VPNを使ってフリーWiFiを安全に利用する

カフェやファストフード店、ファミレス、コンビニなど、様々なお店で無料で使えるフリーWiFiが用意されています。

スマートフォンに入れているSIMのデータ容量を減らすことなくインターネットが利用できるので、WiFi目当てにお店に行く人もいるかと思います。

しかし、フリーWiFiの中には通信が暗号化されていないものもあるので注意が必要です。

店のWiFiスポットが暗号化されていない場合はログイン画面などにそのことが記載されている場合が多く、通信が他人に読み取られる可能性がある点を理解したうえで利用する形となっています。

暗号化されていないWiFiは、IDやパスワードを入力する用途やノマドワークなどの仕事で使うのは避けるべきです。
それ以外の用途であっても、他人に自分の通信内容を知られるのは気持ち悪いと感じる人がほとんどでしょう。

 

どうしてもフリーWiFiを使いたいときに、そのWiFiスポットが暗号化に対応していない場合でも安全に通信する方法があります。

それが「VPN」です。

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略で、簡単に言えばインターネット上に仮想的にプライベートなネットワークを作ることで安全に通信ができるというものです。

VPNを使った場合の接続ルートは下記のようになります。

自分の端末⇒WiFiスポット⇒VPNサーバー⇒インターネット

VPNサーバーを経由してネットに接続することで送受信データは暗号化されるため、外部から通信内容を覗き見られることを防げます。

VPNはWi-Fiを安全に使い、個人情報やプライバシーを守るために役立つ技術なのです。

VPNはどうすれば利用できるの?

VPNを利用するのはとても簡単です。

PCやスマートフォン、タブレットにVPNアプリをインストールしてからサービスにログインし、利用したいVPNサーバーを選んで接続するだけです。中には自動で接続してくれる機能があるVPNアプリもあります。

無料で使えるVPNアプリはたくさんありますが、広告が表示されるために通信速度が遅かったり、利用時間制限があって短時間しか使えなかったり、機能面でも使いにくかったりします。何より信頼性という点で無料VPNには不安が残るものもあります。

安全にWiFiを使うことを重視するなら多少の費用をかけてでも信頼のおける会社が提供している有料VPNサービスを使った方が良いです。

下記に有料VPNを一つ紹介します。

アバスト セキュアライン VPN(Avast SecureLine VPN)

世界的なサイバーセキュリティ企業のアバスト(AVAST Software)が提供するVPNです。



アバストはチェコのプラハに本社があり、セキュリティソフトのAvast Antivirusでも有名です。アバスト製品は世界に4億人以上のユーザーがいます。

無線インターネットが発達した現代は、ウイルス対策やファイヤーウォール以外にWiFi接続の安全性を確保することが必要不可欠になっています。

それに対応できるサービスがアバスト セキュアラインVPNです。

銀行レベルの256ビットAESで暗号化して通信を保護できます。

 

セキュアラインVPNの料金は利用端末の数ごとに異なります。

利用台数 デバイス 1年間料金
1台まで PC
(Windows・Mac)
6,180円
1台まで スマートフォン・タブレット

(Android・iPhone・iPad)

1,740円
5台まで PC・スマートフォン・タブレット 8,280円

スマホやタブレット1台で使うなら年間1,740円、月当たりだと145円です。

PCだと年間6,180円、月当たり515円です。

PC、スマホ、タブレット全部でVPNを使いたいなら5台まで使えて年間8,280円のプランもあります。月当たりでは690円です。
家族全員で安全にWiFiを使いたい場合にもこのプランが最適です。

セキュアラインVPNは7日間の無料トライアルで試せるので、まずは実際に使ってみてから継続するかを判断できますよ。

詳しくは公式サイトを確認してください⇒アバスト セキュアラインVPN