PR

一人暮らしに家のWiFiが必要かどうかはネットの用途しだい

数年前、パソコンのインターネットは自宅の固定回線ではなく大容量プランの格安SIMを入れたスマホのテザリング機能を使っていました。

しかし、そのSIMは大容量プランとはいえ月間25GBだっため、なるべく動画を見るのを控えたり月末頃は残り容量を気にしながら使っていました。

それが不便だったので、その次は容量無制限となっているモバイルWiFiサービスを利用していましたが、時代は変わり現在は携帯キャリアが容量無制限のプランを提供するようになっており、スマホのテザリングでパソコンやタブレットをネットに接続して利用しやすくなっています。

これなら家の固定回線やモバイルWiFiを契約しなくてもスマホのSIMのみで済むため契約管理が楽で通信費の節約もできます。

今後は一人暮らしなら家のWiFi(自宅用のインターネット回線)が必要ないと考える人は増えていくと考えられますが、ネットをどんな用途で使うかや利用スタイルによって最適な回線は違ってきます。

家のWiFiとスマホのテザリングのどちらが良いか

光回線とテザリング

通信速度の速さや安定性が求められるオンラインゲームを快適に楽しんだり、4Kなどの超高画質で動画を観たいなら自宅に光回線を引いた方が良いです。

この他には、動画などの大きいサイズのファイルをダウンロードやアップロードすることが多い人も光回線の方が快適に利用できます。

こうした用途ではあまり使わず、主にWEBサイトを見たりSNSを利用したり標準画質の動画を見るといった用途でネットを使うなら、スマホのテザリングのみで対応することは可能です。

モバイル回線なので光回線並みの速度や安定性は期待できませんが、それよりも通信費の節約や契約するサービスを少なくしてシンプルになることを優先したい人に向いています。

ホームルーターとテザリング

「置くだけWiFi」とも呼ばれるホームルーターは、電源コードをコンセントに差すだけでインターネットが使えるようになります。

通信速度は光回線に及びませんが、回線工事が不要なため何らかの事情で光回線が引けない人や引っ越しすることが多い人に便利です。

コンセントにつなげて使うためスマホのテザリングのように端末の充電をする必要がなく、気づいらバッテリー切れでインターネットの接続が切れていたといったこともありません。

その代わり、据え置き型の端末なので外に持ち出して使う用途では向いておらず、基本的には自宅専用のネット回線になります。

モバイルルーターとテザリング

モバイルルーターは電源がバッテリーなので外に持ち出して使うことができます。

この点はスマホのテザリングと同じですが、最近のスマホはバッテリーが内蔵式のものが多いのに対してモバイルルーターはバッテリーが交換式の製品が多いため、長年使用してバッテリーが劣化したらバッテリーだけ交換して使い続けられるメリットがあります。

その代わり、外で使う場合は荷物が一つ増えるデメリットもあります。
コンパクトな端末ですが、外出時に荷物が増えるのが嫌な人には向いていません。

スマホのテザリングのデメリット

スマホのWi-Fiのテザリングを使うとバッテリー消費が大きくなるため充電の頻度は増えるというデメリットがありますが、それが気になるかどうかは人によって違ってきます。
気になるかどうかは、今使っているスマホで1日中Wi-Fiテザリングを使ってみて電池の減り具合を確かめてみると良いでしょう。

BluetoothテザリングならWiFiよりも省電力のため電池持ちを良くできますが、通信速度は1Mbps程度になるため、高速でなくても良い用途で使う場合に限られます。

パソコンとならUSBテザリングで接続でき、パソコンから給電しながら使えるためスマホのバッテリー残量は減りません。ただし有線接続なのでWiFiに慣れているとケーブルが邪魔だと感じるかもしれません。

家のPCやタブレットのネット回線をスマホのテザリングで済ます方法は、通信速度や安定性は重視せず月々の通信費を安くしたい人に向いています。特に一人暮らしで節約をしたい人には最適です。
Wi-Fiテザリングを使うことで充電の頻度は増えますが、スマホは数年使ったら買い替える人なら問題ないでしょう。

もし、家の回線としてスマホのテザリングを使うなら、通信容量(ギガ数)は無制限のSIMを利用するのが良いです。

容量無制限で月額料金が安いサービスを以下に紹介します。

家のWiFi無しの人におすすめのモバイル通信サービス

自宅のPCやタブレットのネット回線をスマホのテザリングで済ませたい人に最もおすすめなのが、楽天モバイルです。

ドコモ、au、ソフトバンクに続く第4の携帯キャリアとして2020年4月にサービスを開始しており、低料金で容量無制限となっています。

私もこちらを3年前から契約しており、これまで特に不満なく使えています。

 

以下に楽天モバイルの4つの魅力を紹介するので読んでみてください。

➀月額3,278円で容量無制限

楽天モバイルの月額料金は3,278円(税込)で、月間で使える通信容量は無制限となっています。
この金額で容量無制限というのは、他のモバイル通信サービスと比較して明らかにお得です。

テザリングにも対応しているため、PCやタブレットをスマホとWi-Fi等で接続して楽天モバイルの回線でインターネットを利用することができます。

楽天モバイルの独自回線のほかパートナー回線のauの4G LTEエリアでも使えるため、楽天回線エリアでなくても大容量で通信することができます。

自宅が楽天モバイルの対応エリア内かどうかはこちらで確認できます⇒楽天モバイル

②使用量が少なかった月は安くなる段階料金制

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」は、月額料金は下記のように月間の通信量に応じた段階料金制になっています。

3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GBを超えると3,278円で容量無制限

月額3,278円で容量無制限で使うことができ、通信量が少なかった月は月額料金が安くなる仕組みなのです。

③通話料を無料にできる

楽天モバイルはアプリの「Rakuten Link」から電話をかければ通話料は無料になります。
他のキャリアでよくある「5分かけ放題」などではなく、時間制限のない「かけ放題」です。
長電話する人は電話代をかなり節約できるでしょう。

また、Rakuten Linkを使えば国内や海外指定66の国と地域へのSMSも無料で使えます。

Rakuten LinkアプリではなくOS標準アプリで電話をしたい場合は、月額1,100円のオプションサービスを利用すれば国内通話が1回15分以内なら無料になります。

④申し込み特典がある

キャンペーンで楽天ポイントがもらえる2つの申し込み特典のどちらかを選べます。

①他社からMNPで乗り換える人には16,000ポイント
②紹介リンク経由で申し込むと新規契約は6,000ポイント、MNPは13,000ポイント

他社からMNPで乗り換える人には13,000ポイントがプレゼントされます。

さらに初めての申し込みの人は、SPUのページから申し込むと追加で3,000ポイントがもらえるため、合計で16,000ポイントになります。
(3,000ポイント特典の申し込み期間は2024年2月29日まで)

新規契約の人は、楽天モバイルを利用している紹介者のリンクを経由して申し込むと6000ポイントがもらえます。

紹介リンク経由でMNP乗り換えをした場合は13,000ポイントがもらえますが、①のキャンペーンで申し込んだ方がお得です。

どちらも利用開始後に通話アプリのRakuten Linkで発信して10秒以上の通話をすることが特典の受け取り条件なので忘れないようにしてください。

まとめ

一人暮らしで家のWiFi(自宅のインターネット回線)を用意せず、PCやタブレットのネット回線をスマホのテザリングで対応すれば通信費の節約ができます。

今使っているスマホのSIMの容量では足りない場合は、楽天モバイルに乗り換える方法があります。

楽天モバイルは月額3,278円で容量無制限で使えてテザリングにも対応しています。

段階料金制で3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、20GBを超えると3,278円で容量無制限という条件なので、使用量が少なかった月は月額料金を安くできます。

アプリのRakuten Linkから電話をかければ通話料が無料でSMSも無料で利用できます。
電話代を無料にできるので長電話する人は特にお得です。

他社からMNPで乗り換える人はキャンペーン特典で13,000ポイントがプレゼントされ、SPUのページから申し込むとさらに3,000ポイントがもらえるため、合計で16,000ポイントになります。

SPUのページはこちら ⇒ 楽天モバイル(SPU)

 

新規契約で申し込みたい人は紹介リンクから申し込むことで6,000ポイントがもらえます。

楽天モバイルを利用している私の紹介リンクを掲載しておくので、よかったらこちらを使ってください。

紹介リンク⇒ https://r10.to/h6Avmo

上のリンク先ページで楽天にログインしてから申し込み、利用開始後に通話アプリのRakuten Linkで発信して10秒以上の通話をすることで特典を受け取れます。