PR

月間100ギガで安いポケットWiFi(モバイルWiFi)レンタル

現在は携帯キャリアでも容量無制限のプランが用意されていますが、ギガ数は100GBもあれば十分なので料金がもっと安いプランを利用したいという人もいるのではないでしょうか。

モバイルWiFiサービスの中には月間容量100GBのプランもあり、料金は携帯キャリアの無制限プランより安いため、PCやタブレットで使う分も含めて毎月の通信量は100GBくらいの人に最適です。

今回は、月間容量100ギガのプランがあるモバイルWiFiサービスの中で特に料金が安い2つを紹介します。

ギガWi-Fi

ギガWi-Fiは、携帯3キャリアの回線に対応するクラウドWiFiサービスです。

ギガWi-Fiのサービス条件をまとめました。

プラン名 100GBプラン
契約期間
契約解除料
2年(自動更新)
2,600円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
月額料金 2,695円
支払い方法 クレジットカード
使用回線 マルチキャリア対応(ソフトバンク・ドコモ・au)
4G LTE
端末機種 MacaroonSE(無料レンタル)
端末損害金 19,800円
端末補償オプション料 月額660円
公式サイト 【ギガWi-Fi】

契約期間と解約時の費用

ギガWi-Fiの契約期間は2年間で、2年ごとにある更新月に解約しなければ契約は自動更新されます。

契約期間中に解約する場合の契約解除料は2,600円です。

初期費用と月額料金

初期費用は、契約事務手数料の3,300円です。

月額料金は2,695円です。

モバイルWi-Fiサービスはたくさんありますが100GBでこの料金というのは最安級です。

支払い方法はクレジットカードのみです。

端末損害金と補償オプション

端末は無料レンタルで、壊したり無くした場合は端末の損害金を支払うことになります。

オプションの端末補償サービスは月額660円です。

これを付けておくとで故障や破損、盗難、紛失の場合に2,200円を支払うことでリファビッシュ品と交換してもらえます。
リファビッシュ品とは中古品を整備して再出荷した製品のことです。

モバイルルーターは普通に使っていればそう簡単に故障するものではないですが、硬い地面に落としたりトイレなどで水没させるケースには注意が必要です。

使用する回線

ギガWi-Fiの端末は、本体の中にSIMカードを入れるのではなく、接続先のサーバーにある装置に複数の通信キャリアのSIMが差し込んであり、その中から使用者がいる場所に応じて最適なキャリアのSIMを自動で選択して端末に適用する「クラウドSIM」を採用しています。

このため、ソフトバンクドコモ、auの3キャリアの回線に対応することが可能なので、通信障害など何らかの理由で特定のキャリアが繋がらなくなったときでも安心です。

端末機種

端末の「MacaroonSE」は丸い形のコンパクトなモバイルルーターで、スペックは以下の通りです。

機種名 MacaroonSE
サイズ 85×85×23.5mm
重量 125g
最大速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
連続通信時間 20時間
バッテリー容量 4,000mAh
最大同時接続数 5台
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
USBポート USB タイプC

連続通信時間が20時間というのはクラウドSIMのモバイルルーターの中では長い方です。

ビューン@が無料になる契約者特典

ギガWi-Fiを契約すると特典でビューン@が無料で利用できます。

契約後にLINEで友だち登録をすることが条件です。

ビューン@は、電子書籍の新刊雑誌14誌、マンガ 10,000冊が読めるサービスなので、雑誌やマンガを読むのが好きな人にはメリットがあります。

 

まとめ ギガWi-Fiのメリット・デメリット

最後に、ギガWi-Fiのメリットとデメリットをまとめます。

まずメリットは以下の3点です。

①月額料金が安い
②クラウドSIMのためトリプルキャリア対応
③ビューン@が無料利用できる

月額2,695円という料金は他のモバイルWi-Fiサービスの100GBプランと比べて安いです。

漫画や雑誌が読めるビューン@の利用料込みの料金と見なせば、さらにお得感があります。

クラウドSIMは特定のキャリアが繋がらなくなった時でも他のキャリアの回線に切り替わって使い続けられることが強みなので、一時的でもネットが使えなくなるのは困るという人に便利です。

次にデメリットは以下の3点です。

①契約は2年ごとの自動更新
②端末はレンタル
③支払い方法はクレジットカードのみ

契約期間は2年で、中途解約する場合は契約解除料の2,600円がかかるため、2年縛りである点は理解しておく必要があります。
予定が変わって中途解約することになっても2,600円程度の負担なら許容できる人なら問題ないです。

使用するモバイルルーターはレンタル品なので、破損・水没させたり無くしたりしないように大事に扱う必要があります。

以上よりギガWi-Fiは次のような人に最適です。

  • 月間100GBのモバイルWi-Fiを安く利用したい
  • クラウドSIMのWiFiを使いたい
  • 2年縛りでも構わない
  • 雑誌やマンガが読めるビューン@を無料で利用したい

公式サイトはこちら ⇒ 【ギガWi-Fi】

 

dinomoWiFi(ディノモWiFi)

dinomoWiFi(ディノモWiFi)は、モバイルルーターのほかSIMカードやeSIMをレンタルして利用できるサービスです。

dinomoWiFiのサービス条件をまとめました。

プラン名 WiFi100GB
契約期間 無し
初期費用 契約事務手数料 3,300円
月額料金 2,882円
(クーポン適用時)
支払い方法 クレジットカード
使用回線 au・楽天モバイル
4G LTE/5G
端末機種 FS030W(無料レンタル)
端末損害金 13,200円
端末補償オプション料 月額550円(破損・水濡れ)
月額770円(盗難・紛失含む)
公式サイト dinomoWiFi

契約期間

dinomoWiFiは契約期間が無いため解約金もありません。

契約期間の縛りなしなので、いつでも無料で解約ができます。

初期費用と月額料金

初期費用は、契約事務手数料の3,300円です。

月額料金は、2,882円です。

上で紹介したギガWi-Fiより少し高いですが、月間100GBでこの料金なら十分安い水準です。

なお、通常料金は月額3,828円となっており、申し込み時にクーポンコードを適用することで月額2,882円になります。
申し込みページにクーポンコードが記載されており、そこで「クーポン適用」ボタンを押すと毎月のプラン料金が2,882円に変わるため、ボタンを押すのを忘れないようにしましょう。

初月の月額料金は無料です。

料金の支払い方法はクレジットカードのみです。

端末損害金と補償オプション

モバイルルーターは無料レンタルですが、壊したり無くした場合は損害金13,200円がかかります。

オプションとして破損などに備える端末補償サービスは次の2種類があります。

端末補償(月額550円) 破損・水濡れ・自然故障が対象
端末補償プラス(月額770円) 上記に加えて盗難・紛失も対象

端末補償プラスに加入して盗難・紛失の場合は5,000円で新品又はリフレッシュ品に交換できます。

SIMカードやeSIMでも使える

dinomoWiFiの特長は、モバイルルーターだけでなくSIMカードやeSIMも用意されていることです。

SIMフリーのスマホがあれば、SIMカードかeSIMで契約してdinomoWiFiを利用できます。

ドコモ、au、ソフトバンクで契約したスマホでSIMロックされている場合は、SIMロック解除手続きをしてSIMフリー化する必要があります。

SIMカードやeSIMで契約しても料金はモバイルルーターの場合と同じです。

PCやタブレットでもdinomoWiFiを利用したいときはスマホのテザリング機能を使う方法がとれるため、デュアルSIMのスマホなら通話用のSIMと併用するのもありでしょう。

使用する回線

dinomoWiFiは、楽天モバイルとauの回線に対応しています。

楽天回線に優先的に接続され、楽天回線の電波が入りにくい場所ではau回線につながります。

2つの回線を合わせると人口カバー率は99.9%となっているため、全国のほとんどのエリアで利用できます。

こちらは4G LTEのほか楽天モバイルの5G回線にも対応していますが、レンタルできるモバイルルーターは5G回線は非対応のため、5G回線で利用するには5G対応スマホが必要です。

海外でも利用できる

dinomoWiFiは、海外の69の国と地域で毎月2GBまでは無料で利用できます。
2GB超過後は最大128kbpsの速度で使い続けられますが、遅すぎて使い物にならないレベルの速度なので実質的に使えるのは月間2GBまでといえます。

手続きは不要で、渡航先でモバイルルーターの電源を入れるだけで利用できるようになります。
SIMカードやeSIMで利用する場合はスマホの設定でローミングをオンに設定します。

渡航期間中の通信量は2GBもあれば十分なら別途海外用レンタルWi-Fiを借りたりする必要がないため、海外旅行によく行く人には便利です。

端末機種

レンタルできるモバイルルーター「FS030W」で、スペックは以下のようになっています。

機種名 FS030W
サイズ 74×74×17.3mm
重量 約128g
最大速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
連続通信時間 約10時間
バッテリー容量 3,060mAh
最大同時接続数 15台
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
USBポート マイクロUSB

WiFiの規格はIEEE802.11acまで対応し、5GHzでのWi-Fi接続もできます。

USBテザリングやBluetoothテザリングも使える端末です。

まとめ dinomoWiFiのメリット・デメリット

最後に、dinomoWiFiのメリットとデメリットをまとめます。

まずメリットは以下の4点です。

①楽天回線とau回線合わせて人口カバー率99.9%の対応エリア
②契約期間の縛りなし
③SIMカードやeSIMでも利用できる
④海外69の国と地域で月間2GBまで無料で利用できる

契約期間の縛りなしで使えるモバイルWi-Fiサービスの中では、100GBで月額2,882円というのはかなり安いです。

SIMカードやeSIMでも利用できるため、SIMフリーのスマホがあればモバイルルーター不要で利用できます。

海外でも月間2GBまで無料で利用できるため海外旅行に行くときに便利です。

次にデメリットは以下の2点です。

①モバイルルーターはレンタル品
②支払い方法はクレジットカードのみ

モバイルルーターはレンタル品のため、利用中に壊したり無くしたり場合は端末損害金がかかり、端末補償サービスを付けると別途料金がかかります。
この点が嫌ならSIMカードやeSIMで契約するのが良いでしょう。

支払い方法はクレジットカードのみなので持ってない人は利用できません。

以上よりdinomoWiFiは次のような人に最適です。

  • 契約期間で縛られたくない
  • SIMカードやeSIMで利用したい
  • 5GHzのWi-Fi接続ができるモバイルルーターを使いたい
  • 海外旅行へ行く予定がある

公式サイトはこちら ⇒ dinomoWiFi(ディノモWiFi)

コメント