PR

TCOM光(@TCOMヒカリ)とauひかりの比較

auやUQモバイルのユーザーは、スマホとセット割を適用させるために家のネット回線をauひかりにしようと考えるかもしれません。

auのスマホを安くするならauひかりで決まり?

auひかり以外にもauスマートバリューやUQモバイル自宅セット割に対応している光回線はありますよ。

 

その一つが@T COMヒカリ(アットティーコム光)

こちらはTOKAIコミュニケーションズという会社が提供している光回線です。
TOKAIコミュニケーションズは、東証プライム上場のTOKAIホールディングスの子会社で、格安SIMのLIBMOも提供しています。

今回はこのTCOM光とauひかりを比較し違いをまとめたので、どちらにしようか迷ってる人は参考にしてください。

回線の種類と提供エリアの違い

TCOM光は、NTTのフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供する「光コラボレーション」と呼ばれるサービスです。

従来のフレッツ光と違い、回線とプロバイダーがセットになったサービスのため分かりやすいうえに料金も安くなっています。

利用できるエリアはフレッツ光と同じで、全国の都道府県に対応しています。

 

携帯キャリアが提供するドコモ光やソフトバンク光、楽天ひかりもTCOM光と同じく光コラボのサービスですが、auひかりだけは光コラボではありません。

auひかりはKDDIの独自回線を使用するサービスです。

具体的には、東京、神奈川、千葉、埼玉の一部エリアではKDDIの自社回線で、それ以外の地域はNTTのダークファイバーを使用しています。
ダークファイバーとは敷設された光ファイバー回線のうち使用されていなかった回線のことで、これを借り受けて独自回線サービスとして提供しているのです。

auひかりの戸建タイプは以下のエリアでは非対応となっています。

愛知 静岡 三重 岐阜
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
沖縄

マンションタイプの方は全国に対応してますが、利用できるのはauひかりの回線設備が導入されている集合住宅のみです。

契約期間と解約金

TCOM光は2年契約で、契約期間中に解約すると契約解除料としてファミリータイプが3,300円、マンションタイプが2,200円かかります。

2年ごとにある契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間が契約更新期間でこの期間中に解約すれば契約解除料は無料です。

auひかりは戸建てタイプとマンションタイプでそれぞれ契約期間が複数あります。

建物タイプ プラン名 契約期間 契約解除料
戸建て ずっとギガ得プラン 3年 4,730円
ギガ得プラン 2年 4,460円
標準プラン なし なし
集合住宅 お得プランA 2年 2,290円
お得プラン 2年 2,730円
標準プラン なし なし

こちらも契約期間中の解約は上記の契約解除料が発生しますが、3年契約なら3年ごと、2年契約なら2年ごとにある3か月間の更新期間に解約すれば契約解除料は無料です。

戸建ての「ずっとギガ得プラン」は3年縛りにすることで料金を安く設定しており、次に安いのが2年契約の「ギガ得プラン」、最も高いのが標準プランです。

キャンペーン特典も、ずっとギガ得プランが最も手厚い内容になっているため、利用するならずっとギガ得プランがおすすめです。

 

集合住宅向けのマンションタイプは、タイプVやタイプGなど棟内配線方式によって複数のタイプがあり、タイプGと都市機構Gだけは「お得プラン」でそれ以外のタイプは「お得プランA」です。

この2つの違いは、お得プランAの方は「おうちのトラブルサポート(月額440円)」というオプションサービスが無料になることです。

契約期間がない標準プランも選べますが、標準プランはキャンペーン特典の対象外の場合があるため、利用するならお得プランAかお得プランの方がおすすめです。

初期費用と回線工事費

ここではTCOM光とauひかりの初期費用と回線工事費を解説します。

初期費用

TCOM光は契約事務手数料の3,300円、auひかりは登録料として3,300円がかかるため契約時の手数料は同額です。

PCやスマホ、タブレットなどの回線に接続するためにWi-Fiルーターが必要ですが、TCOM光ではWi-Fiルーターの無料レンタルサービスがないため、ルーターを持ってない場合は自分で購入して用意する必要があります。

楽天市場を見たところ、高速通信のIPv6(IPoE)対応のルーターは安いものなら3千円台で販売されていました。

auひかりは標準サービスでホームゲートウェイがレンタルできます。ホームゲートウェイとは回線終端装置(ONU)とルーターが一体になった機器のことです。

これのレンタル料は無料ですが、無線LANオプションの利用料が月額550円かかります。

ただし、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割が適用されるとホームゲートウェイの無線LANオプションが無料で利用できるため、auやUQモバイルのスマホユーザーなWi-Fiルーターを別途用意する必要がありません。

 

回線工事費

回線工事については、TCOM光の方はフレッツ光の回線を使うサービスなので、フレッツ光や他社の光コラボを利用中の人が乗り換える場合は回線工事は不要です。それ以外のケースでは回線工事が必要です。

ここではTCOM光とauひかりの回線基本工事料を比較します。

TCOM光 auひかり
戸建て 工事員派遣・屋内配線新設あり
22,000円
1回目 1,188円
2~23回目 946円
41,250円

ずっとギガ得プラン
1回目 1194.6円
2~35回目 1178.1円

ギガ得プラン・標準プラン
1回目 1,804円
2~23回目 1,793円

工事員派遣・屋内配線新設なし
11,660円
1回目 528円
2~23回目 506円
工事員派遣なし
3,300円
集合住宅 工事員派遣・屋内配線新設あり
22,000円
1回目 1,188円
2~23回目 946円
33,000円
1回目 1443.2円
2~23回目 1,434.4円
工事員派遣・屋内配線新設なし
11,660円
1回目 528円
2~23回目 506円
工事員派遣なし
3,300円

TCOM光は、工事員を派遣して工事する場合でも既にある屋内配線を利用できる場合は「屋内配線新設なし」の工事になり工事料金が安くなります。

また、既にフレッツ光の回線設備が導入されている建物なら工事員の派遣が不要でNTTの局舎側の工事のみで済むケースがあり、この場合の工事費は3,300円です。

TCOM光の派遣工事の工事料金は一括払いのほか23回の分割払いもでき、どちらの支払い方法にしても23か月間は分割払い額と同額が割引されるため工事費は実質無料にできます。

ただし23か月未満で解約すると、分割払いの場合は残りの回数の分割払い額を一括で支払うことになり、一括払いの場合は23か月分の割引を満額受けられないことにより、工事費の自己負担が発生します。

無派遣工事は一括払いのみで、初回に割引されて終わりです。

 

auひかりの工事料も一括払いのほかに分割払いも選択でき、戸建てのずっとギガ得プランは36回払い、ギガ得プランと標準プラン、マンションタイプは24回払いです。

こちらも分割払い期間中は毎月分割払い額と同額が割り引かれることで工事費は実質無料になります。
ずっとギガ得プランは36か月、それ以外のプランは24か月未満で解約すると工事費の残債を請求されるため工事費の自己負担を無料にするには、ずっとギガ得プランは3年、それ以外は2年間は利用する必要があります。

工事料金は明らかにauひかりの方が高いため、分割払いの割引期間中に解約した場合の自己負担額もauひかりの方が大きい点は理解しておきましょう。

TCOM光とauひかりの月額料金

TCOM光とauひかりの月額料金は次のようになっています。

TCOM光 auひかり
戸建て 5,610円 ずっとギガ得プラン
5,610円(12か月目まで)
5,500円(24か月目まで)
5,390円(25か月目以降)
ギガ得プラン
5,720円
標準プラン
6,930円
集合住宅 4,180円 タイプV8 4,510円
タイプV16 4,180円
タイプG8 4,510円
タイプG16 4,180円
都市機構G 4,180円
都市機構 4,180円
タイプE8 4,070円
タイプE16 3,740円
マンションギガ 4,455円
マンションミニギガ 5,500円
タイプF 4,290円

戸建ての場合、auひかりの「ずっとギガ得プラン」は1年目より2年目、3年目と徐々に料金や安くなる設定なので、利用するならこちらを選んだ方が良いです。

そして、1年目の料金はTCOM光と同額ですが2年目からはauひかりの方が安いです。

auひかりのマンションタイプは、棟内配線方式や戸数によってたくさんの種類が有り月額料金も異なっています。

上記の料金はタイプG8・G16と都市機構Gはお得プランで、それ以外はお得プランAの料金です。

住んでいるマンションがauひかりのタイプE8・E16ならTCOM光より安いですが、それ以外ならTCOM光と同額か高い料金となります。
なお、auひかりのタイプEを導入しているマンションは少ないようです。

3年くらいだけ使う予定なら、キャンペーン特典の割引やキャッシュバックも考慮しておきましょう。

キャンペーン特典の違い

ここからは@TCOM光とauひかりのキャンペーン特典を紹介します。

TCOM光の申し込み特典

TCOM光の申し込み特典は以下の2つのどちらかを選べます。

①現金40,000円キャッシュバック
②50,000TLCポイント進呈

4万円キャッシュバックの受け取り方法

受け取り方法は、銀行振込かセブン銀行ATM受取りのどちらかを選択できます。

開通月から数えて7ヶ月目の下旬に@TCOMで発行されたメールアドレス宛に特典の案内メールが届きます。

7か月以内に解約するとキャッシュバックは受け取れません。

案内メールの送信日から2週間以内に振込先口座の情報を登録するかセブン銀行ATMで受け取りをする必要があります。

手続き期間が2週間で短いため、忘れないように十分注意してください。

50,000TLCポイントの受け取り方法ント

開通月から数えて7ヶ月目の下旬に50,000TLCポイントが進呈されます。

この特典の受取りにはTLC会員サービスへの入会が必要となります。TLC会員になるとTOKAIグループのサービスの利用でポイントを貯めることができます。入会金や会費は無料です。

@TCOM光の利用開始後4ヶ月目の末日までにTLC会員サービスに入会してないと特典の対象外となりポイントがもらえなくなるので早めに登録しておきましょう。

また、7か月目のポイントの受け取りまでに@TCOM光を解約した場合も特典の対象外となります。

もらったTLCポイントは@TCOMヒカリの料金の支払いに使えます。

このため実質的には5万円キャッシュバックと同じことです。

この他にWAONポイントに交換したり、ドットマネーを経由することでTポイント・Pontaポイント・dポイント・Amazonギフト券に交換したり銀行振込も可能です。

auひかりのキャンペーン特典

auひかりは回線契約のほかにプロバイダーとの契約も必要で、プロバイダーごとにauひかりの申し込み特典が異なります。

ここでは、申し込み特典が充実しているプロバイダーとしてGMOとくとくBBの特典を紹介します。

GMOとくとくBBのauひかり特典
キャッシュバック特典 82,000円
(標準プランは20,000円)
光電話基本料割引 ホームタイプ
ずっとギガ得プラン:2ヶ月目~36ヶ月目まで割引
ギガ得プラン:2ヶ月目~24ヶ月目まで割引
マンションタイプ 
お得プラン/お得プランA:2ヶ月目~24ヶ月目まで割引
その他 Wi-Fiルータープレゼント

GMOとくとくBBでauひかりを申し込めば特典で82,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

戸建てとマンションともに契約期間がない標準プランにすると、キャッシュバック額は20,000円になります。

なお、上記の金額は光電話も契約した場合で、光電話を契約しない場合はキャッシュバック額が10,000円減額されます。

光電話の基本料は月額550円ですが、GMOとくとくBBでは特典により戸建てのずっとギガ得プランは約3年、ギガ得プランは約2年、集合住宅は約2年間は割引されて無料となります。つまり初回の契約期間中は初月を除いて基本料無料で利用できるのです。ちなみに初月は日割り料金になります。

この特典は標準プランは対象外なので、この点からもauひかりを利用するなら標準プラン以外がおすすめです。

この他の特典としてWi-Fiルーターがプレゼントされるため、自分のルーターを持ってない人にはお得です。

 

プロバイダー特典の他に下記のKDDIが提供するキャンペーン特典も受けられます。

①他社回線からの乗り換え時の解約金を最大30,000円まで還元
au PAY残高を最大10,000円還元

auひかりへ乗り換える際に今利用している他社回線の解約金が発生する場合は、「auひかり乗り換えスタートサポート」特典で最大30,000円まで還元してもらえます。

固定回線は、フレッツ光や光コラボレーション、NURO光などが還元対象です。
モバイル回線は、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、ヤフー、nuroモバイルが提供するホームルーターやモバイルルーターが還元対象になります。

 

auひかりを申し込んでからauスマートバリュー又はUQモバイル自宅セット割を申し込み、スタートサポート共通申請書を送付すると、受付の1か月後から10か月間はau PAY残高1,000円がチャージされるため最大10,000円の還元を受けられます。

この特典は光電話も契約することが条件で、戸建てタイプはずっとギガ得プランのみが対象です。

まとめ

フレッツ光の回線を使用するTCOM光は全国の都道府県で利用できます。

auひかりはホームタイプが非対応の地域があったり、マンションタイプはauひかりの回線設備が導入されてない建物だと非対応です。

TCOM光は光コラボなので、フレッツ光や他社光コラボからの乗り換えなら回線工事が不要です。

契約期間はTCOM光は2年ですが、auひかりは戸建てタイプだと料金が安い「ずっとギガ得プラン」は3年契約になり、マンションタイプは2年契約です。

どちらも回線工事費は無料にできますが、工事費の自己負担を無料にするためにはTCOM光の派遣工事は2年、auひかりのずっとギガ得プランは3年、それ以外のプランは2年間は利用する必要があります。

工事料金はauひかりの方が高いため、2年又は3年未満で解約した場合の自己負担額も大きい点に注意しましょう。

エリアや建物の関係でauひかりが利用できない人にはTCOM光がおすすめです。

@TCOMヒカリの公式サイトはこちら⇒@T COMヒカリ

 

月額料金は戸建てではauひかりの方が少し安く、集合住宅は自分が住む建物がauひかりのタイプE8/E16ならTCOM光より安いです。

それ以外のタイプでも、申し込み特典はauひかりではプロバイダー特典で82,000円のキャッシュバックがあり、光電話の基本料が初回の契約期間中は無料になるため、auひかりの対応エリアの戸建てか対応のマンションに住んでいる人にはauひかりがおすすめです。

プロバイダー公式サイトはこちら⇒【キャッシュバック還元中!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

コメント