PR

NURO光とeo光の10ギガタイプを比較

NURO光とeo光は、どちらも最大速度が10Gbpsの光回線があります。

高速通信で知られるNURO光と関西限定の光回線として定評のあるeo光のどちらかにしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

今回はNURO光とeo光の10ギガタイプを比較したので回線選びの参考にしてください。

提供エリアの違い

そもそも自宅が提供エリア外だと利用できないため、まずは各サービスの提供エリアをチェックしておきましょう。

NURO光は関西の提供エリアのみ記載します。

NURO光 eo光
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・
和歌山県・福井県の一部

NURO光は和歌山は未対応ですが、eo光は和歌山も提供エリアになっています。

さらに、eo光は福井県の小浜市、高浜町、おおい町、若狭町でも提供されています。

市町村レベルでの対応状況は各サービスの公式サイトをチェックしてください。

NURO光は下記の公式サイトで申し込みボタンを押すと提供エリア検索のページに移動でき、そこで郵便番号を入力して対応状況を確認できます。

公式サイト ⇒NURO 光

eo光は公式サイトに提供エリアの市町村一覧が載っているので、そこで確認してください。

公式サイト ⇒ EO光

 

自宅が両方のサービスの提供エリアだとわかったら、ここから先を読んで比較してください。

運営元と回線の違い

ここでは運営元と使用回線について説明します。

既に知っているという人は、ここは読み飛ばして契約期間の説明に移動してください。

NURO光

NURO光は、ソニーグループの企業であるソニーネットワークコミュニケーションズ(株)が提供する光回線です。



NTTが敷設した光ファイバー回線のうち使用されずに余っていた回線(ダークファイバー)を借り受けて独自回線として提供しています。

NTTのフレッツ光やフレッツ光の回線を使う光コラボ(ドコモ光、SoftBank光など)とは別の回線なので利用者はNURO光ユーザーに限られています。

ここ数年はNURO光の利用者数も増えているようですが、ネットワーク設備の増強は継続して行っておりサービス品質を保つ努力がなされています。

2023年の設備増強は、これまでに大阪で2回、兵庫で4回、京都・滋賀・奈良で3回行われました。

eo光

eo光(イオ光)は、関西電力の子会社(株)オプテージが提供しています。

関西電力の送配電網に敷設した光ファイバーケーブルを使用する独自回線のサービスです。



回線を含めて全て自社で管理しているため、利用者数の増加に合わせて回線設備の増強を行い安定した接続を提供できるのが強みです。

 

契約期間と解約時の費用

ここでは契約期間と中途解約した場合の解約金、解約後の回線撤去費用を比較します。

NURO光 eo光
契約期間 3年 通常:最低利用期間1年
即割あり:最低利用期間2年
長割あり:3年
解約金 契約解除料
4,400円
解約清算金
通常:2,400円
即割あり:6,200円
長割あり:5,460円
回線撤去費用 11,000円 11,000円

契約期間と解約金

NURO光10ギガは3年契約で、契約期間中に解約した場合は契約解除料4,400円がかかります。

3年ごとにある契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間に解約すれば契約解除料は無料になります。

eo光は料金割引の適用の有無で違ってきます。

通常は最低利用期間が1年で、1年未満で解約するとかかる解約清算金が2,400円ですが、「即割」という料金割引を適用すると最低利用期間は2年となり、2年以内の解約での解約清算金が6,200円となります。

そして、3年目以降は「長割」という料金割引があり、これを適用すると3年以内に解約した場合は5,460円の解約精算金がかかります。
こちらの場合は3年ごとにある期間満了月とその翌月、翌々月が解約清算金が無料になる期間です。

つまりeo光は、料金を安くするには最初は2年縛り、3年目以降は3年縛りにする必要があるのです。

 

解約時の回線撤去費用

どちらも解約した時に電柱からの引き込み線や部屋までの配線といった回線設備を撤去するかどうかは任意です。

回線設備を残しておけば、また利用することになったときにスムーズに再開できるメリットがあります。

回線設備の撤去を希望する場合は撤去費用として11,000円がかかります。

賃貸住宅で許可を取って回線を引く場合は、退去時の原状回復義務で撤去が必要になる可能性もあります。
撤去が必要かどうかは事前に管理会社か大家さんに確認しておくと良いでしょう。

回線工事費は実質無料にできる

次に、各サービスの回線工事費を比較します。

NURO光 eo光
工事料金 44,000円 29,700円
分割払い支払い額 1回目 1,230円
2~36回目 1,222円
1回目 1,249円
2~24回目 1,237円
無料になるまでの期間 3年 2年

工事料金はNURO光の方が高く、分割払いの期間も36か月と長くなっています。

ただし、回線工事費はどちらも特典で実質無料にできます。

NURO光は36か月間、eo光は24か月間は工事料金の分割払い額を月額料金に上乗せしたうえで同額が特典により割引されるため、NURO光は3年間、eo光は2年利用することで実質無料になるのです。

ただし、それぞれ分割払い期間が終わらないうちに解約すると割引が満額受けられなくなるため工事費の残債を負担することになるので注意してください。

例えば、1年で解約した場合の工事費残債は、NURO光は29,328円、eo光は14,844円になります。

契約期間だけでなく工事費によっても3年縛りと2年縛りになっている点は覚えておきましょう。

開通までの目安期間

申し込み後どれくらいの期間で使えるようになるかの目安は次のようになっています。

NURO光 eo光
開通までの目安 戸建て 1~2か月程度
集合住宅 2~3か月程度
標準で1か月

NURO光の回線工事は宅内工事と屋外工事の2回に分けて行われるため、どうしても工事が完了して開通するまでの期間が長くなってしまいます。

eo光も工事内容によってはさらに日数がかかる場合もありますが、全体的に見るとeo光の方が開通までの期間は短いようです。

ただ、NURO光は回線工事が完了するまでの間は携帯キャリアの回線でインターネットを利用できるモバイルルーターのレンタルサービスが利用できます。

初期費用として2,200円かかりますが月額利用料は2か月間は無料です。3か月目以降は月額5,148円になります。

初期費用と月額料金

続いて、各サービスの初期費用と月額料金を比較します。

初期費用

初期費用として、どちらも契約事務手数料の3,300円がかかります。

Wi-Fiルーターレンタル料

NURO光ではONUと一体になったルーターが無料レンタルできます。

eo光でレンタルできるルーターは、有線ルーター機能だけなら無料で無線ルーター機能を使う場合は月額105円の料金がかかるため、Wi-Fiを使うなら月額110円の費用が発生します。

なお、キャンペーンにより12か月間は無線ルーター機能の月額料金105円が割引されるため、最初の1年はWi-Fiを使っても無料です。

月額料金と支払い方法

NURO光 eo光
月額料金 5,700円 1~2年目 6,530円
3~5年目 6,303円
6年目以降 5,971円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
NTT請求
ソフトバンクまとめて支払い
auかんたん決済
クレジットカード
口座振替
ゆうちょ銀行自動振り込み

eo光の料金は、1~2年目は「即割」、3年目以降は「長割」を適用した場合の割引後の金額です。

長割を適用すると3年目から3年縛りになりますが料金を安くできます。

いずれにしても、eo光の割引適用後の料金と比べてNURO光の方が安いです。

ただ、eo光は下記のキャンペーンで1年間は月額料金が大幅に割引されます。

①eo暮らしスタート割
最大12か月間は3,250円割引
eo光ネット 最大12カ月間900円割引キャンペーン
最大12か月間は900円割引

これらの割引により12か月間は月額2,380円になります。

 

スマホとのセット割

NURO光はソフトバンク、eo光はau、UQモバイル、mineoとのセット割が適用できるため、これらのスマホを利用している人は、セット割でスマホの月額料金が割引されることも考慮して選びましょう。

なお、どちらもセット割を受けるにはオプションサービスの光電話も契約する必要があります。

NURO光 eo光
セット割対象スマホ SoftBank au・UQモバイル・mineo
セット割名 おうち割光セット auスマートバリュー
UQmobile自宅セット割
eo光×mineoセット割
月間割引額 550円~1,100円 au 550円~1,100円
UQモバイル 638円~1,100円
mineo 330円
光電話月額料金 330円(関西の場合) 314円

SoftBank、au、UQモバイルのセット割は、スマホの月額料金がプランに応じて最大1,100円割引されます。
自分だけでなく同じキャリアを使っている家族も割引対象になり最大10回線まで割引できるため、利用する通信キャリアを同じ会社に揃えている家庭ほどお得です。

mineoの割引対象は1回線のみで、こちらはスマホではなくeo光の月額料金が毎月330円割引されます。長割を適用した場合なら6年目以降の月額料金はNURO光より若干安いです。

光電話の利用料については、eo光は月額基本料は無料ですがルーターの光電話アダプター利用料が月額314円となっています。

家の固定電話が必要なら問題ないですが、光電話を全く使わない人の場合、お得になる金額はセット割額から光電話の利用料を差し引いた金額になります。

キャンペーン特典

ここでは各サービスのキャンペーンを比較します。

NURO光 eo光
キャッシュバック
60,000円
・eo光ネット 最大12カ月間900円割引キャンペーン
・mineoユーザー限定で5,000円キャッシュバック
・他社解約金還元特典(最大6万円まで)

eo光の申し込み特典の割引額合計は12か月間で10,800円となります。

mineoユーザーには5,000円のキャッシュバック特典もあります。

いずれにしても、申し込み特典は60,000円キャッシュバックのNRUO光の方が明らかにお得です。

60,000円キャッシュバック特典があるのは、こちらの限定特典ページです ⇒ NURO 光

eo光では、割引キャンペーンの特典とは別に、他社のネット回線の解約金を最大6万円まで還元してくれる特典も受けられます。

解約金とは、中途解約時の解約違約金や工事費・端末代の残債などのことです。

詳細は下記の公式サイトで確認してください ⇒ EO光

3年と5年利用した場合の総費用を比較

ここでは割引やキャッシュバックを踏まえたうえで、3年と5年利用した場合の実質的な総費用を比べます。

3年と5年としたのは、NURO光の工事費が実質無料になるのが3年後で、eo光で長割を適用した場合の解約清算金が無料になるのが5年後だからです。

eo光は即割と長割、最大12か月900円割引キャンペーン特典を適用した場合の料金です。

NURO光 eo光
契約事務手数料 3,300円
ルーターレンタル料 0円 3年利用 2,520円
5年利用 5,040円
契約解除料
(eoは解約清算金)
3年利用 0円
5年利用 4,400円
3年利用 5,460円
5年利用 0円
工事費 実質無料
月額料金 5,700円 12か目まで 2,380円
2年目 6,530円
3~5年目 6,303円
6年目以降 5,971円
3年分の月額料金合計 205,200円 174,156円
5年分の月額料金合計 342,000円 325,428円
キャッシュバック特典 60,000円
実質3年総費用 148,500円
193,836円
実質5年総費用 289,700円
342,168円

3年と5年ともに総費用はNURO光の方が安いことがわかりました。

eo光は割引により月額料金の合計はNURO光より少ないですが、NURO光の60,000円キャッシュバックの影響が大きく、実質総費用はNUROの方が安くなります。

ただ、上でも書いたようにauやUQモバイルのスマホとのセット割を受けられる場合は、光回線とスマホの月額料金の合計額ではeo光にした方が安くなるケースがあります。auかUQモバイルで1100円割引の対象プランを利用しているならeo光の方がお得です。

 

まとめ

最後にNURO光とeo光の10ギガタイプの違いをまとめたので再確認してください。

NURO光 eo光
使用回線 NTTのダークファイバー回線 関西電力の光ファイバー回線
関西の提供エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県・福井県の一部
契約期間
中途解約の解約金
3年
4,400円
通常(最低利用期間1年):2,400円
即割(最低利用期間2年):6,200円
長割(3年):5,460円
ルーターレンタル 無料 月額105円
⇒キャンペーンで12か月無料
回線工事費 44,000円
⇒3年利用で実質無料
29,700円
⇒2年利用で実質無料
開通時期目安 戸建て 1~2ヶ月程度
集合住宅 2~3ヶ月程度
標準で1か月
月額料金 5,700円 1~2年目 6,530円(即割)
3~5年目 6,303円(長割)
6年目以降 5,971円(長割)
支払い方法 クレジットカード
口座振替
NTT請求
ソフトバンクまとめて支払い
auかんたん決済
クレジットカード
口座振替
ゆうちょ銀行自動振り込み
キャンペーン特典 申し込みで60,000円キャッシュバック
・最大12カ月間900円割引
・他社解約金還元(最大6万円まで)
スマホセット割 ・SoftBankおうち割光セット
・auスマートバリュー
・UQmobile自宅セット割
・eo光×mineoセット割

以上より、どちらが向いているかは次のようになります。

NURO光が向いている人

  • 開通までの期間が長くなっても構わない
  • 少なくとも3年間は利用できる
  • 月額料金が安い方が良い
  • 自分や家族がSoftBankを利用している

公式サイトはこちら ⇒ NURO 光

 

eo光が向いている人

  • 開通時期が早い方が良い
  • 5年以上の長期利用を予定している
  • 自分や家族がauかUQモバイルを利用している

公式サイトはこちら ⇒ EO光

コメント