PR

Rakuten Turbo(楽天ターボ)と楽天ひかりの比較

楽天モバイルのホームルーター「Rakuten Turbo(楽天ターボ)」と光回線の「楽天ひかり」を比較して違いをまとめました。

自宅用のインターネット回線として、この2つのどちらかを利用しようと考えている人は参考にしてください。

回線の種類と対応エリアの違い

楽天ターボと楽天ひかりで使用する回線は次のようになっています。

  楽天ターボ 楽天ひかり
回線種類 モバイル回線 光回線
使用回線 楽天回線
4G LTE・5G Sub6
NTT
フレッツ光

楽天ターボの回線と対応エリア

楽天ターボは楽天モバイルの4G LTEや5G Sub6のモバイル回線を使用してインターネットに接続します。

楽天モバイルの携帯基地局と楽天ターボのホームルーターの間は4Gや5Gの電波で通信する仕組みです。

回線工事は不要で、ホームルーターが自宅に届いたら電源ケーブルをコンセントにさせば、すぐにインターネットを利用できるようになります。

楽天ターボが利用できるのは、楽天モバイルの4Gや5Gの回線エリアです。

楽天回線の5Gエリアは一部に限られていますが、4G LTEエリアは人口カバー率で98%を超えてます。

ただ、地方ではまだ未対応の場所もあるため自宅が楽天回線エリアにあるかは公式サイトで確認してください。

公式サイト⇒ Rakuten Turbo

 

楽天ひかりの回線と対応エリアと工事費用

楽天ひかりは光ファイバーケーブルの回線でインターネットに接続します。

自前の回線網ではなく、NTTから光回線を借り受けてプロバイダーとセットにして提供している「光コラボレーション」と呼ばれるサービスです。
ちなみにドコモ光やSoftBank光も同じく光コラボレーションです。

光コラボの回線は47都道府県に対応しているNTTのフレッツ光と同じものなので、楽天ひかりも全国のフレッツ光提供エリアで利用できます。

楽天ひかりは、フレッツ光や他社の光コラボを利用している場合は回線設備があるため回線工事は不要ですが、新規で光回線を引く場合やフレッツ光や光コラボ以外の光回線(auひかり、NUROひかり、電力系光回線)から乗り換える場合は回線工事が必要になります。

申し込んでから開通までの目安は約1か月となっていますが、住居の設備状況によってはさらに遅れることもあります。

開通時の工事費用

楽天ひかりの標準工事費は下記のようになっています。

工事内容 工事料金
工事員派遣あり
屋内配線新設あり
22,000円
1回目から23回目 916円
24回目 932円
工事員派遣あり
屋内配線新設なし
11,660円
1回目から23回目 485円
24回目 505円
工事員派遣なし 3,300円
1回目から23回目 137円
24回目 149円

支払い方法は一括払いのほか24回の分割払いも選ぶことができます。上の表の工事料金の下段は分割払いの1回あたりの支払額です。

工事料金は工事員の派遣が必要な場合と不要な場合で異なり、派遣工事でも既にある屋内配線を利用できる場合は安くなります。

建物にフレッツ光の回線設備が導入されていてNTTの施設側の工事のみで済む場合は無派遣工事になり工事費は3,300円で済みます。

引っ越し時の移転工事費

引っ越しするときに、転居先でも楽天ひかりを継続利用する場合は以下の移転工事費がかかります。

NTT東日本と西日本の同一エリア内での引っ越しの場合の標準工事料は以下のようになっています。

工事内容 工事料金
派遣工事
屋内配線新設あり
11,000円
派遣工事
屋内配線新設なし
9,900円
無派遣工事 3,300円

NTT東西のエリアをまたぐ引っ越しの場合の料金は以下のとおりです。

工事内容 工事料金
派遣工事
屋内配線新設あり
22,000円
派遣工事
屋内配線新設なし
11,660円
無派遣工事 3,300円

エリアをまたぐ引っ越しでは新規の工事料と同じです。

使用する端末の違い

次に、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスを回線に接続するためのルーターの違いを解説します。

  楽天ターボ 楽天ひかり
使用端末 Rakuten Turbo 5G IPv6(クロスパス)対応ルーター
価格 41,580円 楽天市場の場合
5千円台~

楽天ターボのホームルーター

楽天ターボを利用するには、申し込み時に専用端末の「Rakuten Turbo 5G」を購入する必要があります。

Rakuten Turbo 5Gの価格は41,580円です。

一括払いのほか24回(1,732円×24回)か48回(866円×48回)の分割払いも可能です。
(48回の分割払いができるのは楽天カードのみ)

Rakuten Turbo 5Gはホームルーターと呼ばれる機器で、電源ケーブルをコンセントに差し込んだらスマホならQRコードを読み取るだけで簡単に接続ができます。

下り最大速度は4Gが391Mbpsですが5Gでは5倍以上となる2.1Gbpsなので、自宅が5Gエリアになれば4Gのとき以上の高速通信が可能になります。

主なスペックは以下のようになっています。

対応周波数帯(バンド) 5G(Sub6):Band n77 (3.8GHz)
4G (FDD-LTE):Band 3 (1.8GHz)
最大通信速度 4G LTE下り:391Mbps
4G LTE上り:76Mbps
5G sub6下り:2.1Gbps
5G sub6上り:218Mbps
有線LAN規格 1000BASE-T/100BASE-T/10BASE-T
LANポート数 2個
無線LAN規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
セキュリティ規格・暗号化方式 WPA:PSK:TKIP
WPA2:PSK:AES
WPA3:Personal:SAE
最大接続台数 128台

楽天ひかりのWi-Fiルーター

楽天ひかりを利用するにはIPv6(クロスパス)対応のルーターが必要です。

開通工事の日までに用意しておく必要があるため、持ってない人はその日までに購入しておきましょう。

クロスパス(Xpass)は、フレッツ光回線でIPv6(IPoE方式)やIPv4 over IPv6でのインターネット接続を実現するサービスです。
このサービスによって利用者が増える時間帯でも混雑を避けて安定した速度で通信できるようになっています。

楽天ひかり対応ルーターは、楽天市場の店では安い物だと5千円台で売られています。

どれを買ったら良いのかわからない場合は、楽天ひかりの公式サイトの「ご利用開始までの流れ」のところに楽天ひかり対応ルーターの一覧が載っているので、申し込みの時にチェックしておきましょう。
公式サイト⇒楽天ひかり

楽天ターボと楽天ひかりの料金の違い

ここでは楽天ターボと楽天ひかりの各種料金を比較します。

契約時の手数料

まず契約時の手数料は次のようになっています。

楽天ターボ 楽天ひかり
契約事務手数料 初期登録費
3,300円 転用・事業者変更:1,980円
新規契約:880円

光コラボの契約種類は、フレッツ光からの乗り換えは「転用」、他社の光コラボからの乗り換えは「事業者変更」と呼び、それ以外は新規契約となります。

上記のとおり初期手数料は楽天ひかりの方が安いです。

月額料金

続いて月額料金とキャンペーンによる割引を比較します。

  楽天ターボ 楽天ひかり
月額料金 4,840円 戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円
キャンペーン割引 1年間は月額料金が1,980円 楽天モバイルユーザーは6か月間は月額料金が0円

月額料金は、戸建ては楽天ターボの方が安く、集合住宅は楽天ひかりの方が安いです。

楽天ターボはキャンペーン割引で1年間は月額料金が1,980円になり、12か月分の割引額合計34,320円がお得になります。

楽天ひかりは初めて利用する人が対象のキャンペーンで楽天モバイルのユーザー限定で6か月間は月額料金が0円になります。

6か月分の割引額合計は、戸建てタイプは31,680円、マンションタイプは25,080円です。

既に楽天モバイルの利用している人だけでなくこれから申し込む人も対象で、楽天ひかりの申し込み月の翌月15日までに楽天モバイルを利用開始していることが条件です。

支払い方法と手数料

対応している支払い方法の手数料に少し違いがあります。

支払い方法 楽天ターボ
楽天ひかり
クレジットカード
デビットカード
無料 無料
口座振替 110円 楽天銀行:無料
その他:110円
楽天ポイント支払い 対応 非対応

口座振替の場合、楽天ひかりでは楽天銀行を使えば手数料は無料です。

楽天ターボではクレジットカード・デビットカード払いなら、月額料金や端末代の支払い(分割払いは初回のみ)に楽天ポイントを支払いに充当することができます。

また、楽天ターボは月額料金100円ごとに1ポイントが貯まります。
1年目は月額1,800円(税別)なので毎月18ポイント、2年目以降は月額4,400円(税別)なので44ポイントになります。
2年目以降では年間で528ポイントとなり、それほど大きな金額ではないですが少しお得です。

 

契約期間と契約解除料

契約期間と契約期間中に解約した場合の費用を比較します。

  楽天ターボ 楽天ひかり
契約期間 契約期間なし 2年契約
契約解除料 なし 戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円

楽天ターボは、契約期間は設定されてないため契約解除料もありません。1か月単位で利用でき、止めたくなったらいつでも無料で解約できます。

楽天ひかりは2年契約になっており、契約期間中に解約すると上記の契約解除料がかかります。
2年ごとにある3か月間の契約更新期間中に解約すれば契約解除料は無料です。

キャンペーン特典の違い

各サービスのキャンペーン特典は次のようになっています。

  楽天ターボ 楽天ひかり
料金割引 1年間は月額料金が1,980円になる 楽天モバイルユーザーは6か月間は月額料金が0円
プレゼント 楽天ポイント
20,000pt
SPU SPUにより楽天市場の買い物のときに楽天ポイントが+2倍になる
SPUのページから申し込むと1,000ポイントプレゼント

料金割引については上で解説したとおりです。

楽天ターボは20,000ポイントもらえる

楽天ターボのポイントプレゼント特典は、下記のどちらかが適用されます。

①楽天モバイルとセットで20,000ポイント

楽天モバイルのRakuten最強プランを利用している人には20,000ポイントがプレゼントされます。

既に楽天モバイルのスマホを利用中の人だけでなくこれから申し込む人も対象で、Rakuten Turboの利用開始月の翌月末にRakuten最強プランを利用中であることが特典対象になる条件です。

ポイントの進呈時期は、楽天ターボの利用が確認された月の翌々月末日ごろで、ポイントの有効期限は進呈日を含めて6か月間です。

②楽天ターボ申し込みと同月に楽天市場で1円以上の買い物で20,000ポイント

楽天モバイルを利用しない人でも、楽天ターボを申し込んだ月に楽天市場の以下のジャンルの商品を1円以上購入すると20,000ポイント還元されます。

家電
TV・オーディオ・カメラ
タブレットPC・スマートフォン
パソコン・周辺機器
ゲーム

買い物するタイミングは楽天ターボを申し込む前でも後でも同月であれば還元対象になります。

ジャンル指定はありますが、楽天市場で1円以上のものを買えば良いので要件は満たしやすいでしょう。

こちらもポイントの進呈時期は楽天ターボの利用が確認された月の翌々月末日ごろで、ポイントの有効期限は進呈日を含めて6か月間となっています。

申し込みをした月の月末までにエントリーをする必要があるため忘れないようにしましょう。
公式サイトの「キャンペーン・プレゼント」のコーナーからこのキャンペーンのページにアクセスし、そこにあるエントリーボタンを押して楽天アカウントにログインするとエントリーできます。

楽天モバイルのユーザーがこちらの特典の進呈対象になった場合は、①の特典ではなくこちらの特典が適用されます。

楽天モバイルのユーザーは①の特典があるため、②の特典の適用のために無理をして上記のジャンルで買い物をする必要はありませんが、楽天モバイルユーザー以外は20,000ポイントもらうために買い物をした方がお得です。

SPUで買い物時の楽天ポイントが+2倍

どちらもSPU(スーパーポイントアッププログラム)により楽天市場での買い物の時にもらえるポイント数が+2倍になります。

+2倍によるポイントの有効期限は進呈日の翌月末です。

+2倍で増えたポイントの獲得上限は月間1,000ポイントまでなので、月間5万円の買い物をした場合が最もお得です。

また、各サービスで初めての契約の人はSPUのページから申し込むと1,000ポイントがプレゼントされます。

こちらのポイントの有効期限は進呈日を含めて6か月間です。

この特典をもらうには楽天ターボ・楽天ひかりそれぞれの公式サイトのキャンペーンのページからアクセスできるSPUのページで申し込む必要があるため注意してください。

公式サイトを確認する ⇒ Rakuten Turbo 楽天ひかり

 

通信速度の違い

楽天ターボのホームルーター「Rakuten Turbo 5G」のスペック上の最大速度と楽天ひかりの回線最大速度は以下のようになっています。

楽天ターボ 楽天ひかり
4G LTE下り:最大391Mbps
4G LTE上り:最大76Mbps
下り・上り:最大1Gbps
5G sub6下り:最大2.1Gbps
5G sub6上り:最大218Mbps

楽天ターボの5G通信は下り最大2.1Gbpsなので、5G回線なら理論上は楽天ひかりよりも高速通信が可能ですが、5G対応エリアはまだ一部に限られており多くの人は4Gでの通信になるでしょう。

両サービスで現時点での実際に出ている速度はどれくらいなのかは、みんなのネット回線速度というサイトが参考になるので紹介します。

それぞれの平均速度は以下のようになっていました。

  楽天ターボ 楽天ひかり
ダウンロード速度※ 65.79Mbps  230.28Mbps
アップロード速度※ 29.64Mbps 224.75Mbps
Ping値※ 49.95ms 19.25ms

(※引用元:みんなのネット回線速度 直近3カ月間の平均値)

楽天ひかりの方が下り上りの速度が速く、Ping値が低いのは明らかです。

このため、速度やPing値が重要になるオンラインゲームをするなら楽天ひかりの方が良いでしょう。
動画などのサイズの大きいファイルをダウンロードしたりアップロードする機会が多い人も効率を重視するなら楽天ひかりがおすすめです。

これら以外の用途でネットを使うなら楽天ターボの速度でも十分対応できます。

参考として、YouTubeの動画再生時に推奨されている速度を見てみましょう。

動画解像度 推奨速度
4K(UHD) 20Mbps
HD(1080p) 5Mbps
HD(720p) 2.5Mbps
SD(480p) 1.1Mbps
SD(360p) 0.7Mbps

楽天ターボでも4K画質の動画を見ることは可能だとわかります。

ただし、楽天ターボは無線通信なのでどの場所でも上記の平均速度が出るとは限りません。

基地局からの距離や家の周囲の障害物の有無などによって電波の強さは変わるため、場所によっては満足できる速度が出ない場合もあり得ます。

しかし、楽天ターボの端末代は8日間の返金制度があるため、自宅に十分に電波が届いているか確認してから継続するかを判断できます。

手続き方法は、端末が自宅に届いてから8日以内に楽天モバイルコミュニケーションセンターに返品・返金の申告をし、その際に指定された返送先へ30日以内に到着するように元払いで端末と付属品全部を返送します。

この他に、Rakuten Turboの料金プランの解約手続きも別途行う必要があるので注意してください。

いずれにしても、楽天ターボを使ってみたいけど自宅で満足に使えるのか不安という人には安心できる制度です。

総費用の比較

ここでは2年や3年利用した場合で、キャンペーン特典も含めた実質的な総費用ではどちらが安いのかを比較します。

条件は以下の通りです。

  • 楽天モバイルを利用している
  • 楽天ひかりは転用か事業者変更
  • 楽天ひかりの自分で購入したルーター代は5千円
サービス名 楽天ターボ 楽天ひかり
契約時手数料 3,300円 1,980円
ルーター代 41,580円 5,000円
月額料金 4,840円 戸建て 5,280円
集合住宅 4,180円
月額料金合計 戸建て 2年 81,840円
3年 139,920円
2年 95,040円
3年 158,400円
集合住宅 2年 75,240円
3年 125,400円
中途解約の解約金 0円 2年で解約:0円
3年で解約:
戸建て 5,280円
集合住宅 4,180円
キャンペーン特典 ・1年間は月額料金が1,980円
・20,000ポイントプレゼント
・1,000ポイントプレゼント
・6か月間は月額料金が0円
・1,000円ポイントプレゼント
実質総費用  戸建て
2年 105,720円
3年 163,800円
2年 101,020円
3年 169,660円
 集合住宅
2年 81,220円
3年 135,560円

実質総費用は、

2年利用では、戸建てと集合住宅ともに楽天ひかりの方が少ない
3年利用では、戸建ては楽天ターボ、集合住宅は楽天ひかりの方が少ない

という結果になりました。

戸建ての場合

戸建てでは、楽天ひかりの方が月額料金は高いですが6か月間0円特典の効果で2年利用なら戸建てでも総費用は楽天ターボより少ないです。

ただし、転用・事業者変更ではなく新規契約で回線工事をした場合は3,300円~22,000円の工事費が加算されるため、無派遣工事で済んだ場合以外は2年利用でも楽天ターボの方が総費用は少なくなります。

月額料金は楽天ターボの方が安いため、3年以上利用し続ける場合も楽天ターボの方が低コストです。

集合住宅の場合

集合住宅では、楽天ひかりの方が月額料金が安いことが影響して2年利用でも3年利用でも楽天ひかりの方が総費用は少ないです。

楽天ひかりが新規契約の場合は3,300円~22,000円の工事費が加算されますが、この場合でも楽天ひかりの方が総費用は少ないです。

月額料金は楽天ひかりの方が安いため、4年以上利用し続けても楽天ひかりの方が低コストなのは変わりません。

楽天ターボと楽天ひかりのメリット・デメリット

最後に各サービスのメリットとデメリットをまとめます。

  楽天ターボ 楽天ひかり
メリット ①工事不要ですぐに利用できる

②引っ越しの時は住所変更するだけ

③契約期間の縛りなし

➃戸建てはこちらの方が安い

⑤1年間は月額料金が1,980円になる

⑥楽天モバイルとのセット契約又は申し込み月に楽天市場で1円以上の買い物で20,000ポイント

⑦5G通信に対応している

⑧端末代8日間返金制度で試せる

①フレッツ光や他の光コラボからの乗り換えなら回線工事不要

②集合住宅はこちらの方が安い

③楽天モバイルユーザーなら6か月間は月額料金が0円

➃通信速度は平均値で200Mbps以上

デメリット ①端末代が高い

②速度は光回線に及ばない

①新規契約の場合は回線工事が必要

②引越し先でも使うなら工事費がかかる

③契約期間は2年縛り

費用だけでなく自分の用途に合っているかどうかも考慮して選びましょう。

以上より、楽天ターボと楽天ひかりのどちらが向いているかは次のようになります。

楽天ターボが向いている人

  • 引っ越しすることが多いので工事をしたくない
  • 回線工事ができない家に住んでいる
  • できるだけ早く使い始めたい
  • 速度が重要な用途では使わない
  • 楽天回線の5Gエリアに住んでいる

公式サイトはこちら ⇒ Rakuten Turbo

 

楽天ひかりが向いている人

  • オンラインゲームや動画の投稿をすることが多い
  • サイズの大きいファイルのダウンロードをすることが多い
  • 通信速度を重視している
  • 2年契約でも構わない
  • モバイル回線とは別に固定回線のネット環境も持っておきたい

公式サイトはこちら ⇒ 楽天ひかり

コメント