一人暮らしに家のWiFiが必要かどうかはネットの用途しだい

数年前、パソコンのインターネットは自宅の固定回線ではなく大容量プランの格安SIMを入れたスマホのテザリング機能を使っていました。

しかし、そのSIMは大容量プランとはいえ月間25GBだっため、なるべく動画を見るのを控えたり月末頃は残り容量を気にしながら使っていました。

それが不便だったので、その次は容量無制限となっているモバイルWiFiサービスを利用していましたが、時代は変わり現在は携帯キャリアが容量無制限のプランを提供するようになっており、スマホのテザリングでパソコンやタブレットをネットに接続して利用しやすくなっています。

これなら家の固定回線やモバイルWiFiを契約しなくてもスマホのSIMのみで済むため契約管理が楽で通信費の節約もできます。

今後は一人暮らしなら家のWiFi(自宅用のインターネット回線)が必要ないと考える人は増えていくのではないでしょうか。

これについてはネットをどんな用途で使うかや利用スタイルによって違ってきます。

家のWiFiとスマホのテザリングのどちらが良いか

光回線とテザリング

通信速度の速さや安定性が求められるオンラインゲームを快適に楽しんだり、4Kなどの超高画質動画を観たいなら自宅に光回線を引いた方が良いです。

この他には、動画などの大きいサイズのファイルをダウンロードやアップロードすることが多い人も光回線の方が快適に利用できます。

こうした用途ではあまり使わず、主にWEBサイトを見たりSNSを利用したり標準画質の動画を見るといった用途でネットを使うなら、スマホのテザリングのみで対応することは可能です。

モバイル回線なので光回線並みの速度や安定性は期待できませんが、それよりも通信費の節約や契約するサービスを少なくしてシンプルになることを優先したい人に向いています。

モバイルWiFiとテザリング

自宅に固定回線を引くのではなく持ち運びができる小型のルーターを通してネットに接続するモバイルWiFiサービスを利用する方法もあります。これなら回線工事が不要なので工事費もかからず、すぐに利用開始できます。

モバイルWiFiのデメリットは外で使う場合は荷物が一つ増えることですが、スマホのテザリングにすればこの問題は解決できます。

ただ、スマホをモバイルルーター代わりに使うためWi-Fiのテザリングではバッテリー消費が大きくなり電池持ちが悪くなるとうデメリットもあります。
電池持ちが悪くなるといっても、それが気になる程度かどうかは人により違うため、これまでにWiFiテザリングを使ったことがあってバッテリーの減り具合で不満を持ったことが無いなければ問題ないと思います。

BluetoothテザリングはWiFiよりも省電力のため電池持ちを良くできますが、通信速度は1Mbps程度になるため、高速でなくても良い用途で使う場合に限られます。低速でも問題ない用途で長時間使いたい場合には利用価値があるでしょう。

パソコンとならUSBテザリングで接続でき、パソコンから給電しながら使えるためスマホのバッテリー残量は減りません。ただ、有線接続なのでWiFiに慣れているとケーブルが邪魔だと感じるかもしれません。

スマホのバッテリーが減るのがどうしても困るならモバイルWiFiを利用した方が良いですが、荷物が一つ増えても構わないなら、テザリング用に小さめのスマホをサブ機として持つ方法もあり、モバイルルーターと比べてスマホは薄いため、かさばりにくいというメリットもあります。

通信費を抑えることを優先するなら、大容量使えるSIMに乗り換えてテザリングを利用するのが一番です。

乗り換え先やサブ回線として最適なサービスを以下に紹介します。

家のWiFi無しの人におすすめのモバイル通信サービス

自宅のPCやタブレットのネット回線をスマホのテザリングで済ませたい人に最もおすすめなのが、楽天モバイルです。

ドコモ、au、ソフトバンクに続く第4の携帯キャリアとして昨年の4月にサービスを開始しており、容量無制限で使えるうえに今年の4月からはサブ回線としても利用しやすい料金設定になります。

それに今なら、すごくお得なキャンペーンを実施していることも見逃せません。

私もこちらを半年ほど前に契約しており、これまで特に不満なく使えています。

以下に楽天モバイルの何が良いのかを解説するので読んでみてください。

➀月額2,980円で容量無制限で使える

楽天モバイルの月額料金は2,980円(税抜)で、月間で使える通信容量は無制限となっています。
この金額で容量無制限というのは、他のサービスを比較して明らかにお得です。

テザリングにも対応しているため、PCやタブレットをスマホとWi-Fi等で接続して楽天モバイルの回線でインターネットを利用することができます。

楽天モバイルの独自回線は急拡大しており、2021年の夏までに人口カバー率96%を予定しているそうです。

山間地などで楽天モバイルの回線エリア外の場所でもパートナー回線(au)のエリア内なら使用でき、パートナー回線では通信量が月間5GBを超えると最大1Mbpsの速度になります。
パートナー回線で楽天モバイルを利用したことがありますが、最大1Mbpsの速度でもサイトを見たり標準画質の動画を見るくらいなら問題なく使うことができました。

自宅が楽天モバイルの回線エリア内かどうかはこちらで確認できます⇒楽天モバイル

②使用量が少なかった月は安くなる段階料金制

現在の楽天モバイルは月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」というプランですが、これが4月からは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」に自動でアップグレードされます。

Ⅵでは月間の通信量が1GBまでなら月額料金は0円、3GBまでなら980円、20GBまでなら1,980円、20GBを超えると2,980円で容量無制限という条件になっています。
つまり、これまで通り2,980円で容量無制限で使えるうえに、ネットをあまり使わず通信量が少なかった月は月額料金が安くなる仕組みになるのです。

1GBまでなら無料なのでサブ回線として維持費をかけずに持っておくことも可能です。

それに最近、他の携帯3キャリアが月間20GBの格安プランを発表しましたが、それらのプランの月額料金は2,480円~2,980円なので、楽天モバイルで月間20GBまでだった場合の1,980円の方が安いです。

③月額料金が1年間無料になる

楽天モバイルは今ならキャンペーンで申し込み者の先着300万人までは契約後1年間は月額料金が無料になります。
月額2,980円が12か月分も無料になるため、これだけでもかなりの通信費が節約できます。

サービスを開始したばかりの時期ならではのお得なキャンペーンです。

なお、もうすぐ300万人突破するため、このキャンペーンは4月7日で終了します。

④通話料も無料にできる

楽天モバイルはアプリの「Rakuten Link」から電話をかければ通話料は無料になります。
他のキャリアでよくある「5分かけ放題」などではなく、時間制限のない「かけ放題」です。
長電話する人は電話代をかなり節約できるでしょう。

また、Rakuten Linkを使えば国内や海外指定66の国と地域へのSMSも無料で使えます。

⑤申し込むと楽天ポイント5000ポイントがもらえる

キャンペーンにより楽天モバイルに申し込んで以下の指定条件を満たすと楽天ポイント5,000Pがもらえます。

・Rakuten UN-LIMIT Vの申し込みの翌月末日23:59までに開通の手続きをする
・Rakuten Linkで電話発信して10秒以上の通話とメッセージの送信をそれぞれ1回以上行う

申し込んで放置したままでは5000ポイントはもらえませんが、開通させてRakuten Linkから発信した電話で10秒以上の通話をするのとSMSの送信を1回以上行うだけなので難しいことはありません。

楽天ポイントは楽天市場での買い物に使えるため、これだけで5,000円分お得になります。

⑥スマホが格安か無料で手に入る

楽天モバイルはSIMのみで契約できるほか、楽天回線対応のスマホをセットで購入することもできます。

しかも、スマホ同時購入のキャンペーンにより機種に応じて楽天ポイントが15,000~20,000ポイントがもらえるため実質的に端末代が安くなり、上で書いた申し込みで5,000Pプレゼントの特典も合わせると実質0円になる機種もあります。

この記事を書いた時点で実質0円になる機種は以下のとおりです。

機種名 端末価格 還元ポイント 実質負担額 申し込みで5000P特典と合計
arrows RX 20,000円 15,000P 5,000円 0円
Galaxy A7 18,700円 15,000P 3,700円 -1,300円

arrows RXなら実質無料、Galaxy A7なら無料になるうえに1300円分得をします。

また、これとは別のキャンペーンで楽天モバイルオリジナルスマホのRakuten Handという機種は端末価格が20,000円で楽天ポイントが19,999Pプレゼントされるため実質負担額は1円になり、申し込み特典の5,000ポイントと合わせると4,999円分得をします。

このように、楽天回線に対応するスマホを持ってない人やこの機会に新規でAndroidスマホを持ちたい人でも費用負担をすることなく楽天モバイル対応スマホを入手できるのです。

まとめ

一人暮らしで家のWiFi(自宅のインターネット回線)を用意せず、PCやタブレットのネット回線をスマホのテザリングで対応すれば通信費の節約ができます。

今使っているスマホのSIMの容量では足りない場合は、楽天モバイルに乗り換えるかサブ回線として利用する方法があります。

楽天モバイルは月額2,980円で容量無制限で使えてテザリングにも対応しています。

4月からは段階料金制になり、月間1GBまでなら0円、3GBまでなら980円、20GBまでなら1,980円、20GBを超えると2,980円で容量無制限という条件なので、使用量が少なかった月は月額料金を安くできます。

アプリのRakuten Linkから電話をかければ通話料が無料でSMSも無料で利用できます。
電話代が無料にできるので長電話する人は特にお得です。

キャンペーン特典もかなり手厚い内容です。

・先着300万人までは1年間は月額料金が無料(4月7日が申し込み期限)
・申し込みで楽天ポイント5,000Pプレゼント
・スマホ同時購入キャンペーンで15,000~20,000ポイントのプレゼント
・Rakuten Handの同時購入で19,999ポイントのプレゼント

このサイトでは、これまでに色々なモバイル通信サービスを紹介してきましたが、これほどお得な条件が揃っているサービスは見たことがありません。

自宅が楽天モバイルの回線エリアになっているなら、1年無料キャンペーンが終わる4月7日までに申し込むことをおすすめします。

楽天モバイルのキャンペーン内容はよく変わるので最新情報は公式サイトを確認してください。

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル