PR

NURO光とGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の比較

光回線選びで、NURO光(ニューロ光)とGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のどちらにするか迷っている人のために、この2サービスを比較して違いをまとめたので参考にしてください。

運営元と使用回線の違い

NURO 光を運営しているのは、ソニーグループの企業であるソニーネットワークコミュニケーションズ(株)です。



NURO光は、NTTから借り受けた「ダークファイバ―」と独自の通信設備を組み合わせて提供する光回線サービスです。

ダークファイバーとは敷設された光ファイバー回線のうち使用されずに余っていた回線のことです。光信号が通っておらず暗いためダークファイバーと呼びます。

NTTの光回線といえばフレッツ光がありますが、NURO光のダークファイバー回線はフレッツ光とは別の回線で、NURO光ユーザーのみが独占的に使用できます。

NURO光の回線速度は下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsで、下り速度は現在一般的な光回線の最大1Gbpsと比べて2倍となっています。

このためNURO光は通信速度を重視する人に向いている光回線なのです。

NURO光には最大速度が10Gbpsの10ギガプランもありますが料金は高くなります。
ほとんどの用途では2Gbpsの最大速度で十分対応でき、2ギガプランを1年以上利用した後は移行費用無しで10ギガプランにアップグレードすることもできるため、まずは2ギガプランから始めるのがおすすめです。
この記事では2ギガプランを比較対象とします。

 

GMO光アクセスは、東証プライム市場に上場しているGMOインターネットグループ(株)が提供しており、こちらが運営しているプロバイダー「GMOとくとくBB」はプロバイダーとして20年以上の実績があります。

GMOとくとくBBが提供するサービスは、名前が示しているように料金の安さやキャンペーン特典が充実している点が魅力です。

GMO光アクセスは、NTTからフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供しており、このタイプのサービスを「光コラボレーション(略して光コラボ)」と呼びます。

聞いたことがあるかもしれませんがドコモ光、SoftBank光、ビッグローブ光、楽天ひかりといったサービスも全て光コラボで、中でも月額料金が安いのがGMO光アクセスなのです。

回線速度は下り・上りともに最大1Gbpsの1ギガプランのほかに最大10Gbpsの10ギガプランもありますが、この記事では料金が安い1ギガプランを比較対象とします。

なお、GMO光アクセスはプロバイダー名から「GMOとくとくBB光」や略して「とくとくBB光」とも呼ばれますが、この記事ではサービス開始当初の名称「GMO光アクセス」と記載しています。

NURO光 ⇒ NTTのダークファイバーを使った独自回線で通信速度が速い。
GMO光アクセス ⇒ NTTのフレッツ光の回線を使う光コラボで月額料金が安い。

対応エリアの違い

NURO光のデメリットは、未対応のエリアがあることです。

現時点でのNURO光(2ギガプラン)が提供されている地域は下記のようになっています。

北海道

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬

愛知・静岡・岐阜・三重

大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良

広島・岡山

福岡・佐賀

なお、都道府県では対応エリアになっていても、住んでいる市区町村によっては提供エリア外の場合もあります。
公式サイトでは自宅の郵便番号を入力して提供エリアかどうか調べられるため、まずは確認してみてください。
下記のページで申し込みボタンを押すと「提供エリア検索」のページに移動でき、検索結果で提供エリアになっていれば申し込みページに進めます。

公式サイトはこちら ⇒ NURO 光

 

一方、GMO光アクセスの回線はNTTのフレッツ光と同じなので、フレッツ光の提供エリアに住んでいれば利用することができます。

フレッツ光は全ての都道府県で提供されており、全国エリアカバー率は96.9%となっています。

このためNURO光の未対応エリアに住んでいる人は、ここから先を読むまでもなくGMO光アクセスが選択肢になるでしょう。

公式サイトを見てみる⇒シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

 

契約期間と解約時の費用の違い

NURO光 GMO光アクセス
契約期間 2年又は3年 3年
解約金 2年契約:3,740円
3年契約:3,850円
無料
回線撤去費用 撤去する場合は11,000円 無料

契約期間は、NURO光(2ギガプラン)は2年契約と3年契約があり、契約期間中に解約した場合の解約手数料(契約解除料)は、2年契約で3,740円、3年契約で3,850円となっています。

どちらも契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間に解約すれば契約解除料はかかりません。

 

GMO光アクセスの契約期間は3年ですが、契約期間中の解約でも解約金はかかりません。
このため実質的に契約期間による縛りは無いです。

 

解約後に回線を撤去する場合の費用は、NURO光が11,000円、GMO光アクセスは無料です。フレッツ光や光コラボでは撤去工事費がかかりません。

NURO光でも回線設備を撤去せずに残しておけば費用はかかりませんが、賃貸住宅で貸主に許可を取って新規で回線を引く場合は、退去時の原状回復義務により回線撤去を求められる可能性もあります。
退去時に撤去が必要かどうかは許可を取るときに確認しておくと良いでしょう。

NURO光とGMO光アクセスの料金比較

初期費用

ここではNURO光とGMO光アクセスの初期費用を比較します。

NURO光 GMO光アクセス
契約事務手数料 3,300円 3,300円
WiFiルーター
レンタル料
無料 無料
3年利用でプレゼント
回線開通までの
ルーターレンタル
初期費用 2,200円
月額 5,148円
⇒2か月無料
契約事務手数料 3,300円
月額 4,950円

契約事務手数料はどちらも3,300円です。

PCやスマホ、タブレットなどを光回線に接続するために使うWiFiルーターはどちらも無料でレンタルできるので自分で用意する必要がありません。

GMOの方は3年利用すればプレゼントされるので解約後の返却が不要になります。

回線工事が完了するまでの間に家のネット回線が無いと困るという人には、携帯キャリアの無線通信でインターネットを利用できるルーターのレンタルサービスが用意されています。

NURO光はモバイルルーターが2か月無料で利用できます。
初期費用は2,200円で、3か月目以降の月額料金は5,148円です。

GMO光アクセスは持ち運びできるモバイルルーターのレンタルで、最初に契約事務手数料の3300円がかかりレンタル料金は月額4,950円です。

回線工事費は3年利用で実質無料

NURO光は独自回線のため利用するには回線工事が必要です。

GMO光アクセスはフレッツ光と同じ回線なのでフレッツ光や他社の光コラボから乗り換える場合は回線工事は不要です。
光回線を新規に引く場合やフレッツ光以外の回線(NURO光、auひかり、電力系光回線)から乗り換える場合は工事が必要になります。

ここでは両サービスの基本工事費を比較します。

NURO光
(36回払い)
GMO光アクセス
(36回払い)
戸建て 44,000円
(1回目が1,230円、2~36回目が1,222円)
<工事員派遣が必要な場合>

26,400円
(1回目が990円、2回目から36回目が726円)

<工事員派遣が不要な場合>

2,200円
(1回目は275円、2回目から36回目は55円)

集合住宅
(マンション・アパート)
44,000円
(1回目が1,230円、2~36回目が1,222円)
<工事員派遣が必要な場合>

25,300円
(1回目が1,045円、2回目から36回目が693円)

<工事員派遣が不要な場合>

2,200円
(1回目は275円、2回目から36回目は55円)

どちらも36か月間の分割払いになっており、上記表のカッコ内は分割払いの月々の支払額と支払い回数です。

GMO光アクセスの回線工事費は家の種類や工事員派遣の有無で料金が異なり、工事員派遣が必要ない場合は工事費は2,200円で済みます。

どちらも36か月間は工事費の分割払いの金額を月額料金に上乗せしたうえで同額が特典により割引されるため、3年利用することで基本工事費は実質無料になります。

ただし、36か月未満で解約すると工事費の残債を負担することになる点には注意しましょう。

NURO光の工事費残債額
1,222円 ×(36回-利用経過月数)
GMO光アクセスで工事員派遣が必要な場合の工事費残債額
戸建て:726円 ×(36回ー利用経過月数)

マンション:693円 ×(36回ー利用経過月数)

例えば、2年利用して解約した場合、残り12回分の支払いが残っているので工事費残債額は以下のようになります。

NURO光 14,664円

GMO光アクセス
戸建て 8,712円
集合住宅 8,316円

工事費が高いNURO光の方が3年未満で解約した場合の自己負担額も大きいです。

 

開通までの期間目安

申し込んでから回線工事が完了して使えるようになるまでの期間の目安は、公式サイトによると次のようになっています。

NURO光 GMO光アクセス
開通時期目安 戸建て 1~2ヶ月程度
集合住宅 2~3ヶ月程度
早くて2~3週間
その他注意点 福岡、佐賀、岐阜、北海道エリア、中国エリアは工事状況により、さらに1~2カ月程度を要する場合がある エリア・設備状況・繁忙期によっては1~2か月以上先になる場合がある

設備状況や時期による混み具合も影響するため一概には言えませんが、全体的に見てGMO光アクセスの方が開通までの期間は短いようです。

NURO光は宅内工事と屋外工事の2回に分けて行われるため、どうしても工事完了までの期間が長くなってしまいます。

 

月額料金と支払い方法

ここでは2サービスの月額料金と支払い方法を比較します。

NURO光 GMO光アクセス
戸建て 3年契約 5,200円
2年契約 5,700円
4,818円
集合住宅 3,773円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
NTT請求
ソフトバンクまとめて支払い
auかんたん決済
クレジットカード

NURO光は3年契約の方が料金は安くなっており、3年契約でも最初の契約更新後は2年ごとの自動更新になります。

GMO光アクセスの方は戸建てと集合住宅で料金が異なり、どちらもNURO光より安いです。

このようにGMO光アクセスの方が低コストなのは明らかですが、GMO光アクセスの通信速度は下り最大1Gbpsなのに対しNURO光は下り最大2Gbpsという点が料金に反映されています。

NURO光の3年契約の場合とGMO光アクセスの料金差は、戸建てで382円、集合住宅で1,427円となっています。特に戸建てでは400円弱の違いなので、これくらいが許容範囲で速度を重視するならNURO光を選ぶのもありでしょう。

アパートやマンションに住んでいて費用の安さを重視するならGMO光アクセスがおすすめです。4千円を切る低料金で光回線が利用できます。

支払い方法については、NURO光はクレジットカードのほか口座振替やキャリア請求でも支払えるためクレカを持ってない人でも利用できます。
ただし、クレジットカード以外は1回の支払いごとに手数料がかかり、口座振替は220円でキャリア請求は110円です。

キャンペーン特典の比較

次にキャンペーン特典をチェックしていきましょう。

NURO光のキャンペーン特典

申し込み特典

NURO光は申し込み特典で、60,000円のキャッシュバックが用意されています。

キャッシュバック特典は利用開始後の11か月目に受け取り手続きの案内メールが届き、マイページ上で受け取り口座を指定します。

受け取り前に解約したり、手続き期間の45日間を過ぎると特典は無効になるので、注意してください。

オプションサービス申し込み特典

オプションサービスを申し込むと下記のように追加でキャッシュバックがもらえます。

  • ひかりTV for NURO ⇒ 12,000円キャッシュバック
  • NUROでんき ⇒ 6,000円キャッシュバック
  • NUROガス ⇒ 2,000円キャッシュバック

さらに、電気やガスをセットで契約するとNURO光の月額料金が割引されます。

  • NUROでんき ⇒  NURO光の月額料金が501円割引
  • NUROガス ⇒  NURO光の月額料金が200円割引

NUROガスは東京ガスの提供エリアのみで利用できます。

NUROでんきの提供エリアや料金は公式サイトで確認してください ⇒ NURO 光

 

GMO光アクセスのキャンペーン特典

申し込み特典

申し込み者には5,000円のキャッシュバック特典が用意されています。

なお、受け取り時期は約1年後なので、それまでに解約すると受け取りはできません。また、特典の案内メールが来た月の翌月末が受け取り口座の登録期限なので注意してください。

 

乗り換えで解約金が発生する場合は最大60,000円キャッシュバック

他のネット回線からGMO光アクセスへ乗り換えるときに解約違約金などの解約金が発生する場合は、乗り換え特典として最大60,000円のキャッシュバックがあります。

他社を解約するときに解約違約金(契約解除料)、回線工事費残債、端末代金残債、回線撤去費用といった解約金が発生する人にはお得です。

特典の詳細はこちら⇒シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

オプションサービス申し込み特典

GMOひかりTVの申し込みで20,000円キャッシュバック、GMOひかり電話の申し込みで3,000円キャッシュバックが追加でもらえます。

 

料金シュミレーション

ここではキャンペーン特典を踏まえたうえで、新規契約で3年間利用した場合のNURO光(2ギガ3年契約)とGMO光アクセスの総費用を比較します。

開通までのWi-Fiルーターのレンタル費用は、開通時期は人によって異なり、利用は任意のため計算には入れていません。

NURO光 GMO光アクセス
契約時手数料 3,300円 3,300円
ルーター代 0円 0円
契約解除料 0円 0円
工事費 実質0円 実質0円
月額料金 5,200円 戸建て 4,818円
集合住宅 3,773円
3年分の月額料金合計 187,200円 戸建て 173,448円
集合住宅 135,828円
キャンペーン特典 60,000円キャッシュバック 5,000円のキャッシュバック
実質3年総費用 130,500円
戸建て 171,748円
集合住宅 134,1
28円

3年間の実質総費用は、戸建てと集合住宅ともにNURO光の方が少ないです。

月額料金はNURO光の方が高いですが、60,000円の高額キャッシュバックの影響が大きいです。

集合住宅の方は差が小さいため、マンションやアパートで4年以上の利用ならGMO光アクセスの方が低コストになります。

戸建ての場合も月額料金はGMO光アクセスの方が安いため、かなり長く利用すれば、いずれは総費用が逆転する時が来ます。

住居タイプや利用する予定の期間によって、どちらが低コストかは違ってくるため自分の条件でシュミレーションして決めましょう。

スマホのSIMとのセット割

NURO光には、NUROモバイルやソフトバンクのスマホとのセット割があります。

NUROモバイルの初年度の月額料金が792円割引

NURO光を申し込んだ後に、専用ページからNUROモバイルを新規に申し込むと、1年間はNUROモバイルの月額料金が1,100円割引されるため、年間で13,200円お得になります。

例えばVSプラン(3GB)は月額が792円、VMプラン(5GB)は月額990円で割引額を下回るため、これらのプランのSIMなら1年間は無料で使えることになります。

モバイルも含めて月々の通信費を少しでも抑えたいなら、この機会にNUROモバイルに乗り換えるのも良いかもしれません。

NURO光はソフトバンクのおうち割 光セットの対象になる

NURO光のオプションサービス「NURO 光 でんわ」を利用すると、「おうち割光セット」によりソフトバンクのスマートフォン、3Gケータイ、iPadの利用料金から契約プランに応じて550円~1,100円が割引されます。

これは契約者本人だけでなく家族も割引対象になり最大10回線まで割引できるため、家族にもソフトバンクを利用している人が多いほどお得になります。

NURO光でもソフトバンクの「おうち割光セット」の割引が受けられるのは、NURO光でんわはソフトバンクとの提携によるサービスだからです。

NURO光でんわの月額料金は、北海道・東北・関東が550円、東海・関西・中国・九州が330円となっています。

おうち割光セットで割引される金額が大きければ、スマホと家のネット回線を合わせた通信費で見るとGMO光アクセスよりも安くなるため、ソフトバンクのユーザーは自分や家族の契約プランの割引額を確認しておきましょう。

 

まとめ

最後にNURO光とGMO光アクセスの違いをまとめたので再確認してください。

NURO光
GMO光アクセス
使用回線 ダークファイバーの独自回線 フレッツ光の回線
回線速度 下り 2Gbps
上り 1Gbps
下り 1Gbps
上り 1Gbps
提供エリア 北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山
福岡・佐賀
全国の都道府県
契約期間
中途解約時の解約金
2年契約:3,740円
3年契約:3,850円
3年
無料
回線撤去費用 希望する場合は11,000円 無料
WiFiルーターレンタル 無料 無料
3年利用でプレゼント
回線工事費 44,000円
⇒3年利用で実質無料
派遣工事
戸建て:26,400円
集合住宅:25,300円
⇒3年利用で実質無料
無派遣工事
2,200円
⇒3年利用で実質無料
開通時期目安 戸建て 1~2ヶ月程度
集合住宅 2~3ヶ月程度
早くて2~3週間
月額料金 3年契約 5,200円
2年契約 5,700円
戸建て 4,818円
集合住宅 3,773円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
NTT請求
ソフトバンクまとめて支払い
auかんたん決済
クレジットカード
キャッシュバック 60,000円 申し込み:5,000円
解約金還元:最大60,000円まで
オプションサービス
キャッシュバック
ひかりTV for NURO:12,000円NUROでんき:6,000円
NUROガス:2,000円
GMOひかりTV:20,000円
GMOひかり電話:2,000円
スマホセット割引 ・おうち割光セットでSoftBankのスマホ料金が最大1,100円割引

・NUROモバイルのセット申し込みで1年間はNUROモバイルの月額料金が792円割引

以上より、どちらがおすすめかは次のようになります。

こんな人にはNURO光がおすすめ

  • 通信速度を重視している
  • 6万円のキャッシュバックが欲しい
  • ソフトバンクのスマホを使っている
  • NUROモバイルやNUROでんき、NUROガスも利用したい

 公式サイトはこちら ⇒ NURO 光

こんな人にはGMO光アクセスがおすすめ

  • 月額料金が安い方が良い
  • 将来は他の光コラボへ乗り換えるかもしれない
  • 契約期間に縛られたくない
  • 開通時期が早い方が良い

 公式サイト ⇒ シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

コメント