比較

据え置き型のホームルーターはバッテリーのことを気にする必要がないため、自宅のネット回線として長時間使う場合に便利です。

2021年6月4日にauとWiMAXから5G対応のホームルーターが発売され、8月下旬以降にはドコモからも5Gホームルーターが発売予定です。

2機種のスペックを比較しました。

機種名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 home 5G HR01
メーカー ZTE シャープ
通信キャリア WiMAX・au ドコモ
発売時期 2021年6月4日 2021年8月下旬以降
サイズ 約70×182×124mm 170×95×95mm
重量 約599g 未定
最大通信速度 下り 2.7bps
上り 183Mbps
下り 4.2Gbps
上り 218Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
有線LAN 1000BASE-T
100BASE-TX
10BASE-T
1000BASE-T
100BASE-TX
USB通信
同時接続台数 32台
(WiFi:30台/LAN:2台)
65台
(WiFi:64台/LAN:1台)
価格 21,780円

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の方が正面から見た横幅は短いですが奥行きが長く、home 5G HR01は角を丸めた四角柱のような形をしています。

最大速度はHOME 5G HR01の方が速いです。
どちらも機種も上記の数値は端末と回線間の最大速度であり、機器を接続した時の最大速度は、Wi-Fi6接続で1201Mbps(約1.2Gbps)、LANケーブル接続で1,000Mbps(1Gbps)となります。

どちらも5G通信はsub6でミリ波には非対応ですが、Wi-Fi接続で下り最大速度が1.2Gbpsなので電波環境が良ければ実際に出る速度で数百Mbpsくらいは期待できそうです。

LANポートの数は、Speed Wi-Fi HOME 5G L11が2個、home 5G HR01が1個です。

2機種ともUSBケーブルによる通信は対応していません。この点は4G用のホームルーターも同じです。

同時接続台数はhome 5G HR01の方が多く、Wi-Fiで64台も同時接続ができます。

WiFi通信時の暗号プロトコル(セキュリティ規格)は両機種とも最新のWPA3に対応しています。

5G対応ルーターで固定回線は要らなくなる?

5Gが全国に普及するのはまだ先のことになりますが、5Gなら自宅で固定回線を用意せずモバイル回線だけで済ませられるかもしれないと期待する人も多いのではないでしょうか。

特に、高速通信が必要なオンラインゲームをしたり高画質動画を快適に見たいために光回線を選ぶしかなかった人には、高速・低遅延の5Gならモバイル回線も選びやすくなるでしょう。

光回線の代替手段になるかは、通信速度と安定性、使える容量、月額料金といった条件面が自分の許容範囲かどうかです。

速度については、5Gの理論上の最大速度はかなり高速なので電波環境や端末の性能しだいでは現在の光回線の実効速度に負けないくらいの速度は出ることが期待できます。
しかし無線通信であるため、基地局からの距離や周囲の障害物の有無といった条件によっては満足のいく速度が出ない可能性もあり、固定回線の代わりとして快適に使えるかは電波環境によるでしょう。

使える容量と料金は以下で比較します。

携帯4キャリアとWiMAXの5G対応プランの通信容量

携帯4キャリアでは既に5G向けプランが販売されており、WiMAXも4月8日からauの5G回線に対応した新プランを開始しました。

キャリア名 プラン名 容量 特徴
ドコモ 5Gギガホ プレミア 無制限 5Gで容量無制限
home 5G プラン 無制限 home 5G HR01専用プラン
au ルーターフラットプラン80(5G) 80GB Speed Wi-Fi 5G X01用プラン
モバイルルータープラン5G
ホームルータープラン5G
無制限 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi用プラン
Speed Wi-Fi HOME 5G L11用プラン
ソフトバンク データ通信専用50GBプラン 50GB 4G/5G共通モバイルルーター用プラン
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 無制限 3か月間は月額料金が無料
WiMAX ギガ放題プラス 無制限 WiMAX2+とauの5G・4Gに対応

ドコモの5Gギガホ プレミアは4Gエリアも含めて利用可能データ量無制限で利用できます。
ホームルーターのhome 5G HR01には専用プランが用意されており、こちらも容量無制限でドコモスマホとのセットでスマホの料金が最大1,100円割引されます。

auのSpeed Wi-Fi 5G X01対応プラン「ルーターフラットプラン80(5G)」では通信容量は月間80GBです。
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi対応の「モバイルルータープラン5G」とSpeed Wi-Fi HOME 5G L11対応の「ホームルータープラン5G」は、この後紹介するWiMAXのギガ放題プラスと同じ条件ですが料金設定が違っています。

ソフトバンクのiPad・タブレット・モバイルWi-Fiルーター向けの新プラン「データ通信専用50GBプラン」は月間50GBまで利用できます。

9月30日から5Gを開始した楽天モバイルも容量無制限です。
現時点の5G対応エリアは 北海道、埼玉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県の限られたエリアのみとなっていますが今後全国に拡大予定です。

WiMAXのギガ放題プラスはWiMAX2+回線とauの一部の5G、4G LTE回線が利用できて容量は無制限ですが、3日間の通信量合計が15GBを超えると翌日の18時から次の日の2時頃まで速度制限されます。

ドコモや楽天モバイルの容量無制限は、サイトの説明では注意事項として通信制限を行う場合があると記載しているため、いくらでも使えるわけではありません。ある程度の制約は設けておかないと回線に悪影響が及ぶほどの極端に大量の通信を行うユーザーが出てくるためです。
どのサービスでも通信品質を保つために通信制限されることがある点は理解しておきましょう。

携帯4キャリアとWiMAXの5Gプラン月額料金(税込)

まず、ドコモの「5Gギガホ プレミア」だと7,315円円となっており、家族割引、光回線割引など割引を最大限に適用した場合で一人当たり4,928円です。
このうちドコモ光とのセット割が1,100円なので、光回線を引かずモバイル回線のみにした場合、月額5,028円です。また、使用量が3GB以下の月は1,650円割引されるのも特徴です。
ホームルーターのhome 5G HR01の専用プランは月額4,950円です。

auの「ルーターフラットプラン80(5G)」は通常料金が7,150円で、2年契約Nの適用で6,980円、さらに5Gルータースタートキャンペーンと5Gルータースタート割で合わせて48カ月間は2,000円割引になるため、4年間は月額4,980円で利用できることになります。

SoftBankの「データ通信専用50GBプラン」は基本プラン(980円)とデータプラン50GB(3,820円)のセットで月額料金は4,800円になります。

楽天モバイルは割引無しの通常料金で3,278円となっており、今なら3カ月間は月額料金が無料で利用できるキャンペーンを実施中です。
4Gエリアでも容量無制限で使えるため楽天モバイルの4Gエリアに住んでいるなら利用価値があります。無料期間終了後の月額でも容量無制限ならかなり安いです。

また、楽天モバイルは、月間の通信量が1GBまでなら月額料金は0円、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、20GB以上はこれまでどおり3,278円で容量無制限で使えるという段階制料金にしているのも特徴です。
ドコモの5Gギガホプレミアも通信量が少なかった月は月額料金が割引されますが、楽天モバイルの方は4段階の料金設定なので通信量の少ない人から多い人まで対応しています。特に1GBまでなら無料なのでサブ回線として維持費をかけずに持っておくことができます。

楽天モバイルの対応エリア確認はこちら⇒楽天モバイル

 

WiMAXのギガ放題プラスとauのモバイルルータープラン5G・ホームルータープラン5Gの料金は以下のようになっています。

キャリア WiMAX(UQ WiMAX) au
プラン名 ギガ放題プラス(2年契約) モバイルルータープラン5G
ホームルータープラン5G
月額料金 通常4,818円
割引後4,268円(25か月間)
通常5,271円(2年契約N)
4,721円(25か月間)

WiMAXのギガ放題プラス(2年契約)の月額料金は4,818円ですが、WiMAX+5Gはじめる割で25か月間は550円割引されることで月額4,268円になります。

auのモバイルルータープラン5Gとホームルータープラン5Gの月額料金は2年契約Nの場合で5,271円ですが、5Gルーター割により25か月間割引されて月額4,721円となります。

どちらも端末や通信容量などの条件が同じですが月額料金はWiMAXの方が安いです。

新サービス「WiMAX +5G」 については下の記事で解説しています↓

WiMAXの5G対応プランでおすすめのプロバイダー
WiMAX+5GはWiMAX2+回線に加えてauの5Gや4G LTE回線も利用できる新サービス。スタンダードモードは容量無制限で速度制限条件は3日で15GBです。5G回線に対応した新端末「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」も発売されました。